ものになるモノ、ならないモノ

「ものになるモノ、ならないモノ」の連載記事一覧です。

ものになるモノ、ならないモノ(75):

スマートフォン(スマホ)アプリにおけるインディ(個人)開発者のお話をしよう。副業での開発であるにもかかわらず、そのアプリを企業に持ち込めば、そのまま買い取ってもらえるのではと思える程のクオリティーを実現した事例を紹介する。

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(74):

文部科学省が小学生向けの「プログラミング教育」で使い出した「プログラミング的思考」とは何なのか。国算理社といった既存教科で養えるものなのか。AI時代を見据えた教育はどうあるべきか。本稿では、音楽の授業における「ボーカロイド教育版」の利用例なども紹介しつつ、10年後、20年後の日本を担う小学生向けのプログラミング教育について考えてみたい。

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(73):

IoT時代の日本は、“モノ”が吐き出す「データ」をフル活用して国を富ませる青写真を描いている。データ流通プラットフォームは、その中でも要となる大切な機能を提供することになるのだろう。「IoT情報流通プラットフォーム」を自称するスタートアップ、エブリセンスジャパンに聞いた。

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(73):

「神エクセル」問題はなぜなくならないのか? 内閣官房・CIO補佐官に疑問をぶつけた。

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(72):

IoT時代を見据えた政府の“戦略”とは何か。内閣サイバーセキュリティセンター担当者へのインタビューに探る。

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(71):

国内外のサービスが乱立する“群雄割拠”の音楽ストリーミングサービス業界の現状とこれからについて、AWAへのインタビューを通じて探った。

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(70):

本業の合間を縫ってカンファレンスなどの「Wi-Fiネットワーク環境」を構築しているボランティア集団「CONBU」の活動実態に迫った。

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(69):

2015年9月に発売された第4世代「Apple TV」。実際にアプリ開発を行ってみた筆者が、ユーザー/開発者それぞれの視点から率直な感想を語る。

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(68):

「Airbnb」「Uber」に代表されるシェアリングエコノミー型サービスは、日本ではまだ発展途上にある。その成長において、何が障壁となっているのか。課題を掘り下げながら、「日本型シェアリングエコノミー」の形を探る。

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(67):

個人が情報サイトを運営することは今や珍しくないが、マネタイズが実現できているかどうかとなると話は別だ。フリーランスでSEの仕事を続けながら無料ライブ情報サイトを運営する大久保信太郎氏に、サイト運営にかける情熱とPV獲得、マネタイズにまつわる苦労について聞いた。

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(66):

音楽の作り手は、2015年6月から立て続けに始まった「定額制音楽サービス」をどう見るのか――。自身が音楽レーベルを運営する山崎氏が、サービスに対する希望と不安を正直に語る。

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(65):

1983年に生まれ、30余年の時を経た今なお、楽器分野はもちろん着メロや通信カラオケなど、音楽に関係するビジネスの第一線で活躍している「MIDI」規格。この古い規格をGoogle Chromeがサポートしたという。いったいどうしてなのか、これで何ができるのかを探ってみた。

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(64):

ただApple Watch対応アプリを開発するのではなく、ユーザーに使ってもらえるアプリを開発する際のキモとは何だろうか。筆者自身がApple Watchを使っていて感じたこと、そして周囲の開発者と話して気付いたことをまとめてみよう。

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(63):

「初期投資ゼロ」「開発環境すら充分に動かないPC」から始まる、ある主婦のサクセスストーリーを紹介しよう。

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(62):

クリエイターを育てるためのプラットフォームにしたい――声優やコミッククリエイターのための「モーションコミック」や「SAY-U」、そして「ENSOKU」を展開しているシフトワンの動きに注目してみた。

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(61):

店舗などから「友だち」に向けて1対多でメッセージを発信するためのビジネスアカウント「LINE@」が、個人にも開放されたが、どのように使いこなせば効果が上がるのだろうか? 開放早々にLINE@の利用方法にズバズバと切り込んだブログを公開した美容師、木村直人氏を直撃してみた。

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(60):

スマホゲームのエコシステムをご存じだろうか。リワード広告アプリのようなギリギリの仕組みとはちょっと異なる、「三方一両得」を実現しているメディアを取材してみた。

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(59):

若い感性と企業のコラボで、デジタルはここまで楽しくなれる。実際に体感できる近未来を展示した、「KMD Forest the 5th KMD Forum」リポートをお送りしよう。

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(58):

開発者は新iPhoneの画面サイズに合わせ、UI全てを作り直さないといけないの? アプリ開発者でもある筆者が、その現状を調べてみた。

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(57):

アップルが新たに発表した「Apple Watch」。小さなディスプレーから追い出されるものの筆頭は、やはり広告なのではないだろうか。

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(56):

読者の中には、自分の中に秘めたアイデアをクラウドファンディングを利用して形にしてみたいと考えている人も少なからずいるだろう。日本のクラウドファンディング事情を複数の事業者に尋ねてみた。

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(55):

NTTドコモは、なぜ他社とは異なり、スマートフォンと固定回線の“セット割引”を提供していないのだろうか、という疑問が以前よりあった。中には、法律で禁じられているから、という報道もあったが、よくよく調べてみると事情はちょっと異なるようだ。

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(54):

何かと「縛り」だらけのスマートフォンの世界に、選択肢を提供してくれるユニークなメーカーが現れた。freetelでは「2年縛り」なしのスマートフォンを提供している。

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(53):

最近、Bluetooth Low Energy(BLE)に関するニュースを目にする機会が多くなった。この新しいスキームを利用した、さまざまなサービスの可能性について考えてみたい。

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(52):

日本通信が総務省に対し、NTTドコモの接続料に関する総務大臣の裁定を求める申請を提出した。いったい何が問題なのか。そしてそもそも、MVNOがサービスを展開する意義とはどこにあるのか。

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(51):

筑波大学発のベンチャー企業「BearTail」が開始した「Amazonガチャ」なるサービスだが、「商標権を侵害しているのでは」といった集中砲火を浴びてあっという間にサービスを停止してしまった。この件、本当にサービスを停止するほどの問題なのだろうか?

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(50):

「7notes」に続けてMetaMoJiが出した手書きノートアプリ「NoteAnytime」。いったいどんなことができるのか、試してみた。

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(49):

他の人とコラボし、「非同期」で多重録音しながら音楽を作り上げることのできるユニークなサービスが登場した。ユニークなのはそのUIや使い心地だけではない。音楽系サービスならば避けられない、著作権にまつわるリスクを巧みにかわしているのだ。

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(48):

スマートフォンが増えれば増えるほど、トラフィックはそれを上回るペースで増加する。通信キャリアが頭を悩ませている「通信インフラへの負担」の回避策として注目を集めるデータオフロードの仕組みとその課題を追ってみた。

【山崎潤一郎 , ソフトバンクBB】()
ものになるモノ、ならないモノ(46):

Androidにおける有料アプリビジネスは商売にならない――そんな予感が感じられつつある中、auが「月額定額制でダウンロードし放題」という新しいサービスを開始した。果たして市場の活性化につながるのだろうか?

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(45):

浮川夫妻がジャストシステムの時代から培ってきた日本語入力処理技術と、近年登場した格段に進化したハードウェアが高い次元で融合して生まれた「7notes」。その気持ちよさの秘密に迫ってみた。

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(44):

1千万台以上のAndroid端末が日本にあふれる日も遠くないと予想されている一方で、アプリビジネスとなるとまだ寂しい限り。Androidアプリ市場離陸の鍵を探るヒントを、韓国へのアプリ取次ビジネスを展開している「韓ドロイド」に見た。

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(43):

個人開発者には遠い存在だったiモードアプリが、とうとうオープン化される。12月中旬の正式スタートを前に、その「変わり身」の狙いを聞いてみた

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(42):

ソフトバンクモバイルが通信品質改善策の一環として打ち出した、フェムトセルの無料配布。それがトラフィックの「ただ乗り」だとしてプロバイダ各社の怒りを招いている

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(41):

とうとう国内でもiPadが発売された。筆者も毎日、自分の手のように使っている。これを機にモバイルルータ、そして電子書籍の世界に大きな変化が起こりそうだ。

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(40):

iPadの発売や次期iPhoneの噂などもあり、勢力をますます拡大しているように見えるiPhoneアプリの世界。その販売サイト「App Store」をめぐる新しい潮流について考えてみたい。

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(39):

KindleやiPadに代表される専用リーダー端末の登場とともに、電子出版をめぐる議論が活発化してきた。音楽業界と比較しながら、このムーブメントの行方について考察してみよう。

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(38):

「iPhoneアプリの次はAndroidだ!」と盛り上がっている開発者も多いと思う。今回は、大手プロバイダのNECビッグローブが始めたAndroidアプリ販売サイト「andronavi」を通して、Androidビジネスの可能性に迫ってみた。

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(37):

「iPhoneのアプリ内課金(In App Purchase)ってどーよ?」 そんな疑問に答えるべく、アプリ内課金のサポート業務を行っている企業に現状と今後の見通しを聞いた。

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(36):

iPhoneアプリに広告を挿入して1日に50万円ももうけている!と聞き、その仕組みを知りたくて、日米のアドネットワーク企業に聞いた

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(35):

2012年度までに強制移行するというNGN構想。そのとき、最大2000万のユーザーのアクセスが2カ所の接続ポイントに集中するのか?

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(34):

ドメインは、情報にたどり着くための基本中の基本の仕組みだ。トップレベルドメインが自由化されると、現状の250個が5倍になるという

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(33):

iPhone Skypeの通話の遅延はどのくらい?ケータイと、PSP版、WILLCOM 03版、日本通信のモバイルのIP電話で比較実験してみた

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(32):

そのとき、クレジットカード会社が、認証・課金専門MVNOとして、パッケージ化した料金をユーザーに提供したらどうなるだろうか……

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(31):

発売から8カ月、盛り上がる一方のiPhoneアプリ制作市場。ニッポンのApp Storeのヒットメーカーにその秘けつと落とし穴を聞いた

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(30):

霞ヶ関も興味を示す「クラウド」。クラウドの本質を理解するためにIBMとblogeyeの取り組みをお伝えする

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(29):

ガラパゴスとやゆされる日本の高機能ケータイ。閉塞感に満ちた国内の携帯電話市場から世界に打って出るための解は、Androidのオープン性にある

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(28):

800社以上ある「インターネット接続事業者」としてのプロバイダの事業存続を左右する2010年問題とは何か? 生き残りの道はあるのか?

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(27):

モバイルビジネスで注目すべきムーブメントが起きようとしている。MVNO相互接続の大本命、「レイヤ2」接続ができたらどうなる?

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(26):

最強の音楽ケータイ、iPhone 3Gは、成熟した「着うた」の牙城を切り崩すことができるのだろうか?ケータイ版Web 2.0ビジネスの波を読む

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(25):

アップルのサービス「MobileMe」と、iPhone 3Gの通信を黒子となって支えるソフトバンクモバイル(SBM)のインフラの現状をお伝えする。

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(24):

ついにiPhoneが日本にも登場する。国内キャリアの垂直統合型ビジネスモデルは揺らぐのだろうか。そのとき、インディ系開発者が世界に打って出る商機がある!

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(23):

eコマースでトラブルに巻き込まれたとき助けを求めればいいのか。時間やお金が掛かる裁判以外の方法がある

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(22):

国内の携帯電話ビジネスが大きく変わる可能性がでてきた。総務省が立ち上げた「通信プラットフォーム研究会」の目論見とは何か。

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(21):

WEB 2.0ブームとともにWebサイト運営者の間で一般化し、多くの人気サービスを生み出した「マッシュアップ」によるWebサイト構築手法。そんな構築手法に警鐘を鳴らす出来事があった

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(20):

携帯電話業界では秋冬モデルとなる新製品発表で盛り上がっているが、その影で携帯電話のメールを持ち運ぶ新しい仕組みが発表されている。携帯メールポータビリティは巨大なキャリアのオープン化を実現するきっかけとなるのだろうか。日本通信にそのねらいを聞いた。

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(19):

Web2.0的サービスを次々と作りだし、多くのファンが存在する「はてな」。米国法人が設立されたいま、社内ではどのようにコミュニケーションをとっているのだろうか?

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(18):

ファイルの交換をメール添付で行うことは、盗聴や誤送信などセキュリティの面で問題がある。安心、安全にファイルを転送するSendFileを提供するのは宮城県のプロバイダー。プロバイダー運営者の視点で考えるファイル転送サービスとは?

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(17):

無料各種サービスが豊富だが、中小企業が置いてきぼりを食うのがWeb2.0の実態だとするホスティング業者の老舗、GMOの指摘とは?

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(16):

企業参入が加熱するセカンドライフ。仮想社会の経済は、リアルなお金に換算すると100分の1だという。これは過小評価か過大評価か?

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(15):

多数の事業者がチャレンジしてきたアクセスポイント持ち寄り型による無線LANパラダイス形成。スペインで生まれたFONの勝率を占おう

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(14):

この12月から発売された、屋内・構内LANとしての高速タイプのPLC機器。ラストワンマイルの夢を捨て、LAN利用として限定されたいきさつや、実際の使用感と無線LANと比較した速度レポートをお届けする

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(13):

米マイクロソフトやYahoo!が積極的な取り組みを始めた「マイクロフォーマット」。ブログ検索でおなじみのテクノラティに、マイクロフォーマットがWeb2.0ブームの真打ちになる可能性を聞いた。

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(12):

「もはや情報は、メディアが一方的に伝えるものではなくなっている」と多くの人が声をそろえる。国産ブログ検索のkizasiにその意味と試みを聞いた(編集部)

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(11):

数回にわたる国内のWeb2.0企業シリーズ。第3弾の今回は、100を超える専門辞書の集合体、Weblio。100を超える専門辞書の集合体、Weblio。既存辞書を登録していくという方針は、ユーザー参加型のCGM辞書を超えられるか?(編集部)

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(10):

数回にわたり、国内のWeb2.0企業にフォーカスし、その姿を見ていく。第2弾の今回は、国産RSSリーダーのグルコースに国産RSSが生まれた経緯と今後の検索やRSSの姿について話を聞いた (編集部)

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(9):

数回にわたり、国内のWeb2.0企業にフォーカスし、その姿を見ていく。まずはAPI公開を先立って行ったビッダーズに効果を聞いた (編集部)

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(8):

「社内ブログ」「1ギガ」「D-Cubic」「Zigbee」「IPv6ブロードキャスト映像配信」「レイヤ2」「個人情報流出」に続き、今回は、プライバシーマークを取り上げる。 施行から1年、個人情報の意義はみるみるうちに変ぼうし、流出事件スキャンダルが後を絶たない。Pマーク取得直前のWeb制作会社と2000年にコンサルの助けを借りずに自力で取得したカレンを取材し、取得/運営ノウハウとその意義を考えた(編集部)

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(7):

「社内ブログ」「1ギガ」「D-Cubic」「Zigbee」「IPv6ブロードキャスト映像配信」「レイヤ2」に続き、今回は、Winny問題を取り上げる。梅田望夫氏の「ウェブ進化論」的にいう“あちら側”から迫り来るウイルスやスパイウェアという危機に迫りたい(編集部)

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(6):

「社内ブログ」「1ギガ」「D-Cubic」「Zigbee」「IPv6ブロードキャスト映像配信」に続き、今回は、2年前、衝撃のデビューを飾った仮想レイヤ2ネットワークにスポットをあてる。企業導入が進むレイヤ2ネットワークの実情を見てみよう。 仮想レイヤ2で“内側”を拡張する家の将来像とはどういうものか。IIJとSoftEtherCAに聞いた(編集部)

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(5):

本コラムでは、ネットワークの新しいテクノロジや考え方に注目する。注目するテクノロジへの、企業の新しいスタンダードとして浸透していくことへの期待を込めてコラムタイトル「ものになるモノ、ならないモノ」にした。 「社内ブログ」「1ギガ」「D-Cubic」「Zigbee」に続き、今回はIPv6を1年前にはじめて知ったという経営者が実用化したブロードキャスト映像配信にスポットをあてる。(編集部)

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(4):

本コラムでは、ネットワークの新しいテクノロジや考え方に注目する。注目するテクノロジへの、企業の新しいスタンダードとして浸透していくことへの期待を込めてコラムタイトル「ものになるモノ、ならないモノ」にした。 「社内ブログ」「1ギガ」「D-Cubic」に続き、今回はZigbeeにスポットを当てた。(編集部)

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(3):

本コラムでは、ネットワークの新しいテクノロジや考え方に注目する。注目するテクノロジへの、企業の新しいスタンダードとして浸透していくことへの期待を込めてコラムタイトル「ものになるモノ、ならないモノ」にした。 「社内ブログ」「1ギガ」に続き、今回はD-Cubicやスカイプなどのライブドアのネットワーク事業にスポットを当てた。(編集部)

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(2):

本コラムでは、ネットワークの新しいテクノロジや考え方に注目する。注目するテクノロジへの、企業の新しいスタンダードとして浸透していくことへの期待を込めてコラムタイトル「ものになるモノ、ならないモノ」にした。 第1回目の「社内ブログ」に続き、今回はギガ回線サービスにスポットを当てたい。(編集部)

【山崎潤一郎 , @IT】()
ものになるモノ、ならないモノ(1):

本コラムでは、ネットワークの新しいテクノロジや考え方に注目する。注目するテクノロジへの、企業の新しいスタンダードとして浸透していくことへの期待を込めてコラムタイトル「ものになるモノ、ならないモノ」にした。 第1回目は、グループウェアやナレッジマネジメントツールの土俵に上がってきた「社内ブログ」にスポットを当てたい。(編集部)

【山崎潤一郎 , @IT】()

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。