AD FSを使ったSaaSとのSSO環境構築

 メールやスケジュール、ドキュメント管理などのさまざまなシステムがSaaS(Software as a Service)になり、多くの企業で日常的に利用を始めています。このようなSaaSを利用する場合、ログインのアカウントとパスワードが既存システムと異なっているとユーザーの利便性が下がり、情報システム部門の管理負担も大きくなってしまいます。  そのため業務でのSaaS導入において、既存のID管理システムで管理しているアカウントとパスワードによるログイン、つまりシングルサインオン(SSO)とアカウント/パスワードの一元管理ができることが望まれます。さらにセキュリティの観点からは、SaaSへのアクセスを特定の経路のみに限定する、特定のデバイスのみに限定する、といったことも必要となります。  本連載では、このような問題を解決できる「Windows Server 2016 Active Directoryフェデレーションサービス」(AD FS 2016)の紹介と、代表的なSaaSである「Office 365」とのSSO環境構築手順を説明します。

AD FSを使ったSaaSとのSSO環境構築(1):

業務で活用が増えている「SaaS」。そのまま使うのではなく、ID管理システムと連携することで、ユーザーの利便性は上がり、システム管理者は運用管理が容易になる。本連載では、AD FSを使ったSaaSとのシングルサインオン環境の構築方法を説明する。

【増田裕正 , 富士ソフト株式会社】()

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。