デジタル・アイデンティティ技術最新動向

デジタル・アイデンティティ技術最新動向 臨時便:

米OpenID Foundationが8月15日に、OpenID 2.0の一部OpenID Provider(OP)実装において、Relying Party(RP)上でのアカウントハイジャックにつながる可能性のある重大な脆弱性が見つかったことをアナウンスしました。この記事では、その詳細と対策について述べます。

【Nov(OpenID Foundation Japan) , @IT】()
デジタル・アイデンティティ技術最新動向(8):

今回は、ユーザー中心のアクセス管理やサービスを超えたデータ共有の実現を目指して策定が進むアクセス管理プロトコル、「User Managed Access」について紹介します。

【ritou(OpenID Foundation Japan) , @IT】()
デジタル・アイデンティティ技術最新動向(7):

今回は、OpenID Foundationで実装および仕様策定が進められている「Account Chooser」というプロジェクトについて紹介します。

【Nov(OpenID Foundation Japan) , @IT】()
デジタル・アイデンティティ技術最新動向(6):

前回はUDIDに起因するセキュリティの問題について紹介しました。今回は引き続き、UDIDに起因するプライバシーの問題、特に名寄せの問題について述べていきます。

【Nov , @IT】()
デジタル・アイデンティティ技術最新動向(5):

これまでの連載では「OAuth」と「OpenID Connect」について紹介してきましたが、今回は少し趣向を変えて、UDIDについてお話しします。

【Nov , @IT】()
デジタル・アイデンティティ技術最新動向(4):

いまWebの世界では、さまざまなWebサービスが提供するプラットフォームと、サー ドパーティが提供するアプリケーションがAPIを中心に結び付き、一種の「APIエコノミー」を形成しています。この連載では、そこで重要な役割を果たす「デジタル・アイデンティティ」について理解を深めていきます。

【ritou , OpenID Foundation Japan】()
デジタル・アイデンティティ技術最新動向(3):

いまWebの世界では、さまざまなWebサービスが提供するプラットフォームと、サー ドパーティが提供するアプリケーションがAPIを中心に結び付き、一種の「APIエコノミー」を形成しています。この連載では、そこで重要な役割を果たす「デジタル・アイデンティティ」について理解を深めていきます。

【ritou , OpenID Foundation Japan】()
デジタル・アイデンティティ技術最新動向(2):

いまWebの世界では、さまざまなWebサービスが提供するプラットフォームと、サー ドパーティが提供するアプリケーションがAPIを中心に結び付き、一種の「APIエコノミー」を形成しています。この連載では、そこで重要な役割を果たす「デジタル・アイデンティティ」について理解を深めていきます。

【Nov , @IT】()
デジタル・アイデンティティ技術最新動向(1):

いまWebの世界では、さまざまなWebサービスが提供するプラットフォームと、サードパーティが提供するアプリケーションがAPIを中心に結び付き、一種の「APIエコノミー」を形成しています。この連載では、そこで重要な役割を果たす「デジタル・アイデンティティ」について理解を深めていきます。(編集部)

【Nov , @IT】()

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。