オラクルデータベースインサイダー

データベースに関連した最新技術情報や事例、提言、イベント情報を集約したDB選定者必見の特集ページ。セキュリティ対策やパフォーマンス改善のヒント、コスト削減のノウハウの他、近年注目を集めるDBaaSなどのクラウド環境の活用方法やビッグデータ関連の話題も紹介していきます。

課題別

  • すべて
  • データベース統合
  • ビッグデータ
  • クラウド
  • DWH
  • 高可用性/災害対策
  • 運用管理効率化
  • セキュリティ対策
  • パフォーマンス改善

製品別

  • すべて
  • Oracle Database 12c
  • In-Memory
  • Oracle Mutitenant
  • Oracle Exadata
  • Oracle Database Appliance
  • Oracle Enterprise Manager
  • Oracle Data Integration
  • Oracle Endeca Information Discovery
  • Oracle Linux

関連記事

icon
もうシステム/ネットワーク中心のアプローチでは情報を守れない!:

国際情勢が刻々と変化し、世界各地で軍事的緊張の高まりが懸念される中、恐らく情報セキュリティに最も神経を尖らせている組織の一つは、各国の防衛を担う国防機関だろう。世界最大の規模の組織を有する米国防機関は、どのようなアプローチで情報セキュリティを実践しているのだろうか?[セキュリティ対策][クラウド](2015/6/15)

icon
全てのOracleユーザーのバックアップ設計/運用が変わる :

「Zero Data Loss Recovery Applianceは、Oracle Exadataユーザーだけでなく、多数のOracle Databaseを運用する全ての企業に勧めたいバックアップ製品」──世界第1号ユーザーとして同製品を導入し、緻密な実機検証を重ねてきたNTTデータ先端技術のスペシャリストらは、そう太鼓判を押す。その理由とは?[運用管理効率化][高可用性/災害対策](2015/6/11)

icon
セキュリティのプロが示す、データ保護の原則と最新ソリューション:

内部不正やサイバー攻撃による情報漏えいの増加、マイナンバー制度のスタート、個人情報保護法の改正などを背景に、企業が情報セキュリティ強化に取り組む機運が高まっている。具体的な対策を検討/実施する際、何よりも重視すべきことは何か、どのようなアプローチを採るべきか──無駄なく、漏れなく、適切なセキュリティ施策を打つためのポイントがある。(2015/6/9)

icon
Oracle RAC開発陣が手掛けるコンパクトなDBアプライアンス:

Oracle Database Enterprise EditionやOracle RACをリーズナブルに導入したいという企業から高い支持を集めるOracle Database Applianceに、最新版となるX5-2が登場した。フラッシュ技術を活用してさらなる性能向上を果たし、従来と比べてコストパフォーマンスが大きく高まった同製品の強化ポイントを概観する。[データベース統合][パフォーマンス改善][運用管理効率化][Oracle Database Appliance](2015/6/3)

icon
オラクルの先鋭ソリューションで災害対策、ID管理も実現:

多くの企業に共通するオフィス業務を効率化するクラウドサービスとして、ドコモ・システムズが提供しているのが「dDREAMS」だ。ドコモグループの数多くのシステムを開発/運用してきた経験とノウハウが凝集された同サービスの安定稼働は、「Oracle Exadata」をはじめとするオラクルの各種ソリューションが支えている。[高可用性/災害対策][セキュリティ対策][運用管理効率化][Oracle Exadata](2015/6/1)

icon
CAD設計データも、部品情報も、会計処理も一元化・高速化:

大和ハウス工業はグループ全社で利用する基幹業務システムの統合データベース基盤として「Oracle Exadata」を導入し、バッチ処理を最大241倍高速化。その高い性能とコスト効果を確信すると、さらにSAP ERPのバックエンドデータベースにも採用するなど活用の輪を広げてきた。[データベース統合][パフォーマンス改善][運用管理効率化][Oracle Exadata](2015/5/28)

icon
AIST包括フレームワークで挑む、脱“単一ベンダー随意契約”:

「発注者側が主体性を維持しながらITプロジェクトを推進する」というコンセプトの下、札幌市が基幹系情報システムをメインフレームからオープン系に移行する一大プロジェクトを推進中だ。発注者側の主体性維持はどのように実現したのだろうか?[データベース統合][パフォーマンス改善][Oracle Exadata](2015/5/28)

icon
クルマポータルサイト「Goo-net」の性能向上/サービス拡大の真実:

プロトコーポレーションは2015年1月、クルマ情報誌「Goo」やクルマポータルサイト「Goo-net」をはじめとする基幹事業のデータベース群をOracle Exadata X4-2上に統合した。「ここまで劇的に性能が向上するのなら、もっと早く導入すればよかった」──このプロジェクトを統括した同社の山本正博氏はそう語る。[パフォーマンス改善][データベース統合][運用管理効率化][セキュリティ対策][Oracle Exadata][Oracle Enterprise Manager](2015/5/19)

icon
Oracle CloudWorld Tokyo 2015リポート:

オラクルのデータ管理プラットフォームでは、Linked Dataも統合できる。「1兆トリプル」のRDF(Resource Description Framework)ベンチマークを達成した「RDF Semantic Graph」の実力とは? 「Oracle CloudWorld Tokyo 2015」の特設サイト『ORACLE CLOUDWORLD ONLINE』から、注目セッションを紹介。[ビッグデータ][Oracle Exadata][Oracle Database 12c](2015/5/15)

icon
Oracle CloudWorld Tokyo 2015リポート:

Oracle Linuxがクラウド時代のデータセンター運用に有利な理由とは? 「Oracle CloudWorld Tokyo 2015」の特設サイト『ORACLE CLOUDWORLD ONLINE』から、注目セッションを紹介。[クラウド][Oracle Linux](2015/5/15)

icon
Oracle CloudWorld Tokyo 2015リポート:

「Oracle CloudWorld Tokyo 2015」の特設サイト『ORACLE CLOUDWORLD ONLINE』から、注目セッションを紹介する本シリーズ。今回はオラクルの最新ビッグデータソリューションを紹介する。[ビッグデータ][クラウド][In-Memory][Oracle Exadata](2015/5/15)

icon
Oracle CloudWorld Tokyo 2015リポート:

Exadata X5-2は、従来のExadataと何が違う? ストレージサーバーソフトウエアの独自機能とは? 「Oracle CloudWorld Tokyo 2015」の特設サイト『ORACLE CLOUDWORLD ONLINE』から、注目セッションを紹介。[Oracle Exadata][Oracle Linux][パフォーマンス改善](2015/5/15)

icon
Oracle CloudWorld Tokyo 2015リポート:

データベース管理にオンプレミスもクラウドもない――垣根を越えて、標準化・効率化・自動化を推進する「Enterprise Manager 12c」でできることとは? 「Oracle CloudWorld Tokyo 2015」の特設サイト『ORACLE CLOUDWORLD ONLINE』から、注目セッションを紹介。[Oracle Database 12c][Oracle Enterprise Manager][運用管理効率化][クラウド](2015/5/15)

icon
Oracle CloudWorld Tokyo 2015リポート:

Oracle Databaseが完全にクラウド環境で動作する「Oracle Database Cloud Services」は、運用負荷をクラウドの向こう側に渡すことができる――。「Oracle CloudWorld Tokyo 2015」の特設サイト『ORACLE CLOUDWORLD ONLINE』から、注目セッションを紹介。[クラウド](2015/5/15)

icon
Oracle CloudWorld Tokyo 2015リポート:

Oracle Database部門のトップが語るデータベースの未来とは? 「Oracle CloudWorld Tokyo 2015」の特設サイト『ORACLE CLOUDWORLD ONLINE』から、注目セッションを紹介。[クラウド][運用管理効率化][Oracle Exadata][Oracle Enterprise Manager][Oracle Database 12c](2015/5/15)

icon
現場が実践すべきセキュリティ対策のポイントは?:

全ての企業が対策必須の「マイナンバー制度」の施行が2016年1月に迫っている。個人情報を含むデータの安全な管理が求められるこの制度、一体どのように対策すれば良いのだろうか? ガイドライン策定にも携わった専門家に、マイナンバー制度に対応した「技術的安全管理措置」の考え方を聞く[セキュリティ対策][パフォーマンス改善][運用管理効率化](2015/4/27)

icon
要件に応じて適正なコストで高可用性システムを実現:

ITがビジネスに不可欠の存在となった今日、システムのダウンタイムやデータ損失が企業に与える影響は増大の一途をたどっている。そうした中、オラクルは高可用性システム実現のベストプラクティスとして「Oracle Maximum Availability Architecture」を提供している。[高可用性/災害対策](2015/4/23)

icon
IoT活用の先駆者が選んだ先進データ処理基盤:

「世界中の顧客オフィスで稼働する100万台超の複合機をネットワーク経由で結び、管理効率やサービス品質を高める」──この世界的にも先進的なIoT活用を実践しているのがキヤノンだ。Oracle Exadataをはじめとするオラクルの先進ソリューションを駆使した同社サービス基盤の全容が明かされた。[ビッグデータ][クラウド][運用管理効率化][Oracle Exadata][Oracle Data Integration](2015/4/13)

icon
400万会員のDB基盤を2カ月で刷新、ポイントは?:

ポイントサイト「ECナビ」などを運営するVOYAGE GROUPは、約400万人の会員情報とポイント情報を「Oracle Database Appliance V1」で管理してきた。同社は2014年夏、新規キャンペーンによるトラフィック急増に備え、このデータベース基盤をわずか2カ月で「Oracle Database Appliance X4-2」に移行。IOPSを約60%高めるなど大幅な性能向上を果たした。[パフォーマンス改善][運用管理効率化][Oracle Database Appliance](2015/4/9)

icon
スペシャリストが語るインメモリDBの魅力【NEC編】:

国内ベンダー第1号のOEMパートナーとして、オラクル製品に関する豊富な実績と知見/ノウハウを誇るNEC。「Oracle Database In-Memory」に関しても綿密な製品検証を重ねてきた同社は、このインメモリデータベース製品をどう評価しているのか。同社スペシャリストに聞いた。[ビッグデータ][DWH][パフォーマンス改善][In-Memory][Oracle Database 12c][Oracle Exadata](2015/3/31)

icon
スペシャリストが語るインメモリDBの魅力【伊藤忠テクノソリューションズ編】:

Oracle Databaseを桁違いに高速化する「Oracle Database In-Memory」には、オラクルのパートナー企業各社も熱い期待を寄せている。製品検証により、その圧倒的な性能を実感した1社として、伊藤忠テクノソリューションズのスペシャリストの声をお届けする。[ビッグデータ][データベース統合][パフォーマンス改善][In-MemoryIn-Memory][Oracle Database 12c][Oracle Exadata](2015/3/26)

icon
安全/確実なデータベース移行と災害対策のベストプラクティスを実践:

2010年に第1世代の「Oracle Exadata V1」を導入した北陸コカ・コーラボトリングは先ごろ、アプリケーションやデータの増大に対応すべく「Oracle Exadata X4-2」への移行を実施した。システムの停止時間を最短化してスムーズに移行し、障害/災害時の業務への影響を最小化するために同社が取ったアプローチはどのようなものだったのか?[データベース統合][高可用性/災害対策][Oracle Exadata][Oracle Data Integration](2015/3/23)

icon
“Time to Value”を突き詰める中で生まれたオラクルならではの解:

Oracle Databaseユーザーにいち早くビッグデータの価値を届けるべく、オラクルはハードウエアからソフトウエアまで、各種ビッグデータソリューションの開発/提供に力を入れている。同社のビッグデータ戦略の特徴、企業にもたらすメリットについて、米国オラクルでビッグデータ製品を担当するブラッド・テュークスベリー氏に聞いた。[ビッグデータ][クラウド][Oracle Exadata][Oracle Data Integration](2015/3/18)

icon
データベースクラウドの未来:

今日の企業ITにおいて、クラウドは不可欠なピースとなった。それでは、データベースシステムでは、どのようなクラウドが使えて、どういったメリットが得られるのか?──それを知るのに最適なイベントが2015年4月9日〜10日に都内で開催される。日本オラクルの「Oracle CloudWorld Tokyo 2015」だ。[データベース統合][ビッグデータ][クラウド][DWH][高可用性/災害対策][運用管理効率化][セキュリティ対策][パフォーマンス改善][Oracle Database 12c][In-Memory][Oracle Mutitenant][Oracle Exadata][Oracle Database Appliance][Oracle Enterprise Manager][Oracle Data Integration][Oracle Endeca Information Discovery][Oracle Linux](2015/3/16)

icon
製品開発と営業の担当が本音で議論:

日本オラクルが2015年1月にリリースした「Oracle Exadata X5」では、オールフラッシュストレージをはじめ、さらなる機能強化が図られた。そこで企業が気になるのは、「それらの機能は本当に使えるのか、どう使うのか」ということだろう。そんな疑問に率直に答えるQ&Aセッションが実施された。[クラウド][ビッグデータ][高可用性/災害対策][運用管理効率化][Oracle Exadata][Oracle Database 12c][In-Memory Option](2015/3/3)

icon
Exadata X5はどこまでハードウエアに切り込んだか?:

国内外の多くの企業がメインフレームや汎用サーバーから垂直統合型システムへの移行を進める中、同システムの普及をけん引するオラクルのデータベースマシンに、最新版となる「Oracle Exadata X5」が登場した。[クラウド][ビッグデータ][高可用性/災害対策][運用管理効率化][Oracle Exadata][Oracle Database 12c][In-Memory Option](2015/2/25)

icon

企業の「購買」にフォーカスした異色のコンサルティングサービスで業容を拡大するディーコープは、同社が展開するBtoB購買サービスを支えるデータベース基盤を「Oracle Database Appliance」で刷新。懸案だったBCP対応とパフォーマンスの問題を、初期投資を抑えつつ、従来と同様のランニングコストで解決した。同社はなぜOracle Database Applianceを選び、どのようなメリットを得たのか? 導入の経緯と効果について、ディーコープ 情報システム本部 IT戦略部運用グループ マネジャーの佐藤大雅氏に聞いた。[パフォーマンス改善][高可用性/災害対策][データベース統合][Oracle Database Appliance](2015/2/16)

icon
ビジネスのグローバル化を支える強固かつ柔軟なDBaaSの実現:

グローバル化推進に伴うIT提供スピードの向上、増大するデータ量への対応、高い性能/可用性/信頼性、そして容易な運用管理──日立金属は基幹データベース群のプライベートクラウド基盤の選定に当たり、これらの要件を適正なコストで満たすシステム基盤を子細に検討。選んだのはOracle Exadataであった。[クラウド][データベース統合][運用管理効率化][Oracle Exadata][Oracle Enterprise Manager](2015/1/26)

icon
全ての企業が対応必須:

2015年10月、いよいよ日本で「マイナンバー制度」が始動する。同制度により、行政機関のみならず、全ての民間事業者に一層厳格な個人情報管理が要求されることをご存じだろうか? どのような理由で、何が求められ、どういった対応が必要になるのか──日本オラクルのスペシャリストが解説する。[セキュリティ対策](2015/1/19)

icon
5000のSQLをわずか二人×1.5カ月で検証!:

阪急交通社は先ごろ、大規模基幹システムのインフラ更改を7カ月という短期間で完了させた。約5000のSQLを1.5カ月で全量検証、業務ダウンタイムを最短化したデータベース移行、データ分析処理性能の大幅向上を可能にしたのは、オラクルの最新データベーステクノロジであった。[パフォーマンス改善][高可用性/災害対策][DWH][Oracle Data Integration](2015/1/15)

icon
創業182年の老舗 長瀬産業が選んだグローバルでのSAPアプリケーション基盤:

創業182年を誇る老舗商社 長瀬産業は、全世界に分散する拠点で利用するSAPアプリケーションをグローバルシングルインスタンスとして導入。そのバックエンドで稼働する統合データベース基盤を、オラクルの「Oracle Exadata X4」で構築した。[データベース統合][クラウド][運用管理効率化][Oracle Exadata](2015/1/13)

icon
Oracle Databaseに最適化されたバックアップでできること:

「社内に増え続けるデータベースのバックアップをスピード化/効率化し、データを確実に守りたい。しかも、リカバリは柔軟かつ迅速に」──そんなデータベース管理者の願いをかなえる製品が登場した。Oracle Databaseに最適化された「Zero Data Loss Recovery Appliance」だ。[高可用性/災害対策][運用管理効率化][データベース統合](2015/1/7)

icon
リアルタイム経営強化の一手として、NTTドコモも期待:

リアルタイム経営強化に向け、データ活用のさらなるスピードアップを求める企業に決定打となるソリューションが登場した。日本オラクルが2014年7月にリリースした「Oracle Database In-Memory」だ。その特徴を、製品のベータテストに参加したNTTドコモの声も交えて紹介する。[ビッグデータ][DWH][データベース統合][セキュリティ対策][In-Memory](2014/12/1)

icon
革新的なクラウドが経営/ビジネスに与えるインパクト:

「クラウドでもNo.1になる」──そう宣言した日本オラクルは、2014年10月に都内で「Oracle Days Tokyo 2014」を開催。基調講演で米オラクルの幹部が同社クラウド戦略を説明すると、続くパネルディスカッションでは国内企業のIT戦略を担うキーパーソンが会し、クラウドの戦略的価値について議論した。[クラウド][ビッグデータ][Oracle Exadata][Oracle Database 12c][Oracle Mutitenant][In-Memory](2014/11/28)

icon
Oracle Days Tokyo 2014基調講演レポート:

日本オラクルは2014年10月、都内で「Oracle Days Tokyo 2014」を開催した。「クラウドで切り拓く最先端ビジネス」をテーマに掲げた同イベントでは、米国サンフランシスコで催された「Oracle OpenWorld 2014」における発表内容も交えつつ、クラウドカンパニーとしてNo.1を目指す同社の最新技術/製品を披露した。[クラウド][ビッグデータ][運用管理効率化][セキュリティ対策][Oracle Exadata][Oracle Database 12c][Oracle Mutitenant][In-Memory](2014/11/26)

icon
性能向上とコスト削減だけで終わらせなかったプロジェクト推進者の情熱:

「Oracle Exadata」を基盤に据えたデータベース統合プロジェクトにより、バッチ処理の高速化やコスト最適化などのメリットを手にした東京海上日動システムズ。同社はこのプロジェクトの遂行を通して、企業革新に向けた機会創出と意識変革、IT人材のスキルアップも果たした。プロジェクトを推進した同社キーマンは「Oracle Exadataは企業変革の原動力になり得る」と断言する。[データベース統合][パフォーマンス改善][DWH][Oracle Exadata](2014/9/29)

icon
ビジネスに即応可能なデータベース調達の実現に向けて:

全社IT基盤改革におけるデータベース統合で、パナソニック インフォメーションシステムズがシステム基盤として採用したのが「Oracle Exadata」だ。データベース基盤のコスト最適化とパフォーマンス向上を果たした同社は、ビジネスの動きに即応した迅速なデータベース調達を実現すべく、Oracle ExadataによるDBaaS構築を推進している。[データベース統合][クラウド][運用管理効率化][Oracle Exadata](2014/9/11)

icon
一つのSQLで全てのデータを検索可能に:

「Hadoop上のビッグデータは、企業の基幹データベースのデータと組み合わせて分析することで、初めて大きな価値を生む」──このコンセプトの下にオラクルが開発したのが、HadoopとOracle Databaseを統合したデータ分析を可能にする「Oracle Big Data SQL」だ。[ビッグデータ](2014/8/25)

icon
24時間365日稼働システムのバックアップも万全に:

24時間365日稼働のシステムが当たり前となった今日、重要なデータ資産のバックアップをどう取るかが大きな課題となっている。オラクルは今年、この課題の解となるソリューションの提供を開始する。Oracle Databaseのために作られた専用バックアップマシン「Oracle Database Backup Logging Recovery Appliance」がそれだ。[高可用性/災害対策](2014/8/20)

icon
Oracle DBaaS & Big Data Summit基調講演レポート:

日本オラクルは2014年7月、データベースクラウドとビッグデータをテーマにしたイベント「Oracle DBaaS & Big Data Summit」を都内で開催した。これまでにない新たなデータ活用を可能にする新製品「Oracle Database In-Memory」などの国内リリースを記念して開催された同イベントの基調講演の内容をダイジェストで紹介する。[ビッグデータ][クラウド][データベース統合][セキュリティ対策][In-Memory Option][Oracle Exadata][Oracle Database 12c][Oracle Mutitenant](2014/8/20)

icon
Oracle Database Applianceを採用して得たメリットとは?:

社内に散在する基幹データベースを、性能や拡張性、業務生産性の向上、コスト削減などを目的に高性能なデータベース基盤へと集約する企業が増えている。首都圏を中心に戸建分譲事業を営む東栄住宅も、その1社だ。同社は生産管理システムのデータベース群を集約する基盤として、オラクルの「Oracle Database Appliance」を選んだ。[データベース統合][Oracle Database Appliance](2014/8/11)

icon
検証コストの大幅削減と作業効率化を実現:

住友重機械工業は先ごろ、生産管理システムなどで利用する約30のOracle Databaseを11g R2にアップグレード。オラクルの支援ツール群を活用した標準化アプローチにより、検証コストの大幅削減と作業効率化を実現した。[運用管理効率化][Oracle Enterprise Manager][Oracle Data Integration](2014/8/4)

icon
「企業の現実にマッチした仕組み」のために:

ビッグデータから真に役立つビジネス価値を引き出すためには、企業の基幹データや大量の非定型データといった多様なデータを容易に組み合わせて分析できる環境が必要だ。そして好機を逃さぬよう、分析結果はスピーディに得られなくてはならない──こうしたコンセプトの下、企業のビッグデータ活用をトータルに支援すべく設計されているのが、オラクルのビッグデータソリューションである。[ビッグデータ][Oracle Exadata](2014/7/28)

icon
今やるべきデータベースセキュリティ対策:

企業に対するサイバー攻撃や内部犯行の多くは、データベース内のデータを狙っている。特に脅威となるのは、企業ネットワークの内部で起きる内部犯行や標的型攻撃だ。重要な機密データの安全性を保つために、オラクルは何をしようとしているのか。日本オラクル 執行役員の山本恭典氏が語る。[セキュリティ対策](2014/7/25)

icon
次世代のデータウェアハウス基盤はOracle Exadataで!:

昨今、データウェアハウス(DWH)基盤の性能や運用コストに課題を感じる企業が増えているようだ。また、ビジネススピードの向上を目的に、より鮮度の高いデータの活用をDWH基盤に求める声も強まっている。これらの課題/ニーズに応えるDWH基盤として、世界中の企業で採用が進んでいるのが「Oracle Exadata」だ。[DWH][ビッグデータ][Oracle Exadata](2014/7/14)

icon
7月24日開催の「Oracle DBaaS & Big Data Summit」で明らかに:

2014年7月24日、日本オラクルは東京 恵比寿で「Oracle DBaaS & Big Data Summit」を開催する。先ごろ、米国で発表された「Oracle Database In-Memory Option」のお披露目、Oracle Exadataの最新ユーザー事例セッションなどが予定される同イベントの見所を紹介する。[クラウド][ビッグデータ][In-Memory][Oracle Exadata][Oracle Database 12c](2014/7/4)

icon
Oracle ExadataでDBaaS構築! 知っておきたい大切なポイント(2):

Oracle DatabaseによるDBaaS構築で課題となることの1つが、Oracle Databaseの旧バージョンで稼働する既存データベースをいかに円滑に移行するかということだ。12cの新機能であるマルチテナントアーキテクチャを使えば、この移行作業をスムーズに行い、統合後のパッチ適用なども楽に行えるようになる。その具体的なシナリオを紹介しよう。[データベース統合][クラウド][Oracle Exadata][Oracle Database 12c](2014/6/30)

icon
Oracle DatabaseでDBaaS構築! 知っておきたい大切なポイント(1):

近年、将来も見据えたデータベースクラウド(DBaaS)の導入を検討する企業が増えているが、その際には十分にご検討いただきたいことがある。その1つがOracle Databaseのバージョンだ。DBaaSのライフサイクル全体を最適化するバージョン管理のベストプラクティスを紹介する。[データベース統合][クラウド][Oracle Exadata][Oracle Database 12c](2014/6/23)

icon
DBaaSも見据えたOracle Exadataによるデータベース統合(2):

「Oracle Exadata」とシステム管理ツール「Oracle Enterprise Manager」「Oracle Database 12c」の組み合わせは、データベース統合環境の進化形である「DBaaS」の構築基盤として最適な能力を備えている。サーバー仮想化よりも効率的なデータベース仮想化を実現し、セルフサービス化によってユーザー部門の利便性を高めつつ、IT部門の運用管理負担を減らすことができるのだ。[データベース統合][Oracle Exadata][Oracle Enterprise Manager](2014/6/16)

icon
DBaaSも見据えたOracle Exadataによるデータベース統合(1):

データベース統合基盤として「Oracle Exadata」に魅力を感じながらも、「これまでと運用管理手法が変わり、管理効率が低下するのではないか」と不安を感じている方がいるかもしれない。その心配は無用だ。システム管理ツール「Oracle Enterprise Manager」を使うことで、従来よりもはるかに効率的にデータベースの運用管理が行えるようになる。[データベース統合][Oracle Exadata][Oracle Enterprise Manager](2014/6/16)

icon

圧倒的なパフォーマンスと可用性を兼ね備え、ミッションクリティカルシステムの基盤として多くの企業で導入が進むOracle Exadata。その標準OSとして採用されているのが「Oracle Linux」だ。Oracle Exadataは、なぜOracle Linuxを採用しているのか? それには深いワケがあった。[運用管理効率化][Oracle Linux][Oracle Exadata](2014/6/16)

icon

Oracle Databaseと高性能なハードウェアを一体化して提供する「Oracle Database Appliance」は、高い可用性と信頼性が求められるデータベースシステムを迅速かつリーズナブルに構築したい欧米の企業にとって、現在、最有力の選択肢の1つとなっている。それでは、実際にOracle Database Appliance を導入した企業は、どのような課題を抱えていたのだろうか。また、どのような点を評価してOracle Database Appliance を選択したのか。米国オラクル Oracle Database Appliance担当シニアディレクターのボブ・トーメ氏に聞いた。[パフォーマンス改善][高可用性/災害対策][Oracle Database Appliance](2014/6/16)

icon

日本企業のシステムで特徴的なのは、各種の業務処理でバッチが多用されている点だ。昨今、このバッチ処理が規定時間内に終わらず、業務に支障を来す企業が増加している。そうした企業の多くが、この問題の根本的な解決を図るために高速なデータベース基盤として導入を進めているのが「Oracle Exadata」である。その理由はなぜか、Oracle Exadataはバッチ処理をどう高速化するのか。日本オラクルの岩崎護氏に聞いた。[パフォーマンス改善][DWH][Oracle Exadata Database Machine](2014/6/16)

icon
ビッグデータを利活用し、経営のスピードを上げる:

アサヒグループでは、「Oracle Endeca Information Discovery」を活用したビッグデータの取り組みを開始。従来のSNSの情報量の増大やスマートフォンの急速な普及に伴うデータ種別の多様化、急増に対しても対応可能な情報分析基盤を迅速に構築。[ビッグデータ][Oracle Endeca Information Discovery](2014/6/16)

icon
Oracle DBユーザーに朗報:

Oracle Database 12c(以降、12c)がリリースされた。既に評価版ダウンロードが開始されているが、@IT読者はすでに触れているだろうか。もし、触れていないならば、ぜひ本稿を読んで下準備として欲しい。[データベース統合][Oracle Database 12c][Oracle Mutitenant](2013/8/26)

icon
データベースはシステムをどう変えるか? Oracle Database 12c(1):

ITインフラ周辺の技術革新が進む中、「データベースの機能だけでシステムや運用の差別化は望めない」「高い要求レベルのシステム以外であれば、データベースはどれも同じ」といった声が聞かれるようになってきた。そんな渦中でオラクルは、Oracle Database 12cを市場投入した。この製品は久々に我々をわくわくさせる仕掛けを持っての登場となるようだ。オラクルの提案する新しいデータベースで運用管理はどう変わっていくのか。[データベース統合][運用管理効率化][Oracle Mutitenant](2013/7/17)

関連するホワイトペーパー

マイナンバー制度の本格運用を目前に控え、企業は、従業員やその家族から取得したマイナンバーを含む「特定個人情報」の安全性をいかに保つかが重要な経営課題となる。日本オラクルのセミナーから、マイナンバー制度への同社の取り組みをひも解く。

(2015/5/18)

12社(国内企業11社、海外企業1社)のOracle Exadata導入の経緯とその効果とは? データベース統合によるコスト削減、リアルタイム分析やDBaaS(DBクラウド)実現などによるビジネス革新を成し遂げた方々の生の声を紹介。

(2015/4/6)

データベースインサイダーブログからのお勧め記事

提供:日本オラクル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:@IT編集部/掲載内容有効期限:2015年5月31日

Copyright© 2015 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.








RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。