オラクルデータベースインサイダー

データベースに関連した最新技術情報や事例、提言、イベント情報を集約したDB選定者必見の特集ページ。セキュリティ対策やパフォーマンス改善のヒント、コスト削減のノウハウの他、近年注目を集めるDBaaSなどのクラウド環境の活用方法やビッグデータ関連の話題も紹介していきます。

課題別

  • すべて
  • データベース統合
  • ビッグデータ
  • クラウド
  • DWH
  • 高可用性/災害対策
  • 運用管理効率化
  • セキュリティ対策
  • パフォーマンス改善

製品別

  • すべて
  • Oracle Database 12c
  • In-Memory
  • Oracle Mutitenant
  • Oracle Exadata
  • Oracle Database Appliance
  • Oracle Enterprise Manager
  • Oracle Data Integration
  • Oracle Endeca Information Discovery
  • Oracle Linux

関連記事

icon
Oracle Days Tokyo 2014基調講演レポート:

日本オラクルは2014年10月、都内で「Oracle Days Tokyo 2014」を開催した。「クラウドで切り拓く最先端ビジネス」をテーマに掲げた同イベントでは、米国サンフランシスコで催された「Oracle OpenWorld 2014」における発表内容も交えつつ、クラウドカンパニーとしてNo.1を目指す同社の最新技術/製品を披露した。[クラウド][ビッグデータ][運用管理効率化][セキュリティ対策][Oracle Exadata][Oracle Database 12c][Oracle Mutitenant][In-Memory](2014/11/26)

icon
性能向上とコスト削減だけで終わらせなかったプロジェクト推進者の情熱:

「Oracle Exadata」を基盤に据えたデータベース統合プロジェクトにより、バッチ処理の高速化やコスト最適化などのメリットを手にした東京海上日動システムズ。同社はこのプロジェクトの遂行を通して、企業革新に向けた機会創出と意識変革、IT人材のスキルアップも果たした。プロジェクトを推進した同社キーマンは「Oracle Exadataは企業変革の原動力になり得る」と断言する。[データベース統合][パフォーマンス改善][DWH][Oracle Exadata](2014/9/29)

icon
ビジネスに即応可能なデータベース調達の実現に向けて:

全社IT基盤改革におけるデータベース統合で、パナソニック インフォメーションシステムズがシステム基盤として採用したのが「Oracle Exadata」だ。データベース基盤のコスト最適化とパフォーマンス向上を果たした同社は、ビジネスの動きに即応した迅速なデータベース調達を実現すべく、Oracle ExadataによるDBaaS構築を推進している。[データベース統合][クラウド][運用管理効率化][Oracle Exadata](2014/9/11)

icon
一つのSQLで全てのデータを検索可能に:

「Hadoop上のビッグデータは、企業の基幹データベースのデータと組み合わせて分析することで、初めて大きな価値を生む」──このコンセプトの下にオラクルが開発したのが、HadoopとOracle Databaseを統合したデータ分析を可能にする「Oracle Big Data SQL」だ。[ビッグデータ](2014/8/25)

icon
24時間365日稼働システムのバックアップも万全に:

24時間365日稼働のシステムが当たり前となった今日、重要なデータ資産のバックアップをどう取るかが大きな課題となっている。オラクルは今年、この課題の解となるソリューションの提供を開始する。Oracle Databaseのために作られた専用バックアップマシン「Oracle Database Backup Logging Recovery Appliance」がそれだ。[高可用性/災害対策](2014/8/20)

icon
Oracle DBaaS & Big Data Summit基調講演レポート:

日本オラクルは2014年7月、データベースクラウドとビッグデータをテーマにしたイベント「Oracle DBaaS & Big Data Summit」を都内で開催した。これまでにない新たなデータ活用を可能にする新製品「Oracle Database In-Memory」などの国内リリースを記念して開催された同イベントの基調講演の内容をダイジェストで紹介する。[ビッグデータ][クラウド][データベース統合][セキュリティ対策][In-Memory Option][Oracle Exadata][Oracle Database 12c][Oracle Mutitenant](2014/8/20)

icon
Oracle Database Applianceを採用して得たメリットとは?:

社内に散在する基幹データベースを、性能や拡張性、業務生産性の向上、コスト削減などを目的に高性能なデータベース基盤へと集約する企業が増えている。首都圏を中心に戸建分譲事業を営む東栄住宅も、その1社だ。同社は生産管理システムのデータベース群を集約する基盤として、オラクルの「Oracle Database Appliance」を選んだ。[データベース統合][Oracle Database Appliance](2014/8/11)

icon
検証コストの大幅削減と作業効率化を実現:

住友重機械工業は先ごろ、生産管理システムなどで利用する約30のOracle Databaseを11g R2にアップグレード。オラクルの支援ツール群を活用した標準化アプローチにより、検証コストの大幅削減と作業効率化を実現した。[運用管理効率化][Oracle Enterprise Manager][Oracle Data Integration](2014/8/4)

icon
「企業の現実にマッチした仕組み」のために:

ビッグデータから真に役立つビジネス価値を引き出すためには、企業の基幹データや大量の非定型データといった多様なデータを容易に組み合わせて分析できる環境が必要だ。そして好機を逃さぬよう、分析結果はスピーディに得られなくてはならない──こうしたコンセプトの下、企業のビッグデータ活用をトータルに支援すべく設計されているのが、オラクルのビッグデータソリューションである。[ビッグデータ][Oracle Exadata](2014/7/28)

icon
今やるべきデータベースセキュリティ対策:

企業に対するサイバー攻撃や内部犯行の多くは、データベース内のデータを狙っている。特に脅威となるのは、企業ネットワークの内部で起きる内部犯行や標的型攻撃だ。重要な機密データの安全性を保つために、オラクルは何をしようとしているのか。日本オラクル 執行役員の山本恭典氏が語る。[セキュリティ対策](2014/7/25)

icon
次世代のデータウェアハウス基盤はOracle Exadataで!:

昨今、データウェアハウス(DWH)基盤の性能や運用コストに課題を感じる企業が増えているようだ。また、ビジネススピードの向上を目的に、より鮮度の高いデータの活用をDWH基盤に求める声も強まっている。これらの課題/ニーズに応えるDWH基盤として、世界中の企業で採用が進んでいるのが「Oracle Exadata」だ。[DWH][ビッグデータ][Oracle Exadata](2014/7/14)

icon
7月24日開催の「Oracle DBaaS & Big Data Summit」で明らかに:

2014年7月24日、日本オラクルは東京 恵比寿で「Oracle DBaaS & Big Data Summit」を開催する。先ごろ、米国で発表された「Oracle Database In-Memory Option」のお披露目、Oracle Exadataの最新ユーザー事例セッションなどが予定される同イベントの見所を紹介する。[クラウド][ビッグデータ][In-Memory][Oracle Exadata][Oracle Database 12c](2014/7/4)

icon
Oracle ExadataでDBaaS構築! 知っておきたい大切なポイント(2):

Oracle DatabaseによるDBaaS構築で課題となることの1つが、Oracle Databaseの旧バージョンで稼働する既存データベースをいかに円滑に移行するかということだ。12cの新機能であるマルチテナントアーキテクチャを使えば、この移行作業をスムーズに行い、統合後のパッチ適用なども楽に行えるようになる。その具体的なシナリオを紹介しよう。[データベース統合][クラウド][Oracle Exadata][Oracle Database 12c](2014/6/30)

icon
Oracle DatabaseでDBaaS構築! 知っておきたい大切なポイント(1):

近年、将来も見据えたデータベースクラウド(DBaaS)の導入を検討する企業が増えているが、その際には十分にご検討いただきたいことがある。その1つがOracle Databaseのバージョンだ。DBaaSのライフサイクル全体を最適化するバージョン管理のベストプラクティスを紹介する。[データベース統合][クラウド][Oracle Exadata][Oracle Database 12c](2014/6/23)

icon
DBaaSも見据えたOracle Exadataによるデータベース統合(2):

「Oracle Exadata」とシステム管理ツール「Oracle Enterprise Manager」「Oracle Database 12c」の組み合わせは、データベース統合環境の進化形である「DBaaS」の構築基盤として最適な能力を備えている。サーバー仮想化よりも効率的なデータベース仮想化を実現し、セルフサービス化によってユーザー部門の利便性を高めつつ、IT部門の運用管理負担を減らすことができるのだ。[データベース統合][Oracle Exadata][Oracle Enterprise Manager](2014/6/16)

icon
DBaaSも見据えたOracle Exadataによるデータベース統合(1):

データベース統合基盤として「Oracle Exadata」に魅力を感じながらも、「これまでと運用管理手法が変わり、管理効率が低下するのではないか」と不安を感じている方がいるかもしれない。その心配は無用だ。システム管理ツール「Oracle Enterprise Manager」を使うことで、従来よりもはるかに効率的にデータベースの運用管理が行えるようになる。[データベース統合][Oracle Exadata][Oracle Enterprise Manager](2014/6/16)

icon

圧倒的なパフォーマンスと可用性を兼ね備え、ミッションクリティカルシステムの基盤として多くの企業で導入が進むOracle Exadata。その標準OSとして採用されているのが「Oracle Linux」だ。Oracle Exadataは、なぜOracle Linuxを採用しているのか? それには深いワケがあった。[運用管理効率化][Oracle Linux][Oracle Exadata](2014/6/16)

icon

Oracle Databaseと高性能なハードウェアを一体化して提供する「Oracle Database Appliance」は、高い可用性と信頼性が求められるデータベースシステムを迅速かつリーズナブルに構築したい欧米の企業にとって、現在、最有力の選択肢の1つとなっている。それでは、実際にOracle Database Appliance を導入した企業は、どのような課題を抱えていたのだろうか。また、どのような点を評価してOracle Database Appliance を選択したのか。米国オラクル Oracle Database Appliance担当シニアディレクターのボブ・トーメ氏に聞いた。[パフォーマンス改善][高可用性/災害対策][Oracle Database Appliance](2014/6/16)

icon

日本企業のシステムで特徴的なのは、各種の業務処理でバッチが多用されている点だ。昨今、このバッチ処理が規定時間内に終わらず、業務に支障を来す企業が増加している。そうした企業の多くが、この問題の根本的な解決を図るために高速なデータベース基盤として導入を進めているのが「Oracle Exadata」である。その理由はなぜか、Oracle Exadataはバッチ処理をどう高速化するのか。日本オラクルの岩崎護氏に聞いた。[パフォーマンス改善][DWH][Oracle Exadata Database Machine](2014/6/16)

icon
ビッグデータを利活用し、経営のスピードを上げる:

アサヒグループでは、「Oracle Endeca Information Discovery」を活用したビッグデータの取り組みを開始。従来のSNSの情報量の増大やスマートフォンの急速な普及に伴うデータ種別の多様化、急増に対しても対応可能な情報分析基盤を迅速に構築。[ビッグデータ][Oracle Endeca Information Discovery](2014/6/16)

icon
Oracle DBユーザーに朗報:

Oracle Database 12c(以降、12c)がリリースされた。既に評価版ダウンロードが開始されているが、@IT読者はすでに触れているだろうか。もし、触れていないならば、ぜひ本稿を読んで下準備として欲しい。[データベース統合][Oracle Database 12c][Oracle Mutitenant](2013/8/26)

icon
データベースはシステムをどう変えるか? Oracle Database 12c(1):

ITインフラ周辺の技術革新が進む中、「データベースの機能だけでシステムや運用の差別化は望めない」「高い要求レベルのシステム以外であれば、データベースはどれも同じ」といった声が聞かれるようになってきた。そんな渦中でオラクルは、Oracle Database 12cを市場投入した。この製品は久々に我々をわくわくさせる仕掛けを持っての登場となるようだ。オラクルの提案する新しいデータベースで運用管理はどう変わっていくのか。[データベース統合][運用管理効率化][Oracle Mutitenant](2013/7/17)

関連するホワイトペーパー

12社のOracle Exadata導入の経緯とその効果とは? データベース統合によるコスト削減、アプリケーションのパフォーマンス改善、リアルタイム分析やDBaaS(DBクラウド)実現によるビジネス革新を成し遂げた方々の生の声を紹介。スマホでも読める。

(2014/7/16)

データベースインサイダーブログからのお勧め記事

提供:日本オラクル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:@IT編集部/掲載内容有効期限:2015年5月31日

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.







RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。