検索
連載
人気連載まとめ読み! @IT eBook(8):

初めてUnityを触る人が無料で使い方を学べる日本語チュートリアルを全317ページ、59のサンプル動画で電子書籍本としてまとめました

人気過去連載を一冊に再編集して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。Vol.8は、『ゲーム開発初心者のためのUnity入門』だ。

Share
Tweet
g+
LINE
Hatena

『ドラゴンクエストVIII』のスマートフォン版でも採用、「Unity」って何だ


@IT eBookシリーズ Vol.08『ゲーム開発初心者のためのUnity入門』

 読者の皆さんは「Unity」をご存じだろうか。Unityはユニティ・テクノロジーズ社が提供するゲーム開発プラットフォーム。Unityで開発したゲームはデスクトップ(Windows、Mac、Linux)、iOS、Android、コンソールゲーム(PlayStation 3/4/Mobile/Vita、Xbox 360、Wii U)、そしてプラグイン(Unity Web Player)がインストールしてあるWebブラウザーなど、多岐にわたって配布・販売できることが大きな特徴だ。

 Unityの開発ツールは、3Dゲーム開発の手軽さとその物理エンジンが有名だが、2Dゲーム開発にも対応している。また、Unityには「アセット」と呼ばれるゲームの部品や素材が用意されており、アセットストアでも入手できる。アセットとしては、3Dモデリングデータからアニメーション、音声、スクリプトまで用意されており、それらを使うことでノンプログラミングでもある程度のゲームを作ることが可能だ。

 2015年3月にリリースされた最新版Unity 5ではグラフィックがさらに強化されている。下記動画を見てもらえば、そのすごさが分かるはずだ。

 iPhoneやAndroidの普及により、アプリストアで人気を得やすいゲームアプリを開発する、いわゆる「インディデベロッパー」が増加したが、それを後押ししたのがUnityといえるだろう。Unityは大手のゲーム開発会社も無視できない存在となり、採用が増えている。有名なところでは、『ドラゴンクエストVIII』のスマートフォン版があるといえば分かりやすいだろうか。

次世代デバイスへの対応、ゲーム以外のアプリ開発でも注目

 日本を含む世界中でUnityユーザーは増え続け、ユーザーコミュニティがいくつも形成されている。またUnityは、Oculus Rift、Leap Motion、Kinectなど次世代のデバイスにも素早く対応し、それがまた人気を呼ぶという好循環を生んでいる。アセットストアでの販売・購入も盛んでエコシステムを形成している。

 さらにUnityは、ゲームのみならず建築、医療、自動車、教育、プロジェクションマッピングなど、さまざまな分野で活用されるようになってきている。ゲームが嫌いな人も決して無視できない存在になりつつあるといっていいだろう(参考記事:ゲーム嫌いも知っておきたい3D CG/VRのエンタープライズ活用事例〜Unity Solution Conference 2014まとめ)。

Unity初心者だけではなく、Unity 5への移行を検討しているベテランゲーム開発者の方も

 @IT eBook Vol.8は、@ITの人気連載、『ゲーム開発初心者のためのUnity入門』全17回を一冊に再編集して全317ページでお届けする。初心者でも分かりやすいように豊富なサンプル動画と開発ツールの画面スクリーンショットを多数掲載。長編だが、1冊読み終えるころには、ゲームで使えるさまざまな処理を使えるようになり、ゲーム開発の面白さが分かるはずだ。

 もちろん、初心者だけではなく、Unity 5への移行を検討しているベテランゲーム開発者の方も、最終回で基本的なメニューの違いや互換性の検証結果を一部掲載しているので、参考になるはずだ。また、Unity 5の「Personal Edition」では、Unity 4.6以前では有料だった機能が無料で使えるようになった。この無料になった機能について紹介する連載『Unity 5で無料になった機能の使い方』も現在展開中だ。本PDFと併せてUnity 5を使う参考にしてみてはいかがだろうか。

ダウンロード
「人気連載まとめ読み! @IT eBook」バックナンバー

*** 一部省略されたコンテンツがあります。PC版でご覧ください。 ***

※@IT eBookシリーズについてはこちらをご覧ください。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る