検索
連載
Tech TIPS:

Windows 10 October 2018 Updateを手動でインストールする

Windows 10の大型アップデート「Windows 10 October 2018 Update」の配信が開始された。Windows 10 October 2018 Updateでは、これまでのセキュリティ更新プログラムに加え、スマートフォンとの連携機能などの新しい機能が追加されている。これらの機能をいち早く試すには、手動でアップデートを実行する必要がある。その方法を紹介する。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
g+
LINE
Hatena
「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象:Windows 10


 2018年11月14日に提供が一時中断されていたWindows 10 October 2018 Updateの提供が再開しました(提供中断の理由は、Windows 10 The Latest「Windows 10 October 2018 Updateはなぜ一時配布停止となったのか」参照のこと)。

 本TIPSで紹介したWebページによるダウンロードも再開されています。


Windows UpdateによるWindows 10の最新版への更新

 Windows 10の大型更新「Windows 10 October 2018 Update(バージョン1809。以下、October 2018 Update)」の提供が、2018年10月3日(日本時間)から開始された(October 2018 Updateによる主な変更点は、Windows 10 The Latest「リリース直前! 「Windows 10 October 2018 Update」のどこが変わる?」参照のこと)。すでに多くのPCでWindows Updateによる配信が始まっているようだ(大型更新のリリースタイミングなどについては、Windows 10 The Latest「複雑怪奇? Windows 10の大型更新とサポート期間を整理する」参照のこと)。

 Windows Updateを開き、[更新プログラムのチェック]ボタンをクリックすると、「Windows 10、バージョン1809の機能更新プログラム」が表示され、Windows 10 October 2018 Updateが適用可能になっているはずだ。

Windows UpdateでOctober 2018 Updateを適用する(1)
Windows UpdateでOctober 2018 Updateを適用する(1)
[スタート]メニューを開き、[設定]−[更新とセキュリティ]画面で[Windows Update]を実行する。ここで、[更新プログラムのチェック]ボタンをクリックする。
Windows UpdateでOctober 2018 Updateを適用する(2)
Windows UpdateでOctober 2018 Updateを適用する(2)
更新プログラムの有無が確認され、適用可能な更新プログラムとして、October 2018 Updateが表示されるはずだ。自動的にダウンロードとインストールが行われる。

 以前の大型アップデートでは、ローリングアウト(ローリングアップデート)が採用され、アップデートが順次配信されていたことから、なかなかアップデートが自分のPCに提供されないということがあった。前回のApril 2018 Updateから、それほど時間を置かずに多くのPCに提供されるようになっている。

 逆に言えば、管理者は社内システムや自社アプリケーションの互換性検証のため、いち早くOctober 2018 Updateの検証を行う必要があるわけで、今すぐにでもOctober 2018 Updateを適用する必要がある(ユーザーが先にインストールしてしまう可能性があるため)。

 先に検証したければ、Windows Updateによる適用を待つのではなく、October 2018 Updateを手動でダウンロードしてインストールすればよい。

October 2018 Updateへの更新ツールの入手と起動

 デスクトップ上に「Windows 10更新アシスタント」(「Windowsアップグレードアシスタント」の場合もある)アイコンが存在し、すでに「Windows 10更新アシスタント」がインストールされている場合でも、必ず以下のWebページをWebブラウザで開き、[今すぐアップデート]ボタンをクリックし、「Windows10Upgrade9252.exe」をダウンロードすること。

「Windows 10 のダウンロード」ページの画面
「Windows 10 のダウンロード」ページの画面
October 2018 Updateを手動で適用するには、この画面を開いて[今すぐアップデート]ボタンをクリックして、「Windows10Upgrade9252.exe」をダウンロードする。このプログラムを実行すると、Windows 10更新アシスタントがインストールされ、October 2018 Updateのインストールが開始される。

 デスクトップにある「Windows 10更新アシスタント」アイコンをダブルクリックして、「Windows 10更新アシスタント」を実行しても、下画面のように「Windows 10の最新バージョンに更新していただきありがとうございます」と表示されて、October 2018 Updateに更新できないからだ。

Windows 10更新アシスタントで更新できない場合
Windows 10更新アシスタントで更新できない場合
April 2018 Updateの際にインストールした「Windows 10更新アシスタント」を実行すると、October 2018 Update適用前にもかかわらず、このように「Windows 10の最新バージョンに更新していただきありがとうございます」と表示されてしまう。必ず、Windows 10更新アシスタントを再インストールすること。

 Windows10Upgrade9252.exeを実行すると、Windows 10更新アシスタントがインストールされて、デスクトップに[Windows 10更新アシスタント]アイコンが作成される。自動的に[Windows 10更新アシスタント]ウィザードが起動するので、ウィザードの指示に従って進めればよい(自動的に実行されない場合は、デスクトップの[Windows 10更新アシスタント]アイコンをダブルクリックして実行する)。

[Windows 10更新アシスタント]ウィザードの画面(1)
[Windows 10更新アシスタント]ウィザードの画面(1)
デスクトップ上の[Windows 10更新アシスタント]アイコンをダブルクリックして、[Windows 10更新アシスタント]ウィザードを起動する。October 2018 Updateにバージョンアップ可能な場合、この[Windows 10の最新バージョンへの更新]画面が表示される。
[Windows 10更新アシスタント]ウィザードの画面(2)
[Windows 10更新アシスタント]ウィザードの画面(2)
PCがOctober 2018 Updateの更新に対応しているかどうかのチェックが行われる。CPU、メモリ、ディスク領域に問題がなければ、インストール作業が進められる。[次へ]ボタンをクリックすると、October 2018 Updateのダウンロードが開始される。
[Windows 10更新アシスタント]ウィザードの画面(3)
[Windows 10更新アシスタント]ウィザードの画面(3)
October 2018 Updateのダウンロードと展開には、PCの性能にもよるが1時間以上かかるようだ。ダウンロード中、作業を行いたい場合は、[最小化]ボタンをクリックすることで、ウィザード画面を最小化することができる。また、更新をキャンセルする場合は、[更新をキャンセル]のリンクをクリックする。ダウンロードしたファイルが削除され、更新を中止できる。
[Windows 10更新アシスタント]ウィザードの画面(4)
[Windows 10更新アシスタント]ウィザードの画面(4)
更新を完了するには再起動が必要だ。30分放置すれば自動的に再起動が実行されるが、すぐに再起動したい場合は、[今すぐ再起動]ボタンをクリックする。また、再起動を延期したい場合は、[後で再起動する]のリンクをクリックする。
[Windows 10更新アシスタント]ウィザードの画面(5)
[Windows 10更新アシスタント]ウィザードの画面(5)
再起動後、更新プログラムの適用が行われる。更新が完了するまでに数回の再起動が実行される。
October 2018 Update適用後の画面
October 2018 Update適用後の画面
October 2018 Updateを適用してサインインすると、Microsoft Edgeに「Welcome to your Microsoft Edge Start page」画面が表示される。ここでMicrosoft Edgeのスタートページに表示されるニュースの言語を選択する。言語を選択後、[Get Started]ボタンをクリックすると、「10月の更新プログラムへようこそ」画面が表示される。ここでOctober 2018 Updateの新機能を確認することができる。

 October 2018 Updateのダウンロード/インストール中(最初の再起動前まで。30分以上)は、ウィザードを最小化して作業を継続することが可能だが、PCの性能によっては反応が鈍くなるので注意したい。また、PCの性能などにもよるが、October 2018 Updateのインストールには1時間程度かかるようだ。

 なおApril 2018 Updateを適用していない場合(Fall Creators UpdateやCreators Updateのまま)でも、直接、October 2018 Updateへのアップデートが行える。

Creators Updateで[Windows 10更新アシスタント]を実行してみた
Creators Updateで[Windows 10更新アシスタント]を実行してみた
Creators Updateでも[Windows 10更新アシスタント]を使うと、直接、October 2018 Updateへのアップデートが行える。

October 2018 Updateをクリーンインストールする場合

 October 2018 Updateをクリーンインストールする場合は、「メディア作成ツール」を使うか、「Windows 10のダウンロード」ページから直接ISOファイルをダウンロードするなどして、インストールUSBメモリやインストールDVDを作成し、そこから起動して、Windows 10の再インストールを行えばよい。メディア作成ツールの使い方や直接ISOファイルをダウンロードする方法は以下の記事を参考にしてほしい。

October 2018 Updateのバージョンを確認する方法

 October 2018 Updateに更新済みかどうかは、[スタート]メニューから[設定]−[システム]を開き、左ペインの[バージョン情報]を選択するか、Cortanaの入力ボックスに「winver」と入力から[Enter]キーを押すと表示される[Windowsのバージョン情報]画面で、「バージョン」が「1809」であることを確認すればよい(詳しいバージョン番号の調べ方については、Tech TIPS「Windows OSのバージョン番号やビルド番号を確認する方法」参照のこと)。

[バージョン情報]画面
[バージョン情報]画面
[設定]−[システム]を開き、左ペインの[バージョン情報]を選択してから、右ペインの「バージョン」を確認する。バージョン番号が「1809」であれば、October 2018 Updateになっている。

[Windowsのバージョン情報]画面
[Windowsのバージョン情報]画面
[Windows]+[R]キーで開く[ファイル名を指定して実行]ダイアログの「名前」の入力ボックスか、Cortanaの入力ボックスに「winver」と入力し、[Enter]キーを押す。[Windowsのバージョン情報]画面が表示されるので、ここのバージョン番号を確認し、「1809」であればOctober 2018 Updateである。

■更新履歴

【2018/10/05】Windows 10 October 2018 Update対応に改訂しました。

【2018/05/02】Windows 10 April 2018 Update対応に改訂しました。

【2017/10/20】Windows 10 Fall Creators Update対応に改訂しました。

【2017/04/10】Windows 10 Creators Update対応版を公開しました。


「Tech TIPS」のインデックス

Tech TIPS

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

ページトップに戻る