検索
Special
Dell EMCが本気で推進するHCI/CIの全貌:

VxRailは単なるHCIではない、ハイブリッドクラウドのための基盤だ

VxRailは、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)の市場をけん引するリーダーだと認識されている。だがこれは、単なるハードウェア、あるいは「箱」ではない。むしろ「箱」の限界を打破するために開発された製品だ。

PC用表示
Share
Tweet
g+
LINE
Hatena
PR
photo EMCジャパン コンバージドプラットフォーム&ソリューション事業部vArchitectシニアマネージャーの三邉祥一氏

 Dell EMCの「VxRail」(インテル® Xeon® プロセッサーを搭載)といえば、日本でもグローバルでも、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)の市場をけん引するリーダーであることは、マーケットシェアの数字を見れば一目瞭然だ。だが、Dell EMCがVxRailを開発したのは、単なるHCIを作りたかったためではない。

 「HCIというと、ほとんどの場合ハードウェアとして語られます。しかし、VxRailが圧倒的な価値を持つのはソフトウェアの部分です。VxRailはハイブリッドクラウドの基盤となることを目的として開発されているのです」と、EMCジャパン コンバージドプラットフォーム&ソリューション事業部vArchitectシニアマネージャーである三邉祥一氏は強調する。

 VxRailは仮想化基盤「VMware vSphere」に、ソフトウェアデファインドストレージの「VMware vSAN」を搭載し、柔軟で迅速な調達や拡張ができるようになっている。これだけでも、ソフトウェアの力が生かされている。だが、Dell EMCはこれを大きく超えるソフトウェア的な価値を、VxRailで提供している。

「面として広がるITインフラ」を構築できるか

 社内データセンターを変革する際に主要な目標の1つとなるのは、「データ管理の最適化」だ。データを使うアプリケーション、あるいはデータ自体の要件に基づき、最適な場所に配置、あるいは最適な形でデータ保護や冗長性の確保を行うことで、ビジネスニーズへの対応、ガバナンス、コスト効率のバランスを取れる。ポイントは、今後どのようにニーズが変化しても、いつでも迅速かつ効率よく対応できるようなベースを整えることにある。

VxRailは、このようにさまざまな効率化とコスト削減の効果を発揮する。だが重要なのは、これをハイブリッドクラウドにつなげていくことだ VxRailは、このようにさまざまな効率化とコスト削減の効果を発揮する。だが重要なのは、これをハイブリッドクラウドにつなげていくことだ

 従来は、データ管理をSAN接続されるストレージの「箱」のみで行っていたために、上記のような柔軟な対応は困難だった。だが、ソフトウェアをうまく活用すれば、場所や製品の壁を超え、多様なITインフラ製品やサービス間を連携し、面として広がるITインフラプラットフォームを生み出せる。こうしたインフラプラットフォームには、何らかの形でパブリッククラウドの利用が組み込まれることになるだろう。

 これがDell EMCの考えるハイブリッドクラウドだ。ハイブリッドクラウドとは、新しいアプリケーションをクラウドで動かし、古いアプリケーションを従来の社内データセンターに塩漬けすることではない。ITを全般的にサービス化し、その裏で企業の複数データセンターおよびパブリッククラウドを最適に使い分けるチャンスだと捉えてほしい。つまり、Dell EMCが考えるハイブリッドクラウドとは、インフラの設置場所のことではなく、運用スタイルそのものを「クラウド」とすることを目指している。

 VxRailはこうした意味でのハイブリッドクラウドの起点となる役割を背負って生まれた製品だ。

データ管理をこれまでの呪縛から解き放つ

 VxRailのソフトウェア機能には、まずデータサービス関連で次のようなものがある。これらの機能を積極的に使えば、データのライフサイクル管理を単一の箱でなく、同一データセンター内の他製品や遠隔データセンター、パブリッククラウドに広げ、面としてリスク分散および効率の向上を図ることができる。

 標準搭載の「vSphere Data Protection(vDP)」では、仮想マシンレベルでのバックアップが行える。バックアップ先の外部ストレージとして「Data Domain」に対応しており、VxRail上の仮想サーバを自動的に保護する仕組みが簡単に構築できる。また、Data Domainをバックアップ先とした場合、vDPの容量制限は解除される。より高機能な要件には、Dell EMC Avamarへのアップグレードが可能だ。これは、vDPのバックアップエンジンが、Dell EMCの開発したAvamarを利用しているからだ。

 Data Domainは強力なデータの重複排除、圧縮機能と、これを活用した効率的な遠隔複製機能に定評がある。災害対策(ディザスタリカバリー)も容易に行える。また、Data Domain Virtual Editionを利用すれば、VxRail上に仮想サーバとして導入することも可能となる。リモート拠点に設置したVxRailのバックアップをリモートサイトで行い、圧縮および重複排除されたデータのみ、データセンターに設置したData Domainへ集約するといった利用も可能になる。

 よりきめ細かな、同一データセンター内あるいは他のデータセンターを活用したデータ保護/ディザスタリカバリーでは、VMware vSphereの「vSphere Replication」、Dell EMCの「Recover Point for VMs」も利用できる。どちらもVMwareの仮想マシンを遠隔複製できるが、特にRecover Point for VMsは、書き込み毎にその時点のイメージを保有し、あらゆる時点に復旧することが可能だ。物理障害の場合には、できるだけ直近に戻したいが、アプリケーションのパッチ等による障害の場合、翌日朝に気付くこともある。そうした場合には直近に戻せるだけでは意味がない。パッチを当てる前に戻すこともできるため、物理障害だけでなく論理障害にも対応できる。

異なるRTO/RPO要件に柔軟に対応できるデータ保護機能は、ハイブリッドクラウド化に必須 異なるRTO/RPO要件に柔軟に対応できるデータ保護機能は、ハイブリッドクラウド化に必須

 また、VxRailには「CloudArray」のライセンスが付属している。これにより、VxRailと主要パブリッククラウドのストレージサービスを接続、データの階層化管理ができる。すなわち、利用頻度の少ないデータを、自動的にクラウドへ移行できる。

Enterprise Hybrid CloudとNative Hybrid Cloudが圧倒的な価値を生み出す

 さらにVxRailのソフトウェア機能を象徴するのが、「Enterprise Hybrid Cloud」と「Native Hybrid Cloud」、2つのターンキーソリューションだ。これらは、Dell EMCの他のHCI/CI製品でも提供が進められているが、VxRailでは「スモールスタート」「機動性」という、非常に大きなメリットを享受できる。多くの企業はVxRailでこれらを使い始め、規模の拡大や要件などに応じて他の製品を併用するようになるだろう。

 Enterprise Hybrid Cloudは、ハイブリッドクラウドに求められる一連のソフトウェア機能を備えた、ITをサービス化するためのターンキーソリューション。社内のエンドユーザーはWebポータルで、自らの使いたいサービスを、データ保護機能などと合わせて選択するだけで、自動的かつ即座に使い始めることができる。一方情報システム部門は、エンドユーザーに提供するITサービスのカタログを、簡単な手順で構築できる。コストは透明化でき、ユーザー部門に対して「フェア」なITサービスを提供できる。

 一方のNative Hybrid Cloudは、Pivotal Cloud Foundryを即座に使える環境を提供するターンキーソリューションだ。クラウドネイティブなアプリケーションを開発/運用する基盤製品は他にもあるが、フル機能を提供し、開発者が自らの仕事に専念できる点で、Pivotal Cloud Foundryは特に適している。実際に多数の大手企業が、この製品を活用している。Native Hybrid Cloudでは、これと同じ環境を、どんな企業でも即座に手に入れられる。開発者は情報システム部門に対する申請の面倒なしに、セルフサービスポータルから自分たちの環境を準備し、仕事に取り掛かることができる。

 この2つは単なるソフトウェア機能のバンドルではない。どちらのソリューションでも、全てのソフトウェアについて、VxRailへのインストール・設定がDell EMCのプロフェッショナルサービスにより確立されている。各企業の環境に合わせたカスタマイズと追加設定を行えば、社内のエンドユーザーが迅速に利用を開始できる。

 ハードウェア、ソフトウェアは全てDell EMCグループの製品であり、サポート窓口も統一されているため安心できるだろう。情シス部門も、製品ではなく、環境の運用に徹すればいい。それでも「どんな運用をしたらいいか分からない」、あるいは「どのように社内の利用を促進すればいいか分からない」という企業には、豊富な経験の蓄積に裏付けされた、Dell EMCのコンサルティングサービスを受けることもできる。

 社内のエンドユーザーも、情シス部門も、どちらもITインフラ管理に関わる面倒からは解放され、苦労することなくハイブリッドクラウドの利用やクラウドネイティブなアプリケーション開発が進められる。2つのターンキーソリューションは、こうした世界を既に実現している。

ハードウェアより上に、HCIの価値がある

 企業ITでは、今後ハイブリッドクラウドが前提となる。それぞれのアプリケーションをばらばらにどこで動かすかを考えるのではなく、あらゆるアプリケーションで適切な機能やサービスを機動的に組み合わせて迅速に利用すること、そして、状況の変化に応じて組み合わせを柔軟に変え、最適化を継続することが重要になっていく。

 HCIは、こうしたハイブリッドクラウドのためのベースとなるべきだ。ITインフラの調達だけ早くなったとしても、例えばサービスカタログの提供には数カ月を掛け、別途ワークフローを作る必要があるといったことでは、効果が限定される。インフラ配備からリソースの利用、運用までがターンキー化され、自動化された1つのソリューションとして提供され、あとは利用すればいいというところまでいかないと、意味がない。

 Dell EMCは、ITを包括的にサービス化するハイブリッドクラウド基盤を、インフラレベルからまとめて提供できる、ほぼ唯一のITベンダーだ。そしてVxRailは、単なるサーバやストレージの調達を超えた何らかの改善を考える全ての企業に、まず検討していただきたいハイブリッドクラウドへの架け橋だ。

  • 製品のお見積りはコチラ≫Dell EMC Store<https://store.emc.com/ja-jp/
  • 製品に関するお問い合わせはコチラ≫0120-413-021 / 0120-800-498


提供:EMCジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:@IT 編集部/掲載内容有効期限:2017年5月26日

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る