検索
連載
Tech TIPS:

Windows 10で異なる言語のキーボード配列に誤認識される場合の対処方法

Windows 10でキーボード配列が異なる言語に誤認識された場合の対処方法を紹介する。英語キーボードが日本語キーボード配列として認識されたり、逆に日本語キーボードが英語キーボード配列になってしまったりした場合は、正しいキー配列(キーレイアウト)になるように設定し直そう。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
g+
LINE
Hatena
「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象OS:Windows 10


 日本語版のWindows 10であっても、「英語キーボード(101/102キーボード)」を使いたいような人もいるのではないだろうか。通常は、英語キーボードを接続すれば、自動的に認識して、英語キーボードとして利用できるのだが、場合によっては、英語キーボードが「日本語106/109キーボード」として認識されてしまい、記号キーなどがキートップの印字通りに入力できないことがある。

 また日本語106/109キーボードを接続しているにも関わらず、英語101/102キーボードとして認識されてしまい、例えば「@」キーを押しても「[]が入力されてしまうことがある(Microsoft Surface Proシリーズでよくこの現象が発生することが報告されている)。

「ハードウェアキーボードレイアウト」を変更する

 このような場合、以下の方法でキーボードの配列(「ハードウェアキーボードレイアウト」)を接続しているものに変更しよう。これでキートップの表示と入力される記号キーなどが合致するようになる。

[Windowsの設定]画面
[Windowsの設定]画面
キーボードレイアウトを変更するには、[Windowsの設定]画面((1))で[時刻と言語]((2))を選択する。

[地域と言語]画面
[地域と言語]画面
[時刻と言語]画面((1))を開いたら、左ペインで[地域と言語]((2))を選択する。右ペインの[地域と言語]の「言語」で[日本語]((3))を選択すると、[オプション]ボタン((4))が表示されるので、これをクリックする。

[日本語]画面
[日本語]画面
[日本語]画面((1))が開くので、ここで「ハードウェアキーボードレイアウト」のキーボードレイアウトを確認する。英語キーボードを接続しているのに、ここが「日本語キーボード(106/109キー)」((2))になっているなら、Windows 10がキーボードレイアウトを誤認識している。その場合は[レイアウトを変更する]ボタン((3))をクリックする。ここが正しく認識されている場合は、次項で紹介するデバイスドライバを更新する方法を試す。

[ハードウェアキーボードレイアウト]ダイアログの画面
[ハードウェアキーボードレイアウト]ダイアログの画面
[ハードウェアキーボードレイアウト]ダイアログ((1))が表示されるので、プルダウンリストから「英語キーボード(101/102キー)」((2))を選択し、[サインアウト]ボタン((3))をクリックすると、自動的にサインアウトが行われる。サインインし直すと、キーボードのキーレイアウト(キー配置)が英語キーボードのものに変わるはずだ。なお日本語106/109キーボードにする場合は、「日本語キーボード(106/109キー)」を選択する。

「デバイスマネージャー」でデバイスドライバを更新する

 以上の方法でもキートップの表示と入力される記号キーなどが合致しないような場合は、以下の手順でデバイスドライバを更新してみるとよい。

[デバイスマネージャー]の画面
[デバイスマネージャー]の画面
[スタート]ボタンの右クリックメニューで[デバイスマネージャー]を選択して、「デバイスマネージャー」((1))を開く。「キーボード」((2))をクリックして展開し、「標準PS/2キーボード」や「日本語PS/2キーボード(106/109キー)」((3))などを右クリックして、メニューの[ドライバーの更新]((4))を選択する。

[ドライバーの更新]ウィザード画面(1)
[ドライバーの更新]ウィザード画面(1)
[ドライバーの更新]ウィザード((1))が開くので、「コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索」((2))を選択する。

[ドライバーの更新]ウィザード画面(1)
[ドライバーの更新]ウィザード画面(2)
「コンピューター上の利用可能なドライバー一覧から選択します」((1))をクリックする。

[ドライバーの更新]ウィザード画面(3)
[ドライバーの更新]ウィザード画面(3)
「このハードウェアのためにインストールするデバイスドライバーを選択してください」という画面になるので、「互換性のあるハードウェアを表示」((1))のチェックを外す。製造元に接続しているキーボードのメーカーがあるのであれば、そこからメーカー名を選択し、モデルで接続しているキーボードのモデル名を選択する。通常は、製造元で「(標準キーボード)」((2))を選択し、英語キーボードなら「標準PS/2 キーボード(101/102キー)」((3))、日本語キーボードなら「日本語 PS/2 キーボード(106/109キー)」を選択すればよい。

[ドライバーの更新警告]ダイアログ
[ドライバーの更新警告]ダイアログ
互換性についての警告((1))がダイアログに表示されるが、ここでは[はい」ボタン((2))をクリックする。

 その後、デバイスドライバの更新が行われるが、更新を完了するには再起動が必要となる。再起動を行い、キートップの表示と入力されるキーが合っているか確認する。

「Tech TIPS」のインデックス

Tech TIPS

Copyright© 1999-2017 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

ページトップに戻る