検索
連載
IT用語解説系マンガ:食べ超(124):

人生の自動化ツール、開発に80年ほどいただきます (1/4)

自動化ツールは、使いにくければ使いにくいほどありがたみが増すものです。※皆さんご存じかとは思いますが、本作はフィクションです。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
g+
LINE
Hatena

今日の用語:自動化

一生食べられるエンジニアになるための超IT用語解説 略称:食べ超
登場人物 わたし−新人なのに新人教育を任されて奮闘中、マルコフ君−社長期待の新人。知識はないけど熱意は十分!、コンピュータおばあちゃん−西海岸からやってきた助っ人よ!、社長−勢い重視の経営者、荒木さん−頼れる先輩です!、高田君−気のいい同僚です!


社長「まだ自動化してないの?」わたし「煽られた!!」






わたし「どうなんですか。この手のひら返し」おばあちゃん「またひっくり返っちゃう前に素早くムーブよ!」






荒木さん「私の出番のようですな……」わたし「自動化に関してはトップランクの煮え湯ドリンカーである荒木さん!!」






荒木さん「自動化したら「ずるをしている」と言われたことが数えきれないくらいあります!!」






自動化すると魔女だと思われる






悪いハッカーだと思われてサイバー警察に通報される



       | 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る