検索
ニュース
「深部体温」の予測式やアルゴリズムを現役消防士と実証実験:

帝人、消防士の熱中症リスクを予測する「スマート消防服」を発表

帝人は、センシングデバイスを活用して消防士の位置情報や体温を把握し、熱中症リスクを予測する「スマート消防服」を発表した。同社は今後、同製品を消防士の安全管理システムに活用するという。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
g+
LINE
Hatena

 帝人は2017年10月2日、センシングデバイスを内蔵し、消防士の熱中症リスクを予測する「スマート消防服」を発表した。センシングデバイスは、帝人グループでIT事業を展開しているインフォコムと共同開発した、名刺ケースサイズのもの。難燃性や耐衝撃性に優れるポリカーボネート樹脂「パンライト」を使用して作られている。

 防護衣料を重ねた消防服は、消防士の体内深部に熱を蓄積し、熱中症を引き起こすことがある。同社によれば、多くの企業が熱中症予測に活用する心拍数は、精神状態などの影響も受けるため、熱中症の判断材料としては深部体温の方がより正確だという。同製品は、センシングデバイスを使って消防士の位置情報と衣服内の温度を計測し、火災現場や消防本部の管理システムにリアルタイムで送信。管理システム側で衣服内温度を解析し、深部体温を予測することで、消防士の熱中症リスクを把握する。必要に応じて警報を発信するなど、消防隊員の安全管理システムを構築可能だ。

画像
帝人による参考画像

 同製品開発に際し、帝人は、大阪市立大学と共同で、大阪市消防局の現役消防士を対象にした実証実験を実施。同社が開発した深部体温の予測式やアルゴリズムによって得た予測値と実測値の近さを実証したという。

 帝人は、スマート消防服を、10月11日から東京ビッグサイトで開催される「危機管理産業展2017」で展示する。同社は今後、同製品に位置情報管理などを追加した消防ソリューションの開発や、高温環境で仕事に従事する労働者向けの安全管理技術の拡大を図りたい考えだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る