検索
ニュース
2016〜2021年の年間平均成長率を8.1%と予測:

IDC Japanが国内データセンターサービス市場予測を発表、市場規模が1兆円を超えても成長率は上昇傾向

IDC Japanは、国内データセンターサービス市場の最新予測を発表した。2017年の市場規模は対前年比7.2%増の1兆1780億円、2016〜2021年の年間平均成長率は8.1%で、2021年の市場規模は1兆6230億円と予測する。

Share
Tweet
g+
LINE
Hatena

 IDC Japanは2017年10月5日、国内データセンターサービス市場の最新予測を発表した。2017年の市場規模は、対前年比7.2%増の1兆1780億円になる見込み。2016〜2021年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は8.1%と見ており、2021年の市場規模は1兆6230億円と予測する。

 IDC Japanでは、国内データセンターサービス市場は1兆円を超えても成長率の上昇が継続すると見ており、こうした市場規模の成長にはクラウドサービスの利用拡大が大きく寄与していると考えている。特にAmazon Web Services(AWS)やGoogle、Microsoftといった世界規模でサービスを提供するクラウドの利用を、国内企業や団体が積極的に拡大させていることが要因だと分析している。


国内データセンターサービス市場 売上額予測:2016〜2021年(出典:IDC Japan、10月)

 今回の調査では、データセンターサービス市場を「コロケーション」「クラウドデリバリー・ホスティング」「従来型ホスティング」の3つのセグメントに分けて調査している。

 コロケーションは、顧客が所有するIT機器を事業者のデータセンターに設置して運用するサービス。クラウドデリバリー・ホスティングは、クラウドによって提供されるホスティングサービスだ。従来型ホスティングは、共用レンタルサーバや専用サーバといったクラウド型ではないホスティングサービスである。

 2017年は、3タイプのうちコロケーションが最も多く、半数近くを占めている。一方、クラウドデリバリー・ホスティングは26%程度と見込んでいる。ただ、クラウドデリバリー・ホスティング市場は、今後急速に伸びるとIDCでは予測しており、2021年には3つのセグメントのうち最も多い45%に達すると見ている。

 IDC Japanでは、コグニティブやAI(人工知能)、IoT(Internet of Things)といった新しいデータ処理のニーズが、データセンターサービスの成長をさらに加速させると考えている。IDC JapanのITサービスでリサーチマネージャーを務める伊藤未明氏は、「こうした新たな市場のダイナミズムに対応するため、システムインテグレーター(SI)事業者やITベンダーは、ハイブリッドクラウドやデジタルトランスフォーメーション(DX)、指向型データセンターなどの成長分野に注力することが重要だ」と分析する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る