@IT 特集:いまさら聞けないIaaS選定

スタートアップ企業や大手企業がIaaSなどのクラウドサービスを活用した情報システム運用を進める一方で、約40%の@IT読者は業務システムでのIaaS活用は「これから」の状況。IaaSサービスは見積もりコスト優先? 運用後のトラブルや管理容易性など、利用後のコストはどれくらい考えている? これから始める読者のためのクラウドサービス事業者選定で考えるべきポイントを紹介。

注目記事

クラウド通が指摘するサービス選定のよもやま話:

群雄割拠のクラウドサービス。ユーザーが増えつつある状況で、顧客の声を生で聞き、現場を知る、国内クラウドサービスの中の人々が自社も他社も関係なく、よもやま話を展開。今必要なのは「クラウドの経済」通のアーキテクトだという。その理由は?

(2014年8月26日)
@IT読者1000人くらいと識者に聞きました(1):

2013年、運用管理に関わる@IT読者はどんな人たちだった? アンケート結果で見る現状と課題。

(2014年6月20日)
@IT読者1000人くらいと識者に聞きました(2):

「日本市場全体が一気にクラウドサービスに移行を始める予兆」が見えた? これから始めるクラウドで、うまくITのトレンドに乗って効果を出すための、考えるヒントを識者に聞いた。

(2014年7月4日)
5分でネットがわかるシリーズ(13):

なぜいま、クラウド・コンピューティングなのか。過去の類似コンセプトとの相違や、クラウドの階層と提供事業者、普及度は?

(2008年10月14日)

特別企画- PR -

「IaaSコワイ?」を解消するために国産プロバイダーが考える未来:

@IT読者はIaaSをどこまで使いこなしている? 実は半数近くが「まだこれから」。情報システムの担当者が抱えるリアルな課題と、その解決策を取材した。

(2014年5月12日)

IaaS選定について学ぶ

社内ITとクラウドサービス:

一般企業の社内アプリケーションやデータを、社外のクラウドサービスに置くべきか。「一部のデータやアプリケーションはクラウドサービスに移すとしても、重要なものは、そのまま社内に残す、あるいは残すべき」という意見もあれば、「重要なアプリケーションであってもクラウドサービスに移せる、あるいは移す」という組織も出てきている。

(2014年1月22日)
情シスに贈る“社内プレゼンス向上のヒント”:

テクノロジの進展とともに、ビジネスを有利に遂行するための手段は充実している。だが、ツール/サービスのメリットに注目するあまり、そのメリットを確実に享受するための施策が手薄になってはいないだろうか。

(2013年4月23日)
セキュリティに関する誤解:

IDCの調査によると、米国企業・組織の60%近くが、「クラウドサービス事業者は自社のIT組織よりも高いセキュリティを提供している」と考えているようだ。だが、現状のクラウドサービス事業者は、一般的な企業がセキュリティ面で安心できる十分な材料を提供していない。

(2013年12月25日)
単純化された考えは危険ですらある:

社内運用か、クラウドサービスを使うかをめぐる議論は、いつでも極端な一般化につながる危険性があるから難しい。しかし、あまりにも単純化した議論ばかりしていても、クラウドサービス利用に慎重な人々と、企業ITにおいても未来はクラウドサービスにあると考える人々の間の溝は縮まらない。

(2013年2月5日)
なぜクラウドは「不安」なのか(前編):

利点のみがクローズアップされがちなクラウド、企業が安心して使うには? クラウド利用のリスクと課題を2回に分けて解説する(編集部)

(2010年7月7日)
なぜクラウドは「不安」なのか(後編):

前編「クラウドコンピューティングの心理的課題」に引き続き、クラウドを利用する上で把握しておきたいリスクと課題について解説する(編集部)

(2010年7月13日)
クラウドHot Topics(1):

今世紀最大のIT潮流といっても過言ではないと思われる「クラウド」「クラウドコンピューティング」「クラウドサービス」。本連載では、最新の展開を含めて、クラウドをさまざまな側面から分析する。

(2009年12月15日)
5分でネットがわかるシリーズ(13):

なぜいま、クラウド・コンピューティングなのか。過去の類似コンセプトとの相違や、クラウドの階層と提供事業者、普及度は?

(2008年10月14日)
[Analysis]:

サーバ統合はセキュリティやIT統制の観点からも非常に意義が大きい。サービスとしてのITインフラ――IaaSは、サーバ統合を促進するカギとなる。

(2006年12月18日)

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。