タブレット向けアプリ開発

特集記事 - PR -

Surface Pro 4とWindows 10 Mobileがついに登場:

日本マイクロソフトは11月20日に都内で「1日でWindows 10に対応したアプリ開発手法が習得できるハンズオン〜 Windows 10 UWP Workshop」を開催。4つのWindows 10 Mobile端末やSurface Pro 4、カメラの顔認識や指紋認証による生体認証機能「Windows Hello」、音声認識アシスタント「Cortana」とアプリの連携など、Windows 10の特長を生かしたアプリ開発の魅力を紹介する。

(2015年12月14日)

クロスプラットフォーム開発

「Windowsタブレット向けアプリ開発」先駆けインタビュー

ハウス食品のアプリ「スパイスレシピ」について、移植時のガイドライン活用やAzureを用いた独自機能実装などを担当者から聞いた。

「Windowsタブレット向けアプリ開発」先駆けインタビュー:

累計100万ダウンロードの人気ゲーム「サムライディフェンダー」について、iOS/Androidからの移植対応や独自機能実装などを担当者に聞いた。

UXガイドラインから読み解く

フラットデザインをよく知る筆者が、グリッド、タイポグラフィ、予測の3つの観点からMS提供の「Windows 8.1ユーザー エクスペリエンスガイドライン」を読み解いていく。

次期Visual Studioの全貌を探る:

マイクロソフトが提唱するモバイルファースト、クラウドファーストな時代に向けてVisual Studioはどう変わるのか。プレビュー版を基にその全体像を探っていこう。

クラウド化、サービス化を加速するVisual Studio

TFS機能のオンライン化だけでなく、買収したInReleaseやサードパーティ製「Xamarin」の提供など、盛りだくさんな内容となっているVisual Studio 2013。クラウド/オンプレミスの垣根を越えた環境提供は次のバージョンでも継続する。

特集:Macアプリ開発を体験しよう!

C#言語&.NET(Mono)を使ってMac OS Xアプリを開発できる「Xamarin.Mac」が登場! サンプル・アプリ開発を通して、その概要を紹介する。

Windows AzureのMobile Services SDKがオープンソース化

C#でiOSとAndroidアプリを開発できる機能を提供するため、Xamarinとの提携も発表した。そのためのバックエンドとしてMobile Servicesを利用できるようにする。

特集:.NETでもAndroid開発はできるのか?

.NET開発者だが、Androidアプリを作りたい? そんなときは、.NET Framework互換の実行環境を使って「C#」で開発しよう!

C#

15周年のC#とVisual Studioの現在:

3月中旬、東京・恵比寿のクックパッドにおいて、少し変わった試みが行われた。日本マイクロソフトとクックパッドの6人のエンジニアが力を合わせて「料理」に挑むというものだ。果たして、この試みの目的は何なのか。そして、出来上がった料理はどんなものだったのか。その過程とともにリポートする。

C#のリファレンスです。初心者の学習用途はもちろん、熟練者もチートシートとして使えます。

タブレットアプリ事例

「Windowsタブレット向けアプリ開発」先駆けインタビュー(2):

いわずと知れた旅行情報サイト「じゃらんnet」のアプリをWindows 8リリースと同時にストアに並べた秘訣を聞いた。まだアプリ開発の情報が少ない時期、フラットデザインやコンテンツファーストにどのように取り組んでいったのだろうか。

(2013年11月13日)
「Windowsタブレット向けアプリ開発」先駆けインタビュー(1):

日本料理のレシピを海外に紹介するアプリ「Ippin」。初物づくしのアプリ開発を成功させた秘訣をディレクターに聞いた。コミュニケーションツールやドキュメントに盛り込んだ数々の工夫とは、どんなものだったのだろうか。

(2013年10月24日)

謎のキャラ今出しょう子をマスコットに据えたコンテストを勝ち上がった10作品のプレゼン模様などをお届け。

(2013年6月26日)

NFCを使った非常時ソリューション、Kinectの新感覚ゲーム、ノンコーディング2D/3Dゲーム開発ツール、Markdownエディタなどを紹介。

(2013年4月23日)

タブレットアプリの作り方

連載:Windowsストア・アプリ開発入門:第1回

ついにWindows 8.1の正式版がMSDNサブスクライバー向けに公開された。無償アップデートとなるため、今後は新しいWindows 8.1ストア・アプリが一般化するだろう。最新環境向けに新たにアプリ開発を始める人のための連載がスタート。

UXClip(11):

12月3日夜、Windows 8のハードウェアやアプリを開発者向けに紹介するイベントが行なわれた

開発の概要や、プッシュ通知ができるライブタイルなどWindows特有の機能を追加する方法、事前審査テスト時の注意点なども。

マイクロソフトと協力しWindowsアプリ開発者を支援:
Windows Phoneなどモバイルアプリもサポート予定:
連載:業務系でのタッチ・アプリの可能性:

業務アプリのマルチタッチ対応では、何をすればよいのか? 参考にするため、Office 2013 on Surfaceのタッチ対応を見てみよう。

連載:Windowsランタイム・コンポーネントによるコードの再利用:

Windowsランタイム・コンポーネントの概要と、Windowsストア・アプリの実行環境、Windowsストア・アプリで既存のコードを再利用する際の基本方針を解説。

Windows 8/8.1とは? Windows RTとは?

Windows 8レボリューション:

ついに完成した次期Windows OS。タッチ操作を強く意識した新UIを持つWindows 8はどれだけ革新的か? まずはエディション構成と、ユーザー・インターフェイスとインストールの概要から解説。

Windows 8.1クロスロード:

タブレットPCやタッチ操作デバイス向けに開発されたWindows 8の登場から1年、もう次のバージョンがリリースされようとしている。Windows 8.1ではGUIの改善だけではなく、内部的にもさまざまな機能強化や改善が行われている。今回はWindows 8.1の機能を一覧する。

Windows TIPS:

Windows 8.1はWindows 8ユーザーに対しては無償で提供されている。Windows 8.1にアップデートするには、Windows Updateで更新プログラムを適用後、Windowsストアでアップデート用ファイルを入手して実行すればよい。その手順を紹介する。

Windows Insider用語解説:

WindowsベースのタブレットPCには、Windows 8に混じって「Windows RT」と呼ばれるOSがしばしば採用されている。見た目はWindows 8そっくりだが、何が違うのか? 特長とメリット/デメリットを解説する。

特集:デスクトップでもWinRT活用:

WinRTは「Windowsストア・アプリのためだけの実行環境とライブラリ」ではない?! デスクトップ・アプリからWinRTを使う方法を解説する。

トレンドマイクロが技術白書公開:

トレンドマイクロは2012年11月9日、Windows 8利用時のセキュリティ上の留意事項を解説した「ウイルスバスター クラウド×Windows 8技術白書」を公開した。

Windows 8レボリューション:

Windows 8の大きな特徴の1つであるWindowsストア・アプリについて、そのインストール方法やインストール済みアプリの管理方法などを詳しく解説する。

Windows 8.1クロスロード:

Windows 8.1では検索や共有チャームの機能が強化され使いやすくなっている。新しいWindowsストア・アプリについても解説。

登録料の値下げも:

マイクロソフトは、これまで別々に登録する必要があった「Windowsストア」と「Windows Phoneストア」向けの開発者アカウントを一本化することを明らかにした。併せて登録料も値下げした。

還暦からのスタートアップ!:

Windowsストアに310個のアプリを公開した筆者が、実体験を交えながら日本マイクロソフト提供の「アプリのプロモーション〜 初めてガイド〜」を読み解いていく。iOS/Androidアプリ開発者もご参考に。

搭載250機種が一斉リリース:

マイクロソフトはWindows 8の提供を正式に開始した。Windowsストアもスタートし、いよいよWindows 8プラットフォームが市場投入となる。

ハードウェアのプロがデバイス&サービスカンパニーを強調する意図:

マイクロソフトが「デバイス&サービスカンパニー」になったとき、Windowsアプリケーション開発者にはどんな利益があるだろうか。iOS向けアプリケーションとは違うアプローチでのビジネスの芽を探る。

NFCとの連携、アプリ内広告やプッシュ通知の使い方、普及期にあるアプリストアを制する方法、Windowsストアアプリのデザインガイドラインを中心に据えた次世代のUIなどについてまとめてお届けする。

日本マイクロソフトはWindows 8端末の法人向け導入を支援する「Windows 8アプリ検証ラボ」の設置を発表した。ラボは2013年3月まで設置する。

Android ロボットは、Google が作成、提供しているコンテンツから複製または変更したもので、クリエイティブ・コモンズ 3.0 表示ライセンスに記載の条件に従って使用しています。

この記事に関連するホワイトペーパー

Focus

- PR -

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。