News : @ITのニュースから、テクノロジーとトレンドを探る

@ITのニュースから、テクノロジーとトレンドを探る

日本独自のセキュリティ技術実現を目指し:

東京大学は2015年8月6日、サイバーセキュリティに関する研究や専門人材の育成などを目的とした研究グループ、「SISOC-TOKYO」の活動開始を発表した。独自技術の研究やシミュレーションによる人材教育などを行っていくという。(2015年8月7日)

新着News

news159.jpg
VMworld 2015:

米ヴイエムウェアは8月31日(米国時間)、米サンフランシスコで開催中のVMworld 2015で、コンテナインフラの「VMware vSphere Integrated Containers」と「VMware Photon Platform」のテクノロジープレビュー版を発表した。特にPhoton Platformは、開発者主導のコンテナインフラ展開につながる点で、注目される。(2015年9月1日)

news055.jpg
「毎週20億以上のコンテナを立ち上げている」:

米グーグルがGoogle Cloud Platform上で提供しているDockerコンテナオーケストレーション/管理サービス、Google Container Engineが2015年8月26日、ベータ段階を終了、一般提供が開始された。毎週20億以上のコンテナを立ち上げているグーグルの経験に基づくサービスだとしている。(2015年8月28日)

news118.gif
NTTドコモのスマートフォンで採用:

パスワードではなく、生体認証などを使った仕組みで注目を浴びる「FIDO」。その創設メンバーの1社、ノックノックラブズが日本に進出する。既にNTTドコモのスマートフォンの指紋認証/決済のシステム内に 、同社のNNL S3 Authentication Suiteが採用されている。(2015年8月27日)

news039.jpg
セキュリティ・キャンプ全国大会 2015リポート:

2015年8月11日から15日にかけて、4泊5日の合宿形式で「セキュリティ・キャンプ全国大会 2015」が開催され、選考をくぐり抜けた22歳以下の若者、50人が参加した。(2015年8月25日)

news034.jpg
bluemixにdashDBが登場 既存データ資産の行方は?:

OSSを含むアプリケーション実行環境をPaaSとして提供する「Bluemix」に蓄積データの分析・加工を得意とする「dashDB」とPaaS版「InfoSphere Streams」(β版)が加わった。データ分析基盤でのPaaS利用は進むか。(2015年8月24日)

news142.png
「Sass」ベースへ移行、IE8サポートは終了:

2015年8月19日(米国時間)、オープンソースCSSフレームワーク「Bootstrap 」の最新バージョン「Bootstrap 4 alpha」がリリースされた。(2015年8月21日)

news056.jpg
既存機種を上回るVM集約率を実現:

仮想化専用ストレージの米ティントリは2015年8月20日(米国時間)、オールフラッシュストレージの新製品シリーズ、「Tintri VMstore T5000 All-Flash series」を9月に出荷開始すると発表した。6月に同社は、これを暗示する発言をしていた。(2015年8月21日)

news053.jpg
ガートナーに聞く:

TableauなどのセルフサービスBIツールが、BI 市場を席巻しているように見える。だが、IT調査会社のガートナーは、BIの世界が次の段階に進みつつあると指摘する。では、どう進展していくのか。(2015年8月20日)

news108.jpg
家庭用ネットワーク機器などの悪用も:

アカマイ・テクノロジーズは2015年8月18日(米国時間)、セキュリティ脅威に関する分析リポート「インターネットの現状」の2015年第2四半期版を発表した。DDoS攻撃の件数が2014年同期に比べて2倍超に増加していた。(2015年8月19日)

news101.jpg
顧客の安全より知的財産の保護を優先?:

2015年8月10日(米国時間)に、米Oracleのブログに同社のCSOが投稿した記事の内容が、Twitter上などで物議を醸している。(2015年8月12日)

Loading

ホワイトペーパー(TechTargetジャパン)

注目のテーマ

転職/派遣情報を探す

【転職サーチ】SIer/Web企業/新規事業 スマホ開発で、あなたのキャリアを生かす

「派遣・フリーで働くメリット」とは? 活躍する派遣エンジニアの本音

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。