News : @ITのニュースから、テクノロジーとトレンドを探る

@ITのニュースから、テクノロジーとトレンドを探る

icon
今後4年間に予想されるクラウド/IoTの脅威とは:

マカフィーが「McAfee Labs 2017年脅威予測レポート」を公表。2017年に注意すべき脅威、今後クラウドとIoT分野のセキュリティで注視すべき点などを提言した。(2016年12月02日)

新着News

news158.jpg
AWS re:Invent 2016:

米Amazon Web Services(AWS)は2016年11月30日(米国時間)、「AWS re:Invent 2016」で多数の製品を発表した。このうちAI関連以外の発表をおさらいする。(2016年12月1日)

news117.jpg
AWS re:Invent 2016:

米Amazon Web Services(AWS)は2016年⒒月30日(米国時間)、コグニティブコンピューティング/ディープラーニングを活用した3つの新サービスを発表した。提供中のAmazon Machine Learningと合わせ、同社のAI関連サービスの姿が見えてきた、(2016年12月1日)

news099.jpg
2017年に向けて「何」を考えるべきか、マイクロソフトが提言:

今や企業にも広く普及しつつあるクラウドだが、「誤解」もまだ多い。マイクロソフトが2016年版の「クラウドの誤解 トップ6」を挙げ、背景や現状を解説した。(2016年12月1日)

news082.jpg
PredixとSAP HANA Cloud Platformの統合を強化:

GEデジタルとSAPが産業用IoT分野で協業。GEデジタルの産業機器向けプラットフォームとSAPのクラウドデータ基盤を統合する取り組みを強化し、ITとOTの相互運用と融合した業界標準の確立を目指す。(2016年12月1日)

news149.jpg
AWS re:Invent 2016:

Amazon Web Services(AWS)は年次イベント「AWS re:Invent 2016」で、組織における複数のAWSアカウントの一括管理および階層的アイデンティティ管理を実現する「AWS Organization」を、限定プレビュー機能として発表した。また、ストレージ関連で複数の発表をしている。(2016年11月30日)

news089.jpg
スパコン「京」の技術を用いたAI専用プロセッサも2018年出荷へ:

富士通がAI技術群「Zinrai」用いた、“企業のAI活用を加速”させるためのサービス5種を開発。スーパーコンピュータ向けの並列処理技術とGPUコンピューティングで世界最速クラスの処理性能があると主張するディープラーニング処理基盤や、AI処理向けAPI、アセスメントサービスなどを用意し、企業のAIシステム導入を支援する。(2016年11月30日)

news088.jpg
コンピューティングの在り方を大きく変える概念:

米ヒューレット・パッカード・エンタープライズが、2020年のリリースを予定する「The Machine」の概念実証プロトタイプを開発し、デモに成功した。(2016年11月30日)

news090.jpg
従来型からクラウドITインフラへの投資シフトが加速:

IDCジャパンが2016年から2020年までの国内エンタープライズITインフラストラクチャ市場予測を発表。2016年の市場規模は対前年比6.8%減の7549億円、2020年までのCAGRはマイナス2.8%と見込まれる。従来型のITインフラから、クラウドITインフラへの投資シフトも顕著になった。(2016年11月30日)

news067.jpg
グローバルSIMが正式サービス開始:

ソラコムは2016年⒒月29日(米国時間)、AWS re:Invent 2016で、データ収集・蓄積サービスの「SORACOM Harvest」、および同社の米国進出を発表した。(2016年11月30日)

news049.jpg
先端AI技術群「NEC the WISE」:

NECが、周辺環境の音を解析して、今起きている状況をAIで認識する「音状況認識技術」を開発。公共施設や観光地での犯罪/事故の検知や、高齢者宅での見守り能力の高度化が期待される。(2016年11月29日)

news062.jpg
セールスフォースとの提携はIoT?:

日本時間では11月30日に、Amazon Web Services(AWS)の年次カンファレンス「AWS re:Invent 2016」が開幕する。原稿執筆時点ではプレス向けの情報発信も全く行われていないが、今年はどんな発表やメッセージが考えられるか。筆者の勝手な予想をお届けする。(2016年11月29日)

news072.jpg
NVIDIA Tesla搭載GPUサーバ提供プランも用意:

IDCフロンティアが東日本エリア2カ所目となる大規模クラウド拠点を新設し、稼働を開始。「NVIDIA Tesla M40」を利用できるGPUサーバ提供プランなども提供する。(2016年11月28日)

news046.jpg
日本語対応の音声翻訳「Speech API」も近日公開へ:

日本マイクロソフトは、近日中に音声翻訳向けのMicrosoft Translator Speech APIを日本語に対応させる。ニューラルネットワークを利用して、品質が高く、より自然な翻訳を可能にしたという。(2016年11月25日)

news053.jpg
単一インスタンス対応SLA、Azure HUBの利用範囲も拡大:

マイクロソフトは、Microsoft Azureでの大規模エンタープライズワークロード向けの強化強化を目指し、SAP HANAソリューション向けの新しい大規模インスタンスを発表。単一インスタンスVM用のSLAや、幾つかのAzure HUBイメージの提供も開始した。(2016年11月25日)

news049.jpg
広くエンジニアに使ってもらいたい:

ヤフーがビッグデータ分析分析領域の最先端技術となる、高次元データの高速検索技術「NGT」をオープンソースソフトウェアとして一般公開。同様の主流/先端技術と比べて、言語データ/画像特徴データを約12倍以上高速に検索できるという。(2016年11月25日)

news075.jpg
日本企業は先進的な使い方をしている:

F5ネットワークスジャパンは2016年11月24日、同社のアプリケーションデリバリコントローラ(ADC)製品を一新し、「BIG-IP iシリーズ」として2017年2月1日に発売すると発表した。また、コンテナ環境を可視化し、セキュリティ/可用性/パフォーマンス管理ができるソフトウェア製品を2017年第1四半期に提供開始するという。(2016年11月25日)

news116.png
進化するサイバー攻撃へのベストな対抗策:

いまだ勢いの衰えない、標的型(APT)などのサイバー攻撃――。次々と新しい手法が登場する今、システムを守るには、最新のセキュリティ対策を実施する必要がある。そのための最も確実な方法は、最新OSへの移行/アップグレードだ。Windows 10/Windows Server 2016には「Pass-the-Hash(PtH)攻撃」にも耐えられる、高度で強力なセキュリティ機能が搭載されている。(2016年11月24日)

news065.jpg
構築、開発から運用、サポートまでをワンストップ型の月額課金制で展開:

日立製作所が、SAP HANAのフルマネージド型クラウドサービスを開始。専任サポート付きで、環境構築から運用までのサービスを一括して提供する。(2016年11月24日)

news120.jpg
Trend Micro DIRECTION特別講演:

トレンドマイクロが2016年11月18日、「情報セキュリティカンファレンス Trend Micro DIRECTION」を開催。本稿では、三菱化学エンジニアリング、太陽生命保険、ローソンが取り組むセキュリティ対策の講演の模様をレポートする。(2016年11月22日)

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。