Think Parallelで行こう!

第2回 現代のプロセッサと並列実行

株式会社フィックスターズ
中村 孝史

2009/8/24

CPUの周波数の高速化競争が頭打ちになり、1コアにおける処理能力は限界となった。CPUの進化がマルチコア化に向かった結果、並列コンピューティングの門戸が開かれた(編集部)

マルチプロセッサ概説

- PR -

 プロセッサのハードウェアは、並列プログラムとは切っても切れない関係にあります。

 第1回「並列処理を体感してみよう」で説明したとおり、並列プログラムが流行する背景には、直列プログラムの高速化の限界があります。この限界は、並列化を引き起こしたというだけでなく、これまでの汎用プロセッサではあまり見られないメモリアクセスの方法や、命令実行の方法を採用したプロセッサの登場を引き起こしました。

 かつてプログラムの最適化というものは、命令実行に必要なクロック数や、命令数、レジスタ数を考慮したプログラムを書くという意味でした。現代ではこれらの最適化については、パイプライン実行やレジスタ数の増加、コンパイラの最適化技術の発達によって、かなりうまく抽象化されています。

 しかし、メモリアクセスの方法や特殊な命令の実行をうまく抽象化する方法はまだ見つかっておらず、これらを考慮したプログラムを書くには、プログラマが問題にあわせて創意工夫をする以外の方法はありません。

 つまり、並列プログラミングの時代には、プログラマが特殊なメモリアクセスや命令実行の方法などを理解したうえで、それにあわせた並列プログラムを書く必要があるのです。

 ハードウェアを知らずして並列化を語るなかれ、ということで、今回は「現代のプロセッサと並列実行」と題しまして、現在の一般的なプロセッサに見られる並列ハードウェアについて解説していきます。

いまどきのプロセッサの構成

 並列というと、マルチプロセッサやマルチコアのことを想像する方が多いと思いますが、実際のハードウェアを見るとほかにもさまざまなレベルで並列実行が行われている個所を発見できます。

 ここではそれらを含めて現代のプロセッサに使われている並列実行の仕組みとその仕組みが採用される背景について説明します。

 まずは、現代の一般的な汎用プロセッサのハードウェア構成について説明しましょう。並列ハードウェアは、いくつかあるハードウェアのうち、どの部分が並列に動作するかによって分類されており、並列ハードウェアを知るためにはプロセッサの構成というものを知っておく必要があります。

 いまどきのプロセッサの構成のブロック図を示します。

図1 いまどきのプロセッサの構成のブロック図
いまどきのプロセッサの構成のブロック図

 各部をそれぞれ説明していきましょう。

architectural state

レジスタなどプログラムを実行するために必要なプロセッサの状態全体を含む部分です

命令デコーダ

メインメモリもしくは命令キャッシュに含まれる命令をハードウェアを実行するための信号に変換する部分です

実行ユニット

命令デコード後の信号を解釈して実際に計算を行う部分です

キャッシュ

メモリアクセスを高速化するためにメインメモリにある命令やデータを一時的に蓄えておく部分です

メモリコントローラ

メインメモリとのデータのやりとりを行う部分です

バス

メインメモリや周辺機器のデータを運ぶ部分です

メインメモリ

データを蓄えておく部分です(ここではキャッシュメモリと区別するために「メイン」メモリとしておきます)

 実際のハードウェアになると、もう少し細かく区切られたり、区切りが曖昧になったりしますが、大体はこのような理解で問題ないと思います。

スーパースカラー

 先ほどのブロック図で示したように構造を分けた場合、プログラムの実行を速くするには、その名前からして実行ユニットを並列化して同時に複数の命令を実行できるようにすればよい、という気がします。

 これは実際にそのとおりで、どんなプログラムもよく見ると並列処理できる個所があるのです。例えば、リスト1のように何も考えずに書いたシングルスレッドのプログラムのループでもiのインクリメント、iとnの比較、そしてsum+=a[i]の部分は同時に実行できます(iの値の更新に注意する必要がありますが)。

●リスト1 何も考えずに書いた合計を求めるプログラム
for (i=0; i<n; i++) {
   sum += a[i];
}

 これを同時実行できるハードウェアがあれば、プログラムを高速実行できるようになるでしょう。

 スーパースカラーは、これを実現するもので、実行ユニットを並列化したものです。また、実行ユニットが複数になった場合、それにあわせて複数の命令を同時にデコードする必要があるため、命令デコーダも並列化してあります。

 スーパースカラーのブロック図を示します。図中で黄色で示される部分が並列化されている個所です。

図2 スーパースカラープロセッサのブロック図
スーパースカラープロセッサのブロック図

 スーパースカラーは基本的にはソフトウェアからは見えないようになっていますが、スーパースカラーを意識してプログラムを書き、プログラムを高速化することは可能です。

 例えば、足し算を一度に複数実行できるプロセッサの場合は、リスト2のように書くことで高速化できる場合があります。

●リスト2 スーパースカラーを意識した合計を求めるプログラム
for (i=0; i<n; i+=2) {
   sum0 += a[i+0];
   sum1 += a[i+1];
}
sum = sum0 + sum1;

 リスト1のプログラムでは加算に依存があるため並列実行できませんが、リスト2のプログラムでは依存がなく加算が2並列同時実行できます。

 
1/3
next

Index
現代のプロセッサと並列実行
Page1
マルチプロセッサ概説
いまどきのプロセッサの構成
スーパースカラー
  Page2
Single Instruction Multiple Data
マルチコア・マルチプロセッサ
  Page3
ハードウェアマルチスレッド

index Think Parallelで行こう!

TechTargetジャパン

Coding Edge フォーラム 新着記事

@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

2014年、アジアで流行しそうなデジタル8分野を予測
2014年残り9カ月、APAC地域で流行すると思われるデジタルトレンドは何か。ClickZ.com で...

東京カンテイ、「Oracle Database Appliance」を導入 ―― 不動産関連のビッグデータ分析基盤を構築
日本オラクルとアシストは4月16日、土地/建物など不動産データの情報提供サービスを展開...

消費者のリアルタイムな行動を追え――複雑化する消費者心理を把握する手法「RET」とは?
宣伝会議が主催する「AdverTimes DAYS」が4月15日〜16日、東京・千代田区で開催された。...