Ruby on Rails 2.0も強力サポート

生産性を向上させるRuby向け統合開発環境カタログ

佐藤 聖規

2008/8/18

生産性が高いと評判のプログラミング言語「Ruby」。統合開発環境を整えることで、さらに効率的なプログラミングが可能になる(編集部)

 システム開発現場で使えるIDEとは

- PR -

 RubyのWebアプリケーションフレームワークであるRuby on Railsの一般公開から4年がたち、システム開発の現場でもRubyの採用を耳にするようになってきました。

 2007年12月にはRuby on Rails 2.0も登場し、Rubyはますます利用シーンが増えています。

 スクリプト言語の場合、テキストエディタとコマンドラインコンソールで操作するケースが多いですが、快適なプログラミングを行うにはやはりIDE(統合開発環境)が必要です。

 Javaや.Netの開発現場ではEclipseVisual StudioといったIDEが開発には欠かせません。Rubyの開発では、まだまだIDEの利用率は低いかもしれませんが、IDEを使うと「シンタックス(文法)チェック」「コーディングアシスト」「GUIデバッガ」などのさまざまなメリットを享受し、Rubyの高い生産性をさらに向上させることができます。

 そこで、本稿では実際のシステム開発現場をサポートできるレベルのIDEを3つ紹介し、その特徴を解説します。選定の基準は「Ruby on Rails 2.0をサポートし、IDEとしての基本機能を最低限備えていること」です。

 今回、取り上げるIDEは次のとおりです。

 評価ポイントは以下のとおりです。各機能を充実度に応じて「優」「良」「可」「不可」で評価します。

  • インストールの手軽さ
  • 基本機能
    −エディタ
    −デバッガ
    −テスト
    −リファクタリング
    −サーバ統合
    −Ruby、Railsコマンド実行
  • 付加機能
    −HTML、JavaScript編集
    −データベース管理サポート
    −バージョン管理サポート
  • 日本語化、サポートほか
 
1/5

Index
生産性を向上させるRuby向け統合開発環境カタログ
Page1
システム開発現場で使えるIDEとは
  Page2
NetBeans〜オールインワンIDE
  Page3
Aptana Studio+RadRails〜Web 2.0もサポート
  Page4
3rdRail〜本格的な商用IDEでサポートが充実
  Page5
Ruby IDE選択のポイント

Coding Edgeフォーラム トップページ

 Ruby/Rails関連記事
プログラミングは人生だ
まつもと ゆきひろのコーディング天国
 ときにプログラミングはスポーツであり、ときにプログラミングは創造である。楽しいプログラミングは人生をより実りあるものにしてくれる
生産性を向上させるRuby向け統合開発環境カタログ
Ruby on Rails 2.0も強力サポート
 生産性が高いと評判のプログラミング言語「Ruby」。統合開発環境を整えることで、さらに効率的なプログラミングが可能になる
かんたんAjax開発をするためのRailsの基礎知識
Ruby on RailsのRJSでかんたんAjax開発(前編)
 実はAjaxアプリケーション開発はあなたが思うよりも簡単です。まずはRuby on Railsの基礎知識から学びましょう
Praggerとnetpbmで作る画像→AA変換ツール
Rubyを使って何か面白いものを作ってみよう!
 一般的な画像をアスキーアートに変換するツールを作ってみる。さらに出力にバリエーションを持たせてみよう
コードリーディングを始めよう
Railsコードリーディング〜scaffoldのその先へ〜(1)
 優れたプログラマはコードを書くのと同じくらい、読みこなす。優れたコードを読むことで自身のスキルも上達するのだ
  Coding Edgeフォーラムフィード  2.01.00.91


Coding Edge フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

注目のテーマ

Coding Edge 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH