Oracle管理者のためのSQLリファレンス

データベースの停止(SQL*Plus版)

SQL*Plusを使ってOracleデータベースのインスタンスを停止するには、SYSDBAあるいはSYSOPERシステム権限でOracleデータベースに接続し、SHUTDOWNコマンドを発行します。データベースの停止には、「NORMAL」「IMMEDIATE」「TRANSACTIONAL」「ABORT」という4つの停止モードがあり、状況に合わせて使い分けます。(SQLの表記ルールは、こちらから参照できます)

データベース停止の準備
SQLPLUS /NOLOG
手順1 まず、データベースに接続せずに、SQL*Plus を起動します。コマンドラインから「/NOLOG」オプションを付けてSQLPLUSコマンドを発行します。
CONNECT username/password AS [SYSDBA | SYSOPER]
手順2 SQL*Plusセッションを起動したら、管理者アカウント(デフォルトではsysまたはsystem)として、SYSDBA(あるいはSYSOPER)システム権限でOracleデータベースに接続します。これで、データベース・インスタンスを停止する準備が完了します。
関連項目:権限を確認する

NORMALモードによるデータベースの停止
SHUTDOWN NORMAL
データベースを通常の状況で停止するには、SHUTDOWNコマンドでNORMAL句を指定します。NORMALモードでは、SHUTDOWNコマンドが発行された後は新しい接続は許可されません。また、現在データベースに接続しているすべてのユーザーがデータベースからの切断するのを待機した後、データベースは停止します。次にデータベースを起動する際、インスタンス・リカバリの手順は必要ありません。
関連項目:IMMEDIATEモードによるデータベースの停止 TRANSACTIONALモードによるデータベースの停止 ABORTモードによるデータベースの停止

IMMEDIATEモードによるデータベースの停止
SHUTDOWN IMMEDIATE
データベースを即時停止するには、SHUTDOWNコマンドでIMMEDIATE句を指定します。IMMEDIATEモードでは、SHUTDOWNコマンドが発行された後は新しい接続や新しいトランザクションの開始は許可されません。また、コミットされていないトランザクションはすべてロールバックされます。現在データベースに接続しているユーザーが切断されるのを待機せず、直ちにデータベースは停止します。アクティブなトランザクションは暗黙的にロールバックされ、接続中のユーザーはすべて切断されます。次にデータベースを起動する際、インスタンス・リカバリの手順は必要ありません。
関連項目:NORMALモードによるデータベースの停止 TRANSACTIONALモードによるデータベースの停止 ABORTモードによるデータベースの停止

TRANSACTIONALモードによるデータベースの停止
SHUTDOWN TRANSACTIONAL
アクティブなトランザクションを完了してからインスタンスを停止するには、SHUTDOWNコマンドでTRANSACTIONAL句を指定します。TRANSACTIONALモードでは、SHUTDOWNコマンドが発行された後は新しい接続や新しいトランザクションの開始は許可されません。すべてのトランザクションが完了すると、インスタンスに接続されているすべてのクライアントが切断され、データベースは停止します。次にデータベースを起動する際、インスタンス・リカバリの手順は必要ありません。
関連項目:NORMALモードによるデータベースの停止 IMMEDIATEモードによるデータベースの停止 ABORTモードによるデータベースの停止

ABORTモードによるデータベースの停止
SHUTDOWN ABORT
データベース・インスタンスを強制終了することで、データベースを直ちに停止するには、SHUTDOWNコマンドでABORT句を指定します。このモードでの停止は、データベースまたはデータベース・アプリケーションの一部が異常に動作しており、ほかの停止モードがどれも機能しない場合に使用します。SHUTDOWNコマンドが発行された後は、新しい接続や新しいトランザクションの開始は許可されず、処理されている現行のクライアントSQL文は直ちに終了し、コミットされていないトランザクションはロールバックされません。また、現在データベースに接続しているユーザーが切断されるのを待機しません。接続中のユーザーはすべて暗黙的に切断されます。次にデータベースを起動する際、インスタンス・リカバリの手順が必要になります。
関連項目:NORMALモードによるデータベースの停止 IMMEDIATEモードによるデータベースの停止 TRANSACTIONALモードによるデータベースの停止

Oracle管理者のためのSQLリファレンス



   Oracle関連記事リンク集

.NETでOracleアプリを作ろう

本記事では、Oracleが提供する.NETプラットフォーム開発向けのミドルウェアやツールを使って、.NET環境でOracleアプリケーション開発を効率的に行うためのノウハウを解説する

最終更新 2006/3/7

ODP.NETファーストステップ

Visual Basicから.NETへの移行を考えているOracleアプリケーション開発者に向けて、「Oracle Data Provider for .NET」を使うメリットや独自機能、新しいプログラミング・スタイルなどを解説する

最終更新 2005/2/26

Excel‐Oracle連携

企業にはIT化されていないデータが膨大に蓄積されている。これをOracleデータベースと連携させて活用できれば、紙ベースの承認や手作業のデータ打ち込みは不要になる。そのコスト削減効果は莫大だ。本連載はExcelに溜め込んだ“死蔵データ”をOracleデータベースによって復活・活用するための全テクニックを紹介する

最終更新 2005/9/9


Database Expert フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

注目のテーマ

Database Expert 記事ランキング

本日月間
ソリューションFLASH