解説

ASP.NETで学ぶVisual Studio .NETの魅力
――基礎から学ぶ IDE連携システム開発――

第4回 Visual Studio.NETでプログラム・レス開発を学ぶ(後編)

山田 祥寛
2003/07/29
Page1 Page2 Page3 Page4


Back Issue
1
Visual Studio .NETのイロハ
2
Visual Studio.NETでプログラム・レス開発を学ぶ(前編)
3
Visual Studio.NETでプログラム・レス開発を学ぶ(中編)

 サーバ・コントロールでプログラム・レス開発を学ぶ3回目の今回は、代表的なリッチ・コントロールCalendarと、サーバ・コントロールを複合的に組み合わせて構築するユーザー・コントロールについて紹介する。前回にも紹介した検証コントロールやデータベース連携の知識も必要となるので、前回の内容を理解されていない方は、そちらを併せて参照していただきたい。

カレンダー上で予定を参照する
〜Calendarコントロール〜

 リッチ・コントロールのひとつ、Calendarコントロールを利用して、簡単なスケジュール帳を作成してみよう。

Calendarコントロールを利用した簡単なスケジュール帳
日付をクリックすると、該当する日付のスケジュールを表示する。

 従来のASPなどでは月々のカレンダーを作成するだけでも一苦労であったが、ASP.NETではあらかじめ用意されたCalendarコントロールを利用するだけで簡単にWebページ上にカレンダーを作成できてしまう。

 スケジュール情報はSQL Serverから抽出することにするが、先に学んだクエリ・デザイナを利用すれば、自分で記述するコードはわずかに数行ですむはずだ。ここでは、あくまで最低限の動作だけを実装してみるが、いくらでも発展の可能性がある題材なので、余力のある方はぜひ自分なりに改良してみてほしい。

 それでは、以下に構築までの手順を紹介してみよう。

(1)サーバ・コントロールを配置する

 以下図のように、CalendarコントロールとLiteralコントロールを配置してみよう。配置するコントロールと最初に設定しておくべきプロパティの組み合わせは、表のとおりである。

Calendarコントロールを配置したWebフォーム
各コントロールをドラッグ&ドロップして、次の表に示す内容でプロパティを設定する。
 
コントロール プロパティ
Calendar (ID) Calendar1
Literal (ID) Literal1
各コントロールのプロパティ設定

 Calendarコントロールの外見は、フォーム・デザイナ上でCalendarコントロールを右クリックし、コンテキスト・メニューの[自動フォーマット]から「カレンダーの自動フォーマット」を設定することで簡単に整形することができる。もちろん、自分なりのレイアウトを作成したい場合には、プロパティ・ウィンドウから個々のプロパティを設定することも可能だ。

カレンダーの自動フォーマット
ここでは、「プロフェッショナル2」というデザインを選択してみた。

 Literalコントロールは、カレンダーの日付を選択したタイミングで、クライアント・サイド・スクリプト(今回はJavaScriptを使用)を埋め込むための一種のプレイス・ホルダ(PlaceHolder)と思っておけばよい。Labelコントロールを使用しないのは、Labelコントロールが出力に際して余計な<span>タグを出力してしまうためである。一方のLiteralコントロールは単なるテキストしか出力しないため、フォントの加工などは一切できないものの、クライアント・サイド・スクリプトのような不可視の情報を出力するようなケースには都合がよい。


 INDEX
  ASP.NETで学ぶVisual Studio .NETの魅力
  第4回 Visual Studio.NETでプログラム・レス開発を学ぶ(後編)
  1.Calendarコントロールで簡易予定表を作る
    2.予定を格納するデータベースの作成
    3.Webユーザー・コントロールの作成
    4.Webユーザー・コントロールを配置する
 
インデックス・ページヘ  「解説:ASP.NETで学ぶVisual Studio .NETの魅力」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH