.NET開発者中心 厳選ブログ記事

Windows Azureの新IaaS機能「Virtual Machines」活用TIPS(前編)
―― 「Windows Azure TIPS − シグマコンサルティング」より ――

シグマコンサルティング株式会社 橋本圭一
2012/06/28
Page1 Page2 Page3

Virtual Machines(VMs)上のWindows OSを日本語版にする

 前述したとおり、VMsではOSイメージのリストから1つのイメージを自分で選択して、そのVMインスタンスをWindows Azure上に立ち上げられます。いわゆるIaaSとして利用できるので、OS層から自分でカスタマイズし、独自のミドルウェアなどをインストールできます。

 ただし、現状のAzureポータル・サイトからは、英語版のWindows OSのイメージが提供されているため、日本語版として利用するには多少のカスタマイズが必要です。 また、SQL Serverの日本語版をインストールするためには、OSも日本語にする必要があります。

 そこでここでは、VMsでイメージとして提供されるWindows Server 2008 R2を日本語版にカスタマイズする方法を紹介します。

VMsからWindows Server 2008 R2のイメージを選択してVMインスタンスを立ち上げる

 まずポータル・サイト上のVMsで、Windows Server 2008 R2のイメージを選択します(次の画面を参照)。

Windows Server 2008 R2のイメージを選択

 続いて、(次の画面のように)VMsのコンピュータ名などを入力します。

VMsのコンピュータ名などを入力
・コンピュータ名、Administratorのパスワードを入力します。
・VMインスタンスのサイズ(=選択できるサイズは「CLOUD SERVICE」と同じ)を選択します。

 続いて、(次の画面のように)VMsのモードや、ディスクの格納場所を入力します。

VMsのモードや、ディスクの格納場所を入力
・モード: スタンドアロンの新規VMか、既存のVMに並列で付け足す形にするかを選択できます。
・DNS名: VMsもCLOUD SERVICEと同様に「*.cloudapp.net」というドメイン名を持ちます。
・ストレージ・アカウント: どのストレージ・アカウントにディスク(=.vhdファイル)を格納するか、選択します。Azure側で自動的に生成するBlobストレージに格納することも可能です。

 これらの入力情報を基にVMインスタンスを作成します。

VMインスタンスにリモート・デスクトップ接続して言語設定を確かめる

 作成されたVMインスタンスにリモート・デスクトップ接続(以降、RDP接続)します。すると、OSが英語版になっていることを確認できます。

 次の画面は、実際にRDP接続して、コントロール・パネルを開いたところです。

VMインスタンスにRDP接続

 コントロール・パネルで[Change Display Language]を選択すると、[Region and Language]ダイアログが表示されます。そのダイアログで、次の画面に示すように、各ロケール設定が「英語(English)」になっていることが確認できます。

各ロケール設定が「英語(English)」になっている: [Formats]タブ

各ロケール設定が「英語(English)」になっている: [Location]タブ

各ロケール設定が「英語(English)」になっている: [Keyboards and Languages]タブ

各ロケール設定が「英語(English)」になっている: [Administrative]タブ

Windows Server 2008 R2 SP1用の複数言語ユーザー・インターフェイス言語パックの適用

 「Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 複数言語ユーザー インターフェイス言語パック」をダウンロードしてインストールします(次の画面はその例)。インストール後、OSを再起動します。

「Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 複数言語ユーザー インターフェイス言語パック」のインストール

各ロケールを日本語に設定する

 再び、コントロール・パネルの[Change Display Language]を選択して(次の画面を参照)、各ロケールを変更します。

 各ロケールの変更については、こちらが参考になりました。また、変更タイミングでOSの再起動が必要になるものもあります。

コントロール・パネルの[Change Display Language]を選択

 そこで表示される[Region and Language]ダイアログの[Keyboards and Languages]タブで[Display Language]を「日本語」にします。

[Keyboards and Languages]タブで[Display Language]を「日本語」にする

 すると、Windows OSのUIが日本語に変わります。同じように[場所]タブで[現在の場所]を「日本」にします(次の画面を参照)。

[場所]タブで[現在の場所]を「日本」にする

 さらに[形式]タブで、次の画面のように[形式]を「日本語」にします。

[形式]タブで[形式]を「日本語」にする

 [キーボードと言語]タブで、[表示言語]を「日本語」にします(次の画面を参照)。

[キーボードと言語]タブで[表示言語]を「日本語」にする

 [管理]タブで、[Unicode 対応ではないプログラムの言語]を「日本語」にします。具体的には、[システム ロケールの変更]をクリックして、そこで表示されるダイアログの[現在のシステム ロケール]を「日本語」にします。

[管理]タブで[Unicode 対応ではないプログラムの言語]を「日本語」にする

 また、[管理]タブで[ようこそ画面と新しいユーザー アカウント]の[設定のコピー]ボタンをクリックすると、次のようなダイアログが表示されます。

[ようこそ画面と新しいユーザー アカウント]の設定のコピー

 このダイアログを見ると、各ロケールが日本語になっていることを確認できます。これで皆さんがオンプレミスで使い慣れている日本語版Windows OSと同様に操作できるでしょう。

 次は、SQL Serverの日本語版のインストールを行い、sysprepして汎用的なイメージの作成に挑戦したいと思います。


 INDEX
  .NET開発者中心 厳選ブログ記事
  Windows Azureの新IaaS機能「Virtual Machines」活用TIPS(前編)
    1.Virtual Machines(VMs)の主な特徴
  2.Virtual Machines(VMs)上のWindows OSを日本語版にする
    3.Virtual Machinesで自分仕様の日本語イメージを作成する

インデックス・ページヘ  「.NET開発者中心 厳選ブログ記事」


Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

注目のテーマ

業務アプリInsider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH