特集
Windows Azure開発入門(前編)

無償開発環境で試すWindows Azureクラウド開発

デジタルアドバンテージ 一色 政彦
2009/01/14
Page1 Page2

Azure関連の記事

まだ知らない人のための最新Azure入門 - Build Insider

Azure TIPS - Build Insider

ここまで進化した、Azure Webサイトの世界観(2014年7月版) - Build Insider

連載:Windows Azureモバイルサービスで作る簡単スマートフォンアプリ - Build Insider

Microsoft Azureプレビュー・ポータルの機能とは? - Build Insider

特集:Windows Azureメディア・サービスを利用したストリーミング配信 - Build Insider

連載:Microsoft技術におけるアイデンティティ連携開発のいま - Build Insider

Vittorio Bertocci氏インタビュー: 開発者にとってのWindows Azure Active Directoryの役割と今後の展開 - Build Insider

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(6):Microsoft Azureの秘密を探る[その1] - @IT

進化を続けるマイクロソフトのクラウド:Windows Azureの“いま”を知る - @IT

Azure - Build Insider

 Windows Azureのクラウド・サービス(参考:「特集:Windows Azure概説」)を開発するための機能は次期Visual Studio 2010に標準搭載される予定で、それがリリースされるであろう2010年ごろには、クラウドをベースとしたアプリケーション開発はかなり盛んになるのではと予想される。

 では、そのクラウド・サービスは一体どのように開発することになるのか? これを理解するには、話を聞いたり、サンプルを見たり、記事を読んだりするよりも、実際に開発を経験してみるのが一番手っ取り早い。

 そこで本稿では、現在、技術プレビュー(CTP)版として提供されているWindows Azure開発環境を使って、実際にクラウド・サービスを開発してみるのに必要な手順を簡単に示す。より多くの開発者がWindows Azureを試せるように、無償の開発環境を使う。なお、Windows Azureクラウド・サービス開発では、ASP.NETアプリケーション開発の基礎知識が必要になる。本稿ではASP.NETの基礎知識はあるという前提で話を進める。

 この特集は前編と後編の2回に分け、前編はローカル環境での開発方法を、後編はWindows Azure環境への展開方法を説明する。Windows Azureでは、ローカルのシミュレーション環境でクラウド・サービスの実装やテスト実行が可能となっている。

 以降、「アプリケーション」はすべて「アプリ」と短く記述する。

Windows Azure開発環境の構築

 まずは開発環境をそろえよう。以下の各項目を上から順番に用意してほしい。

Windows Vista(SP1適用)/Windows Server 2008

 ローカル・コンピュータ環境でWindows Azureのクラウド・サービスを開発するには、あらかじめ「Windows Azure SDK」(後述)をインストールしておく必要があるが、このWindows Azure SDK 1.0 CTP(2008年10月)版は現在、Windows Vista(SP1適用)とWindows Server 2008以降にしか対応していないので注意してほしい(32bit版/64bit版、両対応。残念ながら、Windows XPにはインストールできない)。

IIS 7.0の設定でASP.NETとWCF HTTP Activationを有効化

 次にOSにIIS 7.0をインストールして、ASP.NETとWCF HTTP Activationを有効化する必要がある。具体的な方法は以下のコラムを参照してほしい。

【コラム】IIS 7.0設定方法

 Windows Vistaの場合、[コントロール パネル]から[プログラム]−[プログラムと機能]−[Windows の機能の有効化と無効化]をクリックし、表示される[Windows の機能]ダイアログから以下の項目にチェックを入れる。

[Microsoft .NET Framework 3.0]
   −[Windows Communication Foundation HTTP Activation]

[World Wide Web サービス]
   −[アプリケーション開発機能]
     −[ASP.NET]

[HTTP 共通機能]
   −[静的コンテンツ]

[Windows の機能]ダイアログにおける設定

 最後に[OK]ボタンをクリックしてIIS 7.0のインストールと設定を完了する。

 なおWindows Server 2008の場合は、[スタート]メニューから[すべてのプログラム]−[管理ツール]−[サーバー マネージャ]から同様の設定が行える。

SQL Server 2005/2008 Express Edition

 ローカル環境のWindows AzureストレージはSQL Serverデータベース上に作成されるので、無償のSQL Server 2005 Express EditionもしくはSQL Server 2008 Express Editionが必要だ。

 SQL Server 2008 Express Editionは、後述の「Visual Studio 2008 Express Edition with SP1」のインストールの際に同時にインストールできる。

Visual Studio 2008 Express Editions(SP1適用)

 本稿では、開発環境として無償の「Visual Web Developer 2008 Express Edition」を利用する。次のリンクからインストールを実行できる。

 ローカル環境にSQL Serverがインストールされていなければ、インストール・ウィザードの途中にある[Microsoft SQL Server 2008 Express Edition]のオプションを必ず選択しておく。

インストール・ウィザードで指定する[Microsoft SQL Server 2008 Express Edition]オプション

PowerShell(オプション)

 クラウド上のWindows Azureストレージには、PowerShellを使ってアクセスすることもできる。Windows Azure SDKに含まれる「CloudDrive」サンプルを実行したい場合にはここでインストールしておくとよい(Windows XPの場合は下記のリンクから、Windows Server 2008の場合は[サーバー マネージャ]からインストールできる)。なお、本稿ではPowerShellは使用しない。

Windows Azure SDK

 以上の開発環境がそろったら、Windows Azure開発用のSDKをインストールする。本稿執筆時点での最新バージョンは、1.0 CTP(2008年10月)版であり、本稿ではこれを使用する。

Windows Azure SDKのインストール・ウィザード

Windows Azure Tools for Microsoft Visual Studio

 最後に、Visual StudioでWindows Azureのクラウド・サービスを開発するためのアドインをインストールする。こちらの最新バージョンは、1.0 CTP(2008年10月23日)版だ。

Windows Azure Tools for Microsoft Visual Studio のインストール・ウィザード

 以上で開発環境が整ったので、Visual Web Developer 2008 Express Editionを使ってさっそくクラウド・サービスを作ってみよう。なお、以下の作業はすべて(Windows OS上の)管理者権限で行っている。


 INDEX
  [特集] Windows Azure開発入門(前編)
  無償開発環境で試すWindows Azureクラウド開発
  1.Windows Azure開発環境の構築
    2.WebロールのWindows Azureクラウド・サービスの作成
 
  [特集] Windows Azure開発入門(後編)
  Windows Azureクラウド・サービスの配置/運用
    1.Azure Services Developer Portalでのプロジェクト作成
    2.クラウド・サービスの構成
    3.クラウド・サービスの配置
    4.Windows Azure/Azure Services Platformの利用申請
Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

.NET未来展望台

未来展望台コーナースポンサーからのお知らせ


- PR -
- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

マーケティング未経験の2児の母、育休明け1年半でMarketo Championになる
営業出身で2人の子の育休を終えた「おかん」が復職してマーケティング部門に異動し、成果...

「インスタ映え」の熟知度は97.4%、非利用者も認知――ベネッセコーポレーション調べ
ベネッセコーポレーションは、ベネッセ教育総合研究所と共同で「第3回現代人の語彙(ごい...

大日本印刷とSMN、丸善ジュンク堂書店が保有する書誌データなどを活用した広告配信プラットフォームで協業
大日本印刷が、グループの丸善ジュンク堂書店、ハイブリッド型総合書店hontoの「本の通販...