.NET TIPS

[ASP.NET]チャート・コントロールでレンジ・チャートを作成するには?[3.5、4、C#、VB]

山田 祥寛
2010/05/20

 「TIPS:[ASP.NET]チャート・コントロールを使うには?(環境設定)」で紹介したように、チャート・コントロールはさまざまなグラフを生成できる高機能なサーバ・コントロールである。本稿では、チャート・コントロールが対応するあまたのチャートの中からレンジ・チャートについて作成方法を解説する。

 レンジ・チャートは、最大値と最小値のように幅のあるデータの推移を表すためのグラフ表現だ。特定のポイント、あるいは平均値など、集約された一点の変化を表現する折れ線グラフに対して、レンジ・チャートはそれぞれのポイントでの幅を表現できるのが特長である。

 以下は、チャート・コントロールで作成したレンジ・チャートの例である。

チャート・コントロールで作成したレンジ・チャート

 それではさっそく、具体的な手順を見ていくことにしよう。なお、本稿のサンプルを動作させるには、先述のTIPSで紹介した手順に従って、チャート・コントロールを利用可能な状態にしておく必要がある。

1. データベースを用意する

 チャート・コントロールから利用するためのデータをデータベースに用意しておこう。ここでは、以下のようなTemperature(気温)テーブルを用意し、適当なデータを入力しておくものとする。

フィールド名 データ型 概要
t_day DATE 日付(主キー)
t_max FLOAT 最高気温
t_min FLOAT 最低気温
Temperatureテーブルのフィールド・レイアウト

 今回入力したデータ(例)は、次のとおりである。

t_day t_max t_min
2010/12/01 15.6 9.3
2010/12/02 17.2 10.2
2010/12/03 16.3 9.9
2010/12/04 18.6 10.1
2010/12/05 20.1 11.2
2010/12/06 20.4 11.3
2010/12/07 17.6 8.9
2010/12/08 15.4 9.4
2010/12/09 14.3 7.3
2010/12/10 14.4 7.9
2010/12/11 15.9 8.2
2010/12/12 15.7 8.1
2010/12/13 16.1 9.1
2010/12/14 16.4 9.3
2010/12/15 17.1 9.5
2010/12/16 17.2 8.9
2010/12/17 20.2 9.7
2010/12/18 18.1 9.8
2010/12/19 18.6 9.4
2010/12/20 18.7 8.9
2010/12/21 17.9 8.2
2010/12/22 16.7 7.9
2010/12/23 19.3 8.1
2010/12/24 19.4 8.5
2010/12/25 20.1 9.3
2010/12/26 18.9 9.7
2010/12/27 20.7 10.1
2010/12/28 18.2 8.9
2010/12/29 17.9 9.7
2010/12/30 19.2 9.6
2010/12/31 20.8 10.2
Temperatureテーブルのデータ(例)

2. 新規のWebフォームを作成する

 新規のWebフォーム(Range.aspx)を作成したら、フォーム・デザイナから以下の画面の要領でチャート・コントロールを配置する。

Range.aspxのフォーム・レイアウト
Chartコントロール(IDは「cht」)を配置する。

 チャート・コントロールの右肩に[Chart タスク]メニューが表示されるので、ここから[データ ソースの選択]−[<新しいデータソース>]を選択する。

 データソース構成ウィザードが表示されるので、以下の表の要領で必要なデータを入力してほしい。データソース構成ウィザードに関する詳細は、「TIPS:[ASP.NET]GridViewコントロールでデータソースの内容を表示するには?」が詳しいので、併せてご参照いただきたい。

項目 概要
データの種類 データベース
データソースID sds
接続名 MyDB(Web.configでの登録名)
Selectステートメント SELECT [t_day], [t_max], [t_min] FROM [Temperature] ORDER BY [t_day]
データソース構成ウィザードの設定

3. Chartコントロールのプロパティを設定する

 個々のチャートにかかわる設定を行うのは、Seriesプロパティの役割だ。プロパティ・ウィンドウからSeriesプロパティ右端の[...]ボタンをクリックする。

[Series コレクション エディタ]ダイアログ

 上の画面のような[Series コレクション エディタ]ダイアログが開くので、デフォルトで用意されているSeries1(Seriesオブジェクト)に対して、以下の表の要領でプロパティ情報を設定する。

プロパティ 概要 設定値
ChartType チャートの種類 Range
XValueMember X軸に割り当てるメンバ(列名) t_day
YValueMembers Y軸に割り当てるメンバ(列名) t_max, t_min
BackImage 背景に利用する画像 ~/Chart/relate.gif
BackImageWrapMode 画像の繰り返しモード TileFlipXY
BorderColor 線の描画色 MidnightBlue
Seriesオブジェクトのプロパティ設定

 レンジ・チャートのように1つのX値に複数のY値が対応するチャートでは、YValueMembersプロパティにも複数のメンバ(列名)をカンマ区切りで指定する必要がある。この場合は「t_max, t_min」と指定しているので、t_max列がレンジ・チャートの上辺に、t_min列が下辺に割り当てられるわけだ。

 YValueMembersプロパティを入力するには、ダイアログのプロパティ・シートから値部分をドロップダウンすると、以下のようにバインド可能な列の一覧が表示されるので、関連付けたい列にチェックを入れればよい。

YValueMembersプロパティの指定([Series コレクション エディタ]ダイアログ)

 ChartType、XValueMember、YValueMembersプロパティの設定だけでも最低限のレンジ・チャートは生成できるが、ここではもう1つ、レンジ・チャートに背景画像を割り当てている。レンジ・チャートのように面で表現するようなグラフでは、面の部分を際立たせることで、より視覚に訴えるグラフを作成できるだろう。

 背景画像のパスはBackImageプロパティで、画像の繰り返し方法はBackImageWrapModeプロパティで設定できる。ここではBackImageWrapModeプロパティに「TileFlipXY」を指定しているので、X/Y軸方向に対して反転しながら画像を敷き詰めているが、そのほかにも、X(Y)軸についてのみ反転する「TileFlipX(TileFlipY)」、単純に画像を敷き詰める「Tile」などを指定することも可能だ。

 ちなみに、背景色にはグラデーション効果を適用することもできる。その場合は、BackImageプロパティの代わりに、以下のプロパティを設定すればよい。

プロパティ 概要 設定値
BackGradientStyle グラデーションのスタイル TopBottom(上から下へ変化)
Color 背景色 Green
BackSecondaryColor グラデーションで利用する第2背景色 Yellow
グラデーションを適用する場合の設定(Seriesオブジェクト)

 この場合、以下のような結果を得られる。

グラデーションを適用した場合の結果

 以上を理解したら、サンプルを実行してみよう。冒頭の画面のようなレンジ・チャートが表示されれば、サンプルは正しく動作している。

 なお、SeriesオブジェクトのChartTypeプロパティを変更することで、浮動棒グラフ(RangeColumn)、横方向の浮動棒グラフ(RangeBar)なども表現できる。

浮動棒グラフ(RangeColumn)

横方向の浮動棒グラフ(RangeBar)

 幅のある値の推移を表現するという意味では、これらのチャートは共通しているので、あとはそのときどきの目的に応じて使い分けるとよいだろう。End of Article

利用可能バージョン:.NET Framework 3.5
カテゴリ:Webフォーム 処理対象:Chartコントロール
使用ライブラリ:Chartコントロール
関連TIPS:[ASP.NET]チャート・コントロールを使うには?(環境設定)
関連TIPS:[ASP.NET]GridViewコントロールでデータソースの内容を表示するには?

この記事と関連性の高い別の.NET TIPS
[ASP.NET]チャート・コントロールで折れ線グラフを作るには?
[ASP.NET]チャート・コントロールで複合グラフを作成するには?
[ASP.NET]チャート・コントロールで棒グラフを作るには?
[ASP.NET]チャート・コントロールで株価グラフを作るには?
[ASP.NET]チャート・コントロールでレーダー・チャートを作るには?
このリストは、(株)デジタルアドバンテージが開発した
自動関連記事探索システム Jigsaw(ジグソー) により自動抽出したものです。
generated by

「.NET TIPS」


Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH