.NET TIPS

Visual Studioで現在行をハイライト表示するには?[VS 2010以降]

デジタルアドバンテージ 遠藤 孝信
2010/07/15

 Visual Studioのコード・エディタ上では、キャレットにより現在の編集位置(カーソル位置)が示されるが、高解像度ディスプレイを使用し文字サイズを小さくしている環境などでは、キャレットがある現在行をすぐに把握できない場合がある。

 Visual Studio 2010の拡張機能である「Visual Studio 2010 Pro Power Tools」をインストールすれば、次の画面のように現在の行をハイライト表示(背景色を付けて表示)できる。


「Visual Studio 2010 Pro Power Tools」による現在行のハイライト表示
キャレットのある現在行がハイライト表示される。ハイライト表示に使用される背景色は設定可能。

 Visual Studio 2010 Pro Power Toolsには多くの機能が含まれているが、この機能(Highlight Current Line)はその中の1つである。

 ハイライト表示に使用される背景色はデフォルトではグレーだが、[ツール]メニューの[オプション]により開く[オプション]ダイアログで変更可能だ。[オプション]ダイアログ左側のツリーで[環境]−[フォントおよび色]を選択し、[表示項目]リストボックスに追加されている次の2つの項目の内容を変更すればよい。

  • Current Line (Extension)
  • Current Line Inactive (Extension)

 後者はVisual Studioがアクティブでない場合(=別のアプリケーションを使用している場合)の現在行の背景色の指定である。


[オプション]ダイアログ
ハイライト表示に使用される背景色を設定できる。左側のツリーで[環境]−[フォントおよび色]を選択し、画面中央の[表示項目]で「Current Line (Extension)」あるいは「Current Line Inactive (Extension)」を選択して設定する。

 なお、[オプション]ダイアログでは前景色や太字についても設定可能だが、筆者が試した限りでは、これらを設定しても表示内容は変化しなかった。

Visual Studio 2010 Pro Power Toolsのインストール

 Visual Studio 2010 Pro Power Toolsをインストールするには、Visual Studio 2010を起動し、まず[ツール]メニューから[拡張機能マネージャー]を選択して、[拡張機能マネージャー]ダイアログを開く。

 そして、ダイアログ左側にあるリストボックスで「オンライン ギャラリー」を選択してから、右上の検索欄に「Visual Studio 2010 Pro Power Tools」と入力してオンライン・ギャラリーを検索してほしい。


[拡張機能マネージャー]ダイアログ
リストボックスから「オンライン ギャラリー」を選択し、「Visual Studio 2010 Pro Power Tools」を検索したところ。画面右側の説明から分かるように、Microsoftが作成した拡張機能である。

 Visual Studio 2010 Pro Power Toolsが見つかるので、[ダウンロード]ボタンをクリックすればインストールが開始される。なお、追加した拡張機能を有効にするには、Visual Studioの再起動が必要となる。End of Article

カテゴリ:Visual Studio 2010 処理対象:拡張機能

この記事と関連性の高い別の.NET TIPS
Visual StudioのコードをHTML形式でクリップボードにコピーするには?
選択部分と同じ内容をすべてハイライト表示するには?
Color構造体による色指定時にIntelliSenseで色見本を表示するには?
Visual Studioに背景画像(壁紙)を表示するには?
Visual Studioのカラー・テーマ(外観の配色)を変更するには?
このリストは、(株)デジタルアドバンテージが開発した
自動関連記事探索システム Jigsaw(ジグソー) により自動抽出したものです。
generated by

「.NET TIPS」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH