.NET TIPS

VB.NET固有の関数をC#で使用するには?

デジタルアドバンテージ 遠藤 孝信
2005/01/21

 VB.NETには、文字の全角/半角変換、ひらがな/カタカナ変換などの便利な機能が言語固有の関数として用意されている。しかしそれら関数の実体は、.NET Frameworkのクラス・ライブラリに含まれるクラスで記述されているだけなので、C#などのほかの言語からも呼び出して利用することができる。VB.NETは.NET Frameworkにデフォルトで含まれているため、実行時に特別なコンポーネントなどが必要となることもない。

 本稿では、C#からVB.NETの関数を利用する場合のコーディング手順についてまとめる。

VB.NET関数の名前空間/モジュール/アセンブリについて

 ほとんどのVB.NET関数は、.NET Frameworkに含まれるMicrosoft.VisualBasic.dllファイルにおいて、いくつかのクラス(名前空間はMicrosoft.VisualBasic)でstaticなメソッドとして定義されている。

 こういったVB.NET関数の情報は、リファレンス・マニュアルの各関数の解説内に記載されている。例えば、VB.NETのBeep関数の解説では、「必要条件」として次のように記述されている(モジュールについては「TIPS:VB.NETのモジュールの正体は?」を参照)。

名前空間 Microsoft.VisualBasic
モジュール Interaction
アセンブリ Microsoft.Visual Basic .NET ランタイム (Microsoft.VisualBasic.dll 内)

 これにより、Beep関数はMicrosoft.VisualBasic名前空間にあるInteractionクラスのstaticなメソッドで、このクラスがMicrosoft.VisualBasic.dllファイル内に含まれていることが分かる。

VB.NET関数のアセンブリの参照設定

 コーディングに先立ち、まずはアセンブリの参照設定を行っておこう。参照設定はプログラムをコンパイル(あるいはビルド)する際に必要となる。またVisual Studio .NETでは、そのアセンブリに含まれるクラスに対してIntelliSenseが有効となる。

 Visual Studio .NETでアセンブリの参照設定を行うには、ソリューション・エクスプローラ上でプロジェクトを右クリックして「参照の追加」を実行し、[参照の追加]ダイアログを開く。そして「Microsoft Visual Basic .NET Runtime」という名前のコンポーネントを選択して[OK]ボタンをクリックすれば参照の追加が完了する。

アセンブリの参照設定を追加するための[参照の追加]ダイアログ
VB.NET関数を利用する場合には、「Microsoft Visual Basic .NET Runtime」を選択し、[選択]ボタンをクリックしてから、[OK]ボタンをクリックする。

 コマンドラインからプログラムをコンパイルする場合には、次のように/reference:オプション(省略形は「/r:」)により、Microsoft.VisualBasic.dllファイルを参照する。

csc /r:Microsoft.VisualBasic.dll MyProgram.cs

VB.NET関数の呼び出し

 関数の呼び出しに関しては、その名前空間をusingディレクティブにより参照し、「モジュール名.関数名」の形でメソッドを呼び出せばよい。

 例えば、Beep関数を呼び出す場合の記述は次のようになる。

using Microsoft.VisualBasic;

public class UsingVBFunction {
  static void Main() {
    Interaction.Beep();
  }
}
VB.NETのBeep関数を呼び出すC#のサンプル・プログラム

 Microsoft.VisualBasic名前空間に含まれているVB.NET関数についての一覧は、リファレンス・マニュアルの「Visual Basic ランタイム ライブラリのメンバ」で参照することができる。

 C#から呼び出して便利に使えるVB.NET関数については、本.NET TIPSで順次解説していく予定である。End of Article

カテゴリ:C# 処理対象:VB.NET関数
使用ライブラリ:Beep関数(Microsoft.VisualBasic名前空間)
関連TIPS:VB.NETのモジュールの正体は?
 
この記事と関連性の高い別の.NET TIPS
[ASP.NET]ASP.NETでVB.NET固有の関数をC#から利用するには?
文字列をひらがな/カタカナに変換するには?(VB.NET関数活用)
文字列を全角/半角に変換するには?(VB.NET関数活用)
文字列入力用ダイアログ・ボックスを簡単に開くには?(VB.NET関数活用)
文字列中の指定された位置の文字列を取得するには?
このリストは、(株)デジタルアドバンテージが開発した
自動関連記事探索システム Jigsaw(ジグソー) により自動抽出したものです。
generated by

「.NET TIPS」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH