.NET TIPS

ほかのアプリケーションを実行してその終了を待つには?

デジタルアドバンテージ 一色 政彦
2005/02/25

 「TIPS:ほかのアプリケーションを実行するには?」では、.NETプログラム内からほかのアプリケーションを実行する方法を紹介している。この方法では、Processクラス(System.Diagnostics名前空間)のStartメソッドを呼び出して、アプリケーションを実行している。Startメソッドの動作仕様では、アプリケーションが実際に起動すれば、すぐにそのメソッド呼び出しは完了し、呼び出し側での処理が継続する。つまり、アプリケーションの終了を待たずに次の処理に進めるわけである。

 しかし場合によっては、起動したアプリケーションの処理が完全に終わるまで次の処理に進ませたくないことがある。例えば、

  1. 圧縮ファイルの解凍を行うアプリケーション
  2. 解凍されたファイルを解析して別フォーマットで再保存するアプリケーション

という2つの外部アプリケーションを順番に呼び出すとき、1が完了するのを待たなければ(つまりファイルが解凍されなければ)、2は実行できない。

 このような場合に対処するには、Startメソッドによって実行されたアプリケーションが実際に終了するのを待機する必要がある。本稿ではその方法を紹介する。

WaitForExitメソッドによる待機

 ほかのアプリケーションを実行し、その実行終了を待つ場合には、プログラムの流れは次のようになる。

(1)Processクラスのオブジェクトを生成する。

(2)ProcessオブジェクトのStartInfoプロパティに起動するアプリケーション(プロセス)に関する情報(詳細後述)を設定する。

(3)ProcessオブジェクトのStartメソッドを呼び出す(このメソッドは、前掲のTIPSで利用している静的メソッドではなく、インスタンス・メソッドである)。これによりアプリケーションが起動するが、前掲のTIPS同様、呼び出しはすぐに完了する。

(4)ProcessオブジェクトのWaitForExitメソッドを呼び出す。このWaitForExitメソッドが、起動したアプリケーションが終了するまで待機してくれる(つまりWaitForExitメソッドを呼び出したプログラムの実行はここで停止する)。

 (2)のProcessオブジェクトのStartInfoプロパティの値はProcessStartInfoクラス(System.Diagnostics名前空間)のオブジェクトである。ProcessStartInfoクラスのメンバには、起動するアプリケーションを指定するためのFileNameプロパティや、そのアプリケーションに対するコマンドライン引数をセットするためのArgumentsプロパティなどがある。(3)のProcessオブジェクトのStartメソッドを呼び出すためには、これらのプロパティのうち、最低限FileNameプロパティを指定しておかなければならない。このFileNameプロパティには、前述のとおり、Startメソッドにより起動するアプリケーションのファイル名を指定する。

 次のサンプル・プログラムは、以上のプログラムの流れを実際に実装したものだ。

using System.Diagnostics;

public class ProcessStart {
  static void Main() {
    Process proc = new Process();             // (1)
    proc.StartInfo.FileName= "notepad.exe";   // (2)
    proc.Start();                             // (3)
    proc.WaitForExit();                    // (4)
    Console.WriteLine("メモ帳、終了!");
  }
}
アプリケーションの実行終了を待機するサンプル・プログラム(C#)
 
Imports System.Diagnostics

Public Class ProcessStart
  Shared  Sub Main()
    Dim proc As New Process()                 ' (1)
    proc.StartInfo.FileName= "notepad.exe"    ' (2)
    proc.Start()                              ' (3)
    proc.WaitForExit()                     ' (4)
    Console.WriteLine("メモ帳、終了!")
  End Sub
End Class
アプリケーションの実行終了を待機するサンプル・プログラム(VB.NET)

 このサンプル・プログラムを実行すると、WaitForExitメソッドの個所(上記コードの太字部分)で、「メモ帳」が終了されるまで実行が停止し、「メモ帳」が終了されるとプログラムの実行が再開し、最後に「メモ帳、終了!」というメッセージをコンソールに出力する。End of Article

カテゴリ:クラス・ライブラリ 処理対象:Windows環境
使用ライブラリ:Processクラス(System.Diagnostics名前空間)
関連TIPS:ほかのアプリケーションを実行するには?
 
この記事と関連性の高い別の.NET TIPS
ほかのアプリケーションを実行するには?
ほかのアプリを実行して終了コードを得るには?
ほかのアプリケーションを起動して入力可能になるまで待つには?
コンソール・アプリケーションの出力を取り込むには?
管理者としてほかのアプリケーションを実行するには?
このリストは、(株)デジタルアドバンテージが開発した
自動関連記事探索システム Jigsaw(ジグソー) により自動抽出したものです。
generated by

「.NET TIPS」


Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH