.NET TIPS

アプリケーションに独自のアイコンを設定するには?

デジタルアドバンテージ 一色 政彦
2005/12/09

 Windowsアプリケーションやコンソール・アプリケーションの.EXEファイルには、Windows OS上でユーザーが識別しやすいように、アプリケーション独自のアイコン(以降、アプリケーション・アイコン)を設定することができる。アプリケーション・アイコンはアプリケーション側で自由に指定可能だ。もちろん何も指定しなければOSのデフォルト・アイコンが使われるが、Visual Studio .NET(以降、VS.NET)でアプリケーションのプロジェクトを作成してそれをビルドした場合、基本的にVS.NETが用意したデフォルトのアプリケーション・アイコンが自動的に設定されるようになっている。

 次の2つのアイコンは「VS.NETのデフォルトのアプリケーション・アイコン」と「Windows OSデフォルトのアプリケーション・アイコン」である(なお実行環境のOSはWindows XP Professional)。

アプリケーション・アイコンの表示(左:VS.NETのアイコン、右:OSのアイコン)
Windows XPのOS環境ではこのようなアイコン表示になる。

 本稿では.NETでアプリケーション・アイコンを変更する方法を解説する。

 なお本稿ではVS.NETを活用した場合の方法を中心に解説する。.NET Framework SDKを利用する場合には、コンパイラ(C#:csc、VB.NET:vbc)に対して/win32iconオプションで.ICOファイル(=アイコン・ファイル)を指定すればよい。なお/win32resオプションを使用する場合には、/win32iconオプションを併せて使用することはできない。この場合、/win32resオプションに指定する.RESファイル(=リソース・ファイル)にアイコンを追加する必要がある。このリソース・ファイルの組み込み方法については、「TIPS:マニフェスト・ファイルをアプリケーションに組み込むには?」が参考になるだろう。

VS.NETでのアイコンの作成

 まずはVS.NETで独自のアイコンを作成してみよう。

 これにはVS.NETの[ソリューション エクスプローラ]ウィンドウでプロジェクト項目を右クリックして、表示されるコンテキスト・メニューから[追加]−[新しい項目の追加]を選択する。これにより[新しい項目の追加]ダイアログが表示されるので、そこから「アイコン ファイル」のテンプレートを選択して実際に.ICOファイルをプロジェクトに追加する。

 後はアイコン・ファイルをVS.NETのアイコン・エディタで編集すればよい。次の画面は実際にアイコン・ファイルを編集しているところだ。

VS.NETのアイコン・エディタによるアイコン・ファイルの編集
[ソリューション エクスプローラ]ウィンドウでアイコン・ファイル(この例では「Icon1.ico」)をダブルクリックすれば、それが自動的にアイコン・エディタで開かれる。後はマウスで操作しながらビットごとに色付けてアイコンを描いていく。

 なおC#の場合、VS.NETでWindowsアプリケーションやコンソール・アプリケーションのプロジェクトを作成すると、「App.ico」というアイコン・ファイルが自動的にプロジェクトに追加される。このアイコン・ファイルはデフォルトのアプリケーション・アイコンそのものである。従ってC#の場合はわざわざアイコン・ファイルを追加しなくても、このApp.icoをダブルクリックして編集するだけで、アプリケーション・アイコンを変更できる。

VS.NETでアプリケーション・アイコンを設定するには?

 アイコン・ファイルの追加と編集が終わったら、次にそのアイコン・ファイルをアプリケーション・アイコンとして登録しよう。これは、プロジェクトのプロパティ・ダイアログから設定できる。

 このダイアログを表示するには、[ソリューション エクスプローラ]ウィンドウでプロジェクト項目を右クリックして、そこで表示されるコンテキスト・メニューから[プロパティ]を選択すればよい。次の画面は、このダイアログを活用してアプリケーション・アイコンを実際に変更しているところだ。

VS.NETによるアプリケーション・アイコンの変更(C#)
アプリケーション・アイコンを実際に変更しているところ。
  [ソリューション エクスプローラ]ウィンドウでプロジェクト項目を右クリックして、そこで表示されるコンテキスト・メニューから[プロパティ]を選択すると、プロジェクトのプロパティ・ダイアログ(この例では[WindowsApplication1 プロパティ ページ]ダイアログ)が表示される。
  [共通プロパティ]−[全般]を選択する。
  [アプリケーション アイコン]に先ほど作成したアイコン・ファイル(本稿の例では「Icon1.ico」)を指定する。右端にある[...]ボタンでアイコン・ファイルを参照すると簡単に指定できる。
  [OK]ボタンをクリックすると、アプリケーション・アイコンの設定が保存される。
 
VS.NETによるアプリケーション・アイコンの変更(VB.NET)
アプリケーション・アイコンを実際に変更しているところ。
  [ソリューション エクスプローラ]ウィンドウでプロジェクト項目を右クリックして、そこで表示されるコンテキスト・メニューから[プロパティ]を選択すると、プロジェクトのプロパティ・ダイアログ(この例では[WindowsApplication1 プロパティ ページ]ダイアログ)が表示される。
  [共通のプロパティ]−[ビルド]を選択する。
  [アプリケーション アイコン]に先ほど作成したアイコン・ファイル(本稿の例では「Icon1.ico」)を指定する。コンボボックスの[▼]ボタンをクリックすると候補のアイコン・ファイルの一覧が表示されるのでそこから選択すると指定が楽だ。また右端にある[...]ボタンでアイコン・ファイルを参照すると簡単に指定できる。
  [OK]ボタンをクリックすると、アプリケーション・アイコンの設定が保存される。

 上の画面の手順に従ってアプリケーション・アイコンを指定したうえで、プロジェクトをビルドすれば、それにより生成された.EXEファイルのアプリケーション・アイコンが変更されているはずだ。End of Article

カテゴリ:Windowsフォーム 処理対象:リソース
カテゴリ:コンソール・アプリケーション 処理対象:リソース
カテゴリ:クラス・ライブラリ 処理対象:リソース
カテゴリ:Visual Studio .NET 処理対象:リソース
使用ライブラリ:Iconクラス(System.Drawing名前空間)
関連TIPS:マニフェスト・ファイルをアプリケーションに組み込むには?

この記事と関連性の高い別の.NET TIPS
実行ファイルからアプリケーションのアイコンを取得するには?
VS.NET 2003プロジェクトをVS.NET 2002で開くには?
マニフェスト・ファイルをアプリケーションに組み込むには?
VS.NETのスタート・ページのプロジェクト一覧を編集するには?
Windowsフォームで構成ファイルによりプロパティ値を設定するには?
このリストは、(株)デジタルアドバンテージが開発した
自動関連記事探索システム Jigsaw(ジグソー) により自動抽出したものです。
generated by

「.NET TIPS」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH