.NET TIPS

using文による名前空間の指定を自動的に記述するには?[VS 2005のみ、C#]

デジタルアドバンテージ 遠藤 孝信
2006/01/20

 Visual Studio 2005のC#エディタ(あるいはVisual C# 2005 Express Edition)では、名前空間を指定するusing文を記述せずに、その名前空間に含まれているクラスを記述した場合、自動的にusing文の記述を追加することができる。

 例えばDebugクラス(System.Diagnostics名前空間)を使用する場合には、次の1行をソース・コードの先頭に記述することにより、コード内では単に「Debug」と記述するだけで、それがSystem.Diagnostics名前空間のDebugクラスであると解釈される(using文を記述しない場合には、「System.Diagnostics Debug」と記述する必要がある)。

using System.Diagnostics;

 しかしこのusing文を記述せずに、いきなりコード中に「Debug」と記述した場合には、IDEがDebugクラスを認識できないためIntelliSenseも使えず、当然ながらその行はコンパイル・エラーとなる(もちろんDebugクラスを独自に定義している場合は除く)。

 このような場合、Visual Studio 2005では「Debug」と記述しただけで最後のgの文字の下に赤線が引かれ、そこをクリックすると現れるスマート・タグより、上記のようなusing文を挿入するか、Debugを「System.Diagnostics Debug」と置き換えるかを選択できる。

スマート・タグによるusing文の自動挿入
  自動的に挿入されたusing文。

 画面上にもヒントとして表示されるが、赤線が引かれた時点でキーボードから[Shift]+[Alt]+[F10]を入力しても、using文を自動的に挿入することができる。End of Article

カテゴリ:Visual Studio 2005 処理対象:IDE

この記事と関連性の高い別の.NET TIPS
デバッグ・メッセージをコンソールに出力するには?
VS.NETでデバッグ・メッセージを出力するには?
usingディレクティブによる名前空間の指定を素早く記述するには?
デバッグ・メッセージをファイルに出力するには?
LINQ to SQLのログ出力をVisual Studioの[出力]ウィンドウに出力するには?
このリストは、(株)デジタルアドバンテージが開発した
自動関連記事探索システム Jigsaw(ジグソー) により自動抽出したものです。
generated by

「.NET TIPS」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH