.NET TIPS

DataGridViewコントロールを一番下までスクロールするには?[2.0のみ、C#、VB]

デジタルアドバンテージ 遠藤 孝信
2006/12/01

 DataGridViewコントロールで一番下にある行(合計行など)を表示したり、あるいは、アプリケーション実行時にすぐにユーザーが新しい行を追加*できるようにするには、コードによりグリッドを一番下までスクロールさせる必要がある。

* DataGridViewコントロールにおける新しい行の追加は、最下位行の次の行で行う。

 DataGridViewコントロールには、(セル単位に)表示をスクロールさせるためのプロパティとして次の3つが用意されている(スクロールに関しては、これ以外にも水平方向にピクセル単位でスクロールさせるHorizontalScrollingOffsetプロパティがある)。

プロパティ名 機能概要
FirstDisplayedCell グリッドの左上隅に表示されるセルの取得/設定
FirstDisplayedScrollingColumnIndex グリッドに表示される最初(一番左)の列の取得/設定
FirstDisplayedScrollingRowIndex グリッドに表示される最初(一番上)の行の取得/設定
DataGridViewコントロールをスクロールさせるためのプロパティ
なお、すべてのセルがコントロール内に表示されていてグリッドがスクロールできない場合(スクロールする必要がない場合)には、当然ながらこれらのプロパティを設定してもスクロールは行われない。

 例えば次のようにして、(2, 2)の位置にあるセルをFirstDisplayedCellプロパティに設定すると、(2, 2)の位置のセルが左上隅に表示されるようにグリッドがスクロールした状態になる。

dgv.FirstDisplayedCell = dgv[2, 2];
dgv.FirstDisplayedCell = dgv(2, 2)
(2, 2)の位置のセルが左上隅になるようにスクロールさせるコード(上:C#、下:VB)
変数dgvはDataGridViewコントロールのインスタンスを参照しているものとする。

 本題である最後の行を表示するためにグリッドを一番下までスクロールさせるには、FirstDisplayedScrollingRowIndexプロパティを利用すればよい。具体的には、このプロパティに最後の行のインデックス番号(=グリッド全体の行数−1)を設定する。これは次のようなコードになる。

dgv.FirstDisplayedScrollingRowIndex = dgv.Rows.Count - 1;
dgv.FirstDisplayedScrollingRowIndex = dgv.Rows.Count - 1
グリッドを一番下の行までスクロールさせるコード(上:C#、下:VB)

 次の画面は、このようなコードにより一番下までスクロールさせたDataGridViewコントロールの画面である。このサンプル・プログラムでは、起動時にデータバインドを行った直後にスクロールを行っている。


コードにより一番下までスクロールさせたDataGridViewコントロール

 以下にこのサンプル・プログラムのソース・コードを示す。

// dgvscroll.cs

using System;
using System.Drawing;
using System.Windows.Forms;

public class MyForm : Form {

  DataGridView dgv;

  // フォームのLoadイベント・ハンドラ
  void MyForm_Load(object sender, EventArgs e) {

    // データソースとしてInsider.NETのRSS情報を使用
    System.Data.DataSet ds = new System.Data.DataSet();
    ds.ReadXml("http://rss.rssad.jp/rss/itm/fdotnet/rss.xml");
    dgv.DataSource = ds;
    dgv.DataMember = "item";

    // 一番下の行までスクロールさせる
    dgv.FirstDisplayedScrollingRowIndex = dgv.Rows.Count - 1;
  }

  // フォームのコンストラクタ
  public MyForm() {
    dgv = new DataGridView();
    dgv.Dock = DockStyle.Fill;
    this.Controls.Add(dgv);
    this.Size = new Size(480, 240);
    this.Load += new EventHandler(MyForm_Load);
  }
}

class Program {
  [STAThread]
  static void Main() {
    Application.Run(new MyForm());
  }
}

// コンパイル方法:csc dgvscroll.cs
コードにより一番下までスクロールするC#のサンプル・プログラム(dgvscroll.cs)

' dgvscroll.vb

Imports System
Imports System.Drawing
Imports System.Drawing.Imaging
Imports System.Windows.Forms

Public Class MyForm
    Inherits Form

  Dim dgv As DataGridView

  ' フォームのLoadイベント・ハンドラ
  Sub MyForm_Load(sender As Object, e As EventArgs) Handles MyBase.Load

    ' データソースとしてInsider.NETのRSS情報を使用
    Dim ds As New System.Data.DataSet()
    ds.ReadXml("http://rss.rssad.jp/rss/itm/fdotnet/rss.xml")
    dgv.DataSource = ds
    dgv.DataMember = "item"

    ' 一番下の行までスクロールさせる
    dgv.FirstDisplayedScrollingRowIndex = dgv.Rows.Count - 1

  End Sub

  ' フォームのコンストラクタ
  Public Sub New()
    dgv = New DataGridView()
    dgv.Dock = DockStyle.Fill
    Me.Controls.Add(dgv)
    Me.Size = new Size(480, 240)
  End Sub
End Class

' コンパイル方法:vbc /main:MyForm dgvscroll.vb
コードにより一番下までスクロールするVBのサンプル・プログラム(dgvscroll.vb)

 このサンプル・プログラムでは、Insider.NETの記事一覧を含むRSS情報(RSS 2.0)をデータソースとしている。データソースとなるデータセットにはReadXmlメソッドの呼び出しにより「rss」「channel」「image」「item」の4つのデータテーブルが作成されるが、ここでは記事一覧である「item」を使用しているEnd of Article

利用可能バージョン:.NET Framework 2.0のみ
カテゴリ:Windowsフォーム 処理対象:DataGridViewコントロール
使用ライブラリ:DataGridViewコントロール

この記事と関連性の高い別の.NET TIPS
DataGridViewコントロールのセルの文字列を複数行で表示するには?
DataGridViewコントロールで行や列を固定するには?
DataGridViewコントロールで行番号を表示するには?
DataGridコントロールを行選択モードにするには?
[ASP.NET]DataGridコントロールのヘッダーを複数行にするには?
このリストは、(株)デジタルアドバンテージが開発した
自動関連記事探索システム Jigsaw(ジグソー) により自動抽出したものです。
generated by

「.NET TIPS」

TechTargetジャパン

Insider.NET フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ


- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る
- PR -

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

ブランドコンテンツは国境を超えて拡散する
BrandedとSocial@Ogilvy(ソーシャル・アット・オグルヴィ)が主催するアジア最大規模の...

(前編)顧客思考を追究するトイザらスの「脱オムニチャネル」
徹底した顧客重視の視点により、トイザらスは「オムニチャネル」から「シームレスリテイ...

ジャストシステム、LINEの企業スタンプに関するユーザーの行動調査の結果を発表
ジャストシステムは10月30日、セルフ型アンケートサービス「Fastask(ファストアスク)」...