.NET TIPS

独自のプロジェクト・テンプレートの表示をカスタマイズするには?[VS 2005のみ]

デジタルアドバンテージ 一色 政彦
2006/12/15

 「TIPS:独自のプロジェクト・テンプレートを作成するには?」では、Visual Studio 2005(以降、VS 2005)で、独自のプロジェクト・テンプレートを作成する方法を紹介した。

 しかしこの方法では、作成したプロジェクト・テンプレートが、各言語(前掲のTIPSでは「Visual C#」)のカテゴリの直下に分類されてしまうという問題がある。また、テンプレート名が英語表記になってしまい、分かりにくい。具体的には次の画面を参照してほしい。

独自のプロジェクト・テンプレートでの問題
Visual Studio 2005のメニュー・バーから[ファイル]−[新規作成]−[プロジェクト]をクリックして、[新しいプロジェクト]ダイアログを開いたところ。
  左側の[プロジェクトの種類]を見ると、独自に作成したプロジェクト・テンプレートのカテゴリが、各言語(前掲のTIPSでは「Visual C#」)のトップに画一的に含まれてしまっている。
  右側の[テンプレート]の下部にある[マイ テンプレート]の欄に表示されている、独自に作成したプロジェクト・テンプレートの名前が「WinAppWithVersionDialog」となっており、分かりにくい。

 そこで本稿では、プロジェクト・テンプレートのカテゴリ(上の図では例えば「Windows」「スマート デバイス」「データベース」など)を変更する方法とテンプレート名を日本語表記に修正する方法を紹介する。

プロジェクト・テンプレートのカテゴリを変更する方法

 まずはプロジェクト・テンプレートのカテゴリを変更してみよう。

 これには、「マイ ドキュメント\Visual Studio 2005\Templates\ProjectTemplates」(以降、「ユーザーごとのProjectTemplatesフォルダ」)に格納されている独自のプロジェクト・テンプレート・ファイル(.ZIPファイル。本稿の例では「WinAppWithVersionDialog.zip」)を、その配下の任意のフォルダに移動するだけでよい。

 例えば「ユーザーごとのProjectTemplatesフォルダ」の配下にある「Visual C#」の中に「独自カテゴリ」というフォルダを作成して、その中にプロジェクト・テンプレート・ファイルを移動してみよう。

 この状態で[新しいプロジェクト]ダイアログを開き、プロジェクト・テンプレートを確認してみると、次の画面のようになる。

新規作成した「独自カテゴリ」にある独自のプロジェクト・テンプレート
左側の[プロジェクトの種類]の[Visual C#]−[独自カテゴリ]の中に、独自に作成したプロジェクト・テンプレートが格納されている。

 先ほどは「独自カテゴリ」という新規のフォルダだったが、ここで例えば「スタート キット」などの既存のカテゴリ名と同じ名前のフォルダを作成して、そこにプロジェクト・テンプレート・ファイルを移動すれば、そのカテゴリにプロジェクト・テンプレートが格納される。次の画面はそれを実際に行ったところだ。

既存の「スタート キット」にカテゴライズされた独自のプロジェクト・テンプレート
左側の[プロジェクトの種類]の[Visual C#]−[スタート キット]の中に、独自に作成したプロジェクト・テンプレートが格納されている。

テンプレート名を日本語表記に修正する方法

 次にプロジェクト・テンプレート名を日本語に書き換える方法だが、これはプロジェクト・テンプレート・ファイル(.ZIPファイル)の中に格納されている「MyTemplate.vstemplate」という名前のXMLファイルを編集して行う。

 編集すべき個所は、<VSTemplate>要素−<TemplateData>要素の配下の<Name>要素の値だ(本稿の例では「WinAppWithVersionDialog」から「[バージョン情報]付きのWindowアプリケーション」に書き換える)。

 これを実際に行うには、.ZIPファイルであるプロジェクト・テンプレート・ファイルをいったん解凍して、「MyTemplate.vstemplate」を書き換え、再び.ZIPファイルとして圧縮し直す必要がある。

 その一連の手順は次の画面を参考にしてほしい(ただしWindows XPの場合の例である)。

プロジェクト・テンプレート・ファイル「WinAppWithVersionDialog.zip」をダブルクリック
左側のフォルダの作業から[ファイルをすべて展開]をクリック(右クリックで表示されるコンテキスト・メニューから行ってもよい)
これにより、ZIPファイルが解凍される
「MyTemplate.vstemplate」を編集
<VSTemplate>要素−<TemplateData>要素の配下の<Name>要素の値を「WinAppWithVersionDialog」から「[バージョン情報]付きのWindowアプリケーション」に書き換え、保存する
すべてのファイルを選択した状態で、メニュー・バーから[ファイル]−[送る]−[圧縮 (zip 形式) フォルダ]を選択し、ZIP圧縮を行う
生成されたZIPファイル(この例では「Properties.zip」)をもともとの「WinAppWithVersionDialog.zip」にリネームして、元の位置に戻す(具体的には、1つ上の階層で既存の「WinAppWithVersionDialog.zip」を上書きする)
解凍された「WinAppWithVersionDialog」フォルダはすでに不要なので削除してよい
テンプレート名を日本語表記に修正するための一連の手順
プロジェクト・テンプレート・ファイルを解凍して、「MyTemplate.vstemplate」を書き換え、再びZIP形式で圧縮し直す。

 以上の作業完了後、再び[新しいプロジェクト]ダイアログを開いてみよう。

テンプレート名が書き換わったプロジェクト・テンプレートの例
この例ではテンプレート名が「WinAppWithVersionDialog」から「[バージョン情報]付きのWindowアプリケーション」になったのを確認できる。

 このように正しくテンプレート名が書き換わる。End of Article

カテゴリ:Visual Studio 2005 処理対象:プロジェクト
関連TIPS:独自のプロジェクト・テンプレートを作成するには?

この記事と関連性の高い別の.NET TIPS
独自のプロジェクト・テンプレートを作成するには?
独自の項目テンプレートを作成するには?
My拡張をパッケージ化して再利用するには?
このリストは、(株)デジタルアドバンテージが開発した
自動関連記事探索システム Jigsaw(ジグソー) により自動抽出したものです。
generated by

「.NET TIPS」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH