.NET TIPS

既定のテキスト・エディタの.EXEファイル・パスを取得するには?[C#、VB]

デジタルアドバンテージ 一色 政彦
2007/11/29

 「TIPS:既定のブラウザ/メーラの.EXEファイル・パスを取得するには?」では、既定のブラウザや既定のメーラの.EXEファイル(実行ファイル)パスを取得する方法を紹介した。本TIPSでは、「既定(デフォルト)のテキスト・エディタ」の.EXEファイル・パスを取得する方法を紹介する。

 このような処理は、例えばプログラムから.htmlファイルを既定のテキスト・エディタで開きたいようなケースで役立つだろう。

既定のテキスト・エディタの.EXEファイル・パスを取得する方法

 既定のテキスト・エディタの.EXEファイルのパスを調べるには、レジストリを参照するとよい。具体的には、まず次のキーの「(既定)」値を調べる。

  • .txt拡張子へのマッピング:HKEY_CLASSES_ROOT\.txt

 このレジストリ値(以降、<.txt値>)はテキスト・エディタの情報が格納された場所を示すための識別子であり、実際の場所を示すキーは次のようなものになる。

  HKEY_CLASSES_ROOT\<.txt値>

 このキーの配下から、本稿の目的である.EXEファイル・パスの情報も得られる。具体的には、次のキーの「(既定)」値から取得できる。

  • .EXEファイルのパス:HKEY_CLASSES_ROOT\<.txt値>\shell\open\command

 次の画面は、レジストリ・エディタを使って、実際に既定のテキスト・エディタのレジストリ値を調べているところである。

(レジストリ・エディタによる)既定のテキスト・エディタに関するレジストリ値の参照
この例では「HKEY_CLASSES_ROOT\emeditor.txt\shell\open\command」を参照して、既定のテキスト・エディタの.EXEファイル・パスを調べている。なお、レジストリ・エディタを起動するには、[スタート]メニューの[ファイル名を指定して実行]をクリックして[ファイル名を指定して実行]ダイアログを開き、そのダイアログのテキストボックスに「regedit」を入力して実行する。
  キー「HKEY_CLASSES_ROOT\.txt」をクリックして「(既定)」値を参照する。この例では「emeditor.txt」が得られる(筆者はEmEditorというテキスト・エディタを既定にしている)。
  で得られた「emeditor.txt」を含む、キー「HKEY_CLASSES_ROOT\emeditor.txt\shell\open\command」をクリックして「(既定)」値を参照する。
  の「(既定)」値をダブルクリックすると、このような[文字列の編集]ダイアログが表示される。既定のテキスト・エディタの.EXEファイル・パスが含まれた文字列が格納されている。

 上の画面の例を見ると、レジストリ値では、既定のテキスト・エディタの.EXEファイルのフル・パスの後に「"%1"」というコマンドライン引数が続いている。コマンドライン引数(オプション)の方は、本稿の目的では不要なため、ここでは最初の.EXEファイル・パスのみを抽出すればOKである。

 レジストリの値を取得する方法については、「TIPS:レジストリの値を取得するには?」を参考にしてほしい。なお、本稿のように「(既定)」の値を取得する場合には、RegistryKeyオブジェクト(Microsoft.Win32名前空間)のGetValueメソッドの第1パラメータに空文字(「""」もしくは「String.Empty」)を指定すればよい。

 以上の処理を実装したコード例を次に示す。

using System;
using Microsoft.Win32;
using System.Diagnostics;

class Program
{
  static void Main(string[] args)
  {
    // 既定のテキスト・エディタのパスを取得する
    string textEditorPath = GetDefaultTextEditorExePath();

    // 既定のテキスト・エディタを立ち上げる
    Process.Start(textEditorPath);
  }

  private static string GetDefaultTextEditorExePath()
  {
    // 「HKEY_CLASSES_ROOT\.txt」の既定値(<.txt値>)を取得する
    string txtEditorName = "";

    // レジストリ・キーを開く
    string keyDotTxt = ".txt";
    RegistryKey rKeyDotTxt =
      Registry.ClassesRoot.OpenSubKey(keyDotTxt);
    if (rKeyDotTxt != null)
    {

      // レジストリの値を取得する
      string defaultValue =
        (string)rKeyDotTxt.GetValue(String.Empty);

      // レジストリ・キーを閉じる
      rKeyDotTxt.Close();

      txtEditorName = defaultValue;
    }
    if (txtEditorName == null || txtEditorName == "")
    {
      return "";
    }

    // 「HKEY_CLASSES_ROOT\<.txt値>\shell\open\command」
    // の既定値を取得する
    string path = "";

    // レジストリ・キーを開く
    string keyTxtEditor = txtEditorName + @"\shell\open\command";
    RegistryKey rKey =
      Registry.ClassesRoot.OpenSubKey(keyTxtEditor);
    if (rKey != null)
    {

      // レジストリの値を取得する
      string command = (string)rKey.GetValue(String.Empty);

      // レジストリ・キーを閉じる
      rKey.Close();

      if (command == null)
      {
        return path;
      }

      // 前後の余白を削る
      command = command.Trim();
      if (command.Length == 0)
      {
        return path;
      }

      // 「"」で始まるパス形式かどうかで処理を分ける
      if (command[0] == '"')
      {
        // 「"〜"」間の文字列を抽出
        int endIndex = command.IndexOf('"', 1);
        if (endIndex != -1)
        {
          // 抽出開始を「1」ずらす分、長さも「1」引く
          path = command.Substring(1, endIndex - 1);
        }
      }
      else
      {
        // 「(先頭)〜(スペース)」間の文字列を抽出
        int endIndex = command.IndexOf(' ');
        if (endIndex != -1)
        {
          path = command.Substring(0, endIndex);
        }
        else
        {
          path = command;
        }
      }
    }

    return path;
  }
}
Imports Microsoft.Win32
Imports System.Diagnostics

Module Module1

  Sub Main()
    ' 既定のテキスト・エディタのパスを取得する
    Dim textEditorPath As String = GetDefaultTextEditorExePath()

    ' 既定のテキスト・エディタを立ち上げる
    Process.Start(textEditorPath)
  End Sub

  Private Function GetDefaultTextEditorExePath() As String
    ' 「HKEY_CLASSES_ROOT\.txt」の既定値(<.txt値>)を取得する
    Dim txtEditorName As String = ""

    ' レジストリ・キーを開く
    Dim keyDotTxt As String = ".txt"
    Dim rKeyDotTxt As RegistryKey = _
      Registry.ClassesRoot.OpenSubKey(keyDotTxt)

    If rKeyDotTxt IsNot Nothing Then

      ' レジストリの値を取得する
      Dim defaultValue As String = _
        CType(rKeyDotTxt.GetValue(String.Empty), String)

      ' レジストリ・キーを閉じる
      rKeyDotTxt.Close()

      txtEditorName = defaultValue
    End If
    If txtEditorName = Nothing Or txtEditorName = "" Then
      Return ""
    End If

    ' 「HKEY_CLASSES_ROOT\<.txt値>\shell\open\command」
    ' の既定値を取得する
    Dim path As String = ""

    ' レジストリ・キーを開く
    Dim keyTxtEditor As String = _
      txtEditorName + "\shell\open\command"
    Dim rKey As RegistryKey = _
      Registry.ClassesRoot.OpenSubKey(keyTxtEditor)
    If rKey IsNot Nothing Then

      ' レジストリの値を取得する
      Dim command As String = _
      CType(rKey.GetValue(String.Empty), String)

      ' レジストリ・キーを閉じる
      rKey.Close()

      If command Is Nothing Then
        Return path
      End If

      ' 前後の余白を削る
      command = command.Trim()
      If command.Length = 0 Then
        Return path
      End If

      ' 「"」で始まるパス形式かどうかで処理を分ける
      If command(0) = """"c Then
        ' 「"〜"」間の文字列を抽出
        Dim endIndex As Integer = command.IndexOf(""""c, 1)
        If endIndex <> -1 Then
          ' 抽出開始を「1」ずらす分、長さも「1」引く
          path = command.Substring(1, endIndex - 1)
        End If
      Else
        ' 「(先頭)〜(スペース)」間の文字列を抽出
        Dim endIndex As Integer = command.IndexOf(" "c)
        If endIndex <> -1 Then
          path = command.Substring(0, endIndex)
        Else
          path = command
        End If
      End If

    End If

    Return path

  End Function

End Module
既定のテキスト・エディタの.EXEファイル・パスを取得するコンソール・アプリケーションのサンプル・プログラム(上:C#、下:VB)

 コードの意味、内容についてはコード中のコメントが参考になると思うので割愛する。

 このサンプル・プログラムを実行すると、既定のテキスト・エディタが起動する。プログラムの起動方法については「TIPS:ほかのアプリケーションを実行するには?」を参考にされたい。End of Article

カテゴリ:クラス・ライブラリ 処理対象:レジストリ
使用ライブラリ:Registryクラス(Microsoft.Win32名前空間)
使用ライブラリ:RegistryKeyクラス(Microsoft.Win32名前空間)
関連TIPS:既定のブラウザ/メーラの.EXEファイル・パスを取得するには?
関連TIPS:レジストリの値を取得するには?
関連TIPS:ほかのアプリケーションを実行するには?

この記事と関連性の高い別の.NET TIPS
既定のブラウザ/メーラの.EXEファイル・パスを取得するには?
レジストリの値を列挙するには?
レジストリの値を取得するには?
レジストリのキーを列挙するには?
レジストリの値のデータ型を判別するには?
このリストは、(株)デジタルアドバンテージが開発した
自動関連記事探索システム Jigsaw(ジグソー) により自動抽出したものです。
generated by

「.NET TIPS」


Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH