.NET TIPS

WebBrowserコントロールのコンテンツを文字列により設定するには?[2.0、C#、VB]

デジタルアドバンテージ 遠藤 孝信
2008/08/07

 Windowsフォーム用のWebBrowserコントロール(.NET Framework 2.0以降で利用可能)では、UriプロパティにURLを設定するか、URLを引数にしてNavigateメソッドを呼び出し、ページを表示するのが一般的だが、HTMLコードの文字列をWebページとして表示することも可能だ。ここではその方法を2つ紹介する。

DocumentTextプロパティによる表示

 1つ目の方法は非常にシンプルで、WebBrowserコントロールのDocumentTextプロパティに、HTMLの内容を含んだ文字列をセットするだけだ。

 次のサンプル・コードでは、WebClientクラス(System.Net名前空間)によりInsider.NETのトップ・ページのHTMLを取得し、それをWebBrowserコントロールに表示している。

// HTMLデータの取得
WebClient wc = new WebClient();
wc.Proxy = null;
wc.Encoding = System.Text.Encoding.GetEncoding("Shift_JIS");
string html = wc.DownloadString("http://www.atmarkit.co.jp/fdotnet");

webBrowser1.DocumentText = html;
' HTMLデータの取得
Dim wc As New WebClient()
wc.Proxy = Nothing
wc.Encoding = System.Text.Encoding.GetEncoding("Shift_JIS")
Dim html As String = wc.DownloadString("http://www.atmarkit.co.jp/fdotnet")

WebBrowser1.DocumentText = html
DocumentTextプロパティによりHTMLを表示(上:C#、下:VB)
変数webBrowser1はWebBrowserコントロールを参照しているものとする。また、WebClientクラスを使用しているため、System.Net名前空間のインポートが必要。

 WebClientクラスの使い方については「TIPS:WebClientクラスでWebページを取得するには?」で解説している。

 なお、当然ながら、相対URLで記述されている要素(=絶対URLで記述されていない要素。例えば「<img src="images/fdotnet_m.gif">」)については、正しく表示などが行えない。

OpenNew/Writeメソッドによる表示

 もう1つの方法は、WebBrowserコントロールに表示されているドキュメントを示すHtmlDocumentオブジェクト(Documentプロパティから取得できる)に対して、WriteメソッドによりHTMLを書き込む方法だ。メソッドの引数にはHTMLの内容を含んだ文字列を指定する。このとき、事前にOpenNewメソッドを呼び出すことにより、現在表示中のドキュメントの内容をクリアできる。

 ただし、アプリケーションの起動直後は、WebBrowserコントロールにHtmlDocumentオブジェクトが割り当てられていない。このため、下記のサンプル・コードのように、Navigateメソッドにより空白ページに移動するなどして、WebBrowserコントロールにページ表示をさせる処理が最初に必要となる。

// HTMLデータの取得
WebClient wc = new WebClient();
wc.Proxy = null;
wc.Encoding = System.Text.Encoding.GetEncoding("Shift_JIS");
string html = wc.DownloadString("http://www.atmarkit.co.jp/fdotnet");

// アプリケーション起動直後はドキュメントが存在しない
if (this.webBrowser1.Document == null)
{
  webBrowser1.Navigate("about:blank"); // 空白ページを開く
}

webBrowser1.Document.OpenNew(true); // クリア
webBrowser1.Document.Write(html); // 書き込み
' HTMLデータの取得
Dim wc As New WebClient()
wc.Proxy = Nothing
wc.Encoding = System.Text.Encoding.GetEncoding("Shift_JIS")
Dim html As String = wc.DownloadString("http://www.atmarkit.co.jp/fdotnet")

' アプリケーション起動直後はドキュメントが存在しない
If WebBrowser1.Document = Nothing Then
  WebBrowser1.Navigate("about:blank") ' 空白ページを開く
End If

WebBrowser1.Document.OpenNew(True) ' クリア
WebBrowser1.Document.Write(html) '書き込み
WriteメソッドによりHTMLを表示(上:C#、下:VB)
変数webBrowser1はWebBrowserコントロールを参照しているものとする。また、WebClientクラスを使用しているため、System.Net名前空間のインポートが必要。

 なお、OpenNewメソッドの引数には、WebBrowserコントロールが保持する履歴の現在のエントリを新しいドキュメントで置き換えるかどうかを指定する。

2つの方法の違い

 以上、2つの方法を示したが、DocumentTextプロパティに文字列をセットした場合には、Navigating、Navigated、DocumentCompletedなどのイベントが発生するのに対して、Writeメソッドで文字列を書き込んだ場合には、これらのイベントは発生しない。これが2つの方法の大きな違いといえる。End of Article

利用可能バージョン:.NET Framework 2.0以降
カテゴリ:Windowsフォーム 処理対象:WebBrowserコントロール
使用ライブラリ:WebBrowserコントロール(System.Windows.Forms名前空間)
使用ライブラリ:WebClientクラス(System.Net名前空間)
使用ライブラリ:HtmlDocumentクラス(System.Windows.Forms名前空間)
関連TIPS:WebClientクラスでWebページを取得するには?

この記事と関連性の高い別の.NET TIPS
WebBrowserコントロールによりWebページからリンクや画像を抽出するには?
WindowsアプリケーションでWebページを表示するには?
WPFアプリケーションでWebページを表示するには?
WebBrowserコントロール内のテキストボックスに文字列をセットするには?
WebBrowserコントロールで選択されている文字列をコピーするには?
このリストは、(株)デジタルアドバンテージが開発した
自動関連記事探索システム Jigsaw(ジグソー) により自動抽出したものです。
generated by

「.NET TIPS」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH