.NET TIPS

Windowsフォームで円を描くには?[2.0、3.0、3.5、3.5 SP1、VS 2008、C#、VB、]

デジタルアドバンテージ 一色 政彦
2008/09/11

 .NET Framework 3.5 SP1では、OvalShapeコントロールが追加され、フォーム上に円(=線による「円」もしくは「だ円」)が描けるようになった(Visual Basic PowerPacksに所属するコントロールとして提供されるが、デフォルトのVisual Studio 2008 SP1環境の「C#」でも利用可能)。本稿では、このOvalShapeコントロールの利用方法を紹介する。なお、SP1を適用したVisual Studio 2008(以降、VS 2008)の使用を前提とする。

OvalShapeコントロールの利用方法

 OvalShapeコントロールを使用するには、VS 2008のIDEのWindowsフォーム・デザイナを表示した状態で[ツールボックス]の[Visual Basic PowerPacks]タブを開き、その中にある[OvalShape]コントロールをフォーム上にドラッグ&ドロップする。これにより、次の画面のようにフォーム上に円(=OvalShapeコントロール)が配置される。

OvalShapeコントロールの追加

 後は、フォーム上に配置されたOvalShapeコントロール(Microsoft.VisualBasic.PowerPacks名前空間)の円の真ん中をつかんでドラッグ&ドロップで移動させたり、四隅や上下左右の中央をつかんで拡大/縮小させたりすればよい。

もちろん、次の画面のように[プロパティ]ウィンドウで位置(Location)やサイズ(Size)を指定してもよい。例えば正円にしたい場合は、サイズ指定の方が便利だ。

円の位置&サイズの指定
コードとして記述する場合にも、上の画面で分かるように、円の位置はLocationプロパティ(Point型)、円のサイズはSizeプロパティ(Size型)を使えばよい。

円の線をカスタマイズする方法

 OvalShapeコントロールではいくつかの線種(=円の種類)が(BorderStyleプロパティで)用意されている。具体的には以下のとおり(この線種は、「TIPS:Windowsフォームで直線を描くには?」に掲載したものと同じである)。

BorderStyleプロパティ 内容 サンプル
Solid 実線。デフォルト値
Dash 点線
Dot
DashDot 点線+点
DashDotDot 点線+点+点
OvalShapeコントロールに用意されている線種
このほかに「Custom」という線種が用意されているが、これは独自の線を書きたい場合に使うもの。これを選択した場合は、OnPaintメソッドをオーバーライドして、そこでGraphicsクラス(System.Drawing名前空間)のDrawLineメソッドなどを使って自分で線を描く必要がある。

 これらの線種は[プロパティ]ウィンドウの[BorderStyle]プロパティで指定できる。さらに、次の画面のように[BorderWidth]プロパティで線の太さを変更したり、[BorderColor]プロパティで線の色を変えたりすることも可能だ。

線種や線の太さ/色の指定

円の塗りつぶしとそのパターン

 当然ながらOvalShapeコントロールの円内を塗りつぶすこともできる。その際の色は、FillColorプロパティで設定できる。

 また、その塗りつぶし方のパターンも(FillStyleプロパティで)55種類が用意されている。具体的には次の表のとおりだ。なお、この表の例ではFillColorプロパティに「ControlText」を設定しているため、塗りつぶしの色は「黒」になっている。

FillStyleプロパティ 内容 サンプル
Transparent 透明(=表示なし)。デフォルト値
Solid 不透明(=すべてFillColorプロパティに設定された色で塗りつぶす)
Horizontal 水平線パターン
Vertical 垂直線パターン
ForwardDiagonal 左上から右下への斜線のパターン
BackwardDiagonal 右上から左下への斜線のパターン
Cross 水平線と垂直線がクロスするパターン
DiagonalCross 左上から右下への斜線と右上から左下への斜線がクロスするパターン
Percent05 5%の塗りつぶし
Percent10 10%の塗りつぶし
Percent20 20%の塗りつぶし
Percent25 25%の塗りつぶし
Percent30 30%の塗りつぶし
Percent40 40%の塗りつぶし
Percent50 50%の塗りつぶし
Percent60 60%の塗りつぶし
Percent70 70%の塗りつぶし
Percent75 75%の塗りつぶし
Percent80 80%の塗りつぶし
Percent90 90%の塗りつぶし
LightDownwardDiagonal ForwardDiagonalと同じパターンで、線同士の間隔を50%狭めたもの
LightUpwardDiagonal BackwardDiagonalと同じパターンで、線同士の間隔を50%狭めたもの
DarkDownwardDiagonal LightDownwardDiagonalと同じパターンで、線の太さを2倍にしたもの
DarkUpwardDiagonal LightUpwardDiagonalと同じパターンで、線の太さを2倍にしたもの
WideDownwardDiagonal ForwardDiagonalと同じパターンで、線の太さを2倍にしたもの
WideUpwardDiagonal BackwardDiagonalと同じパターンで、線の太さを2倍にしたもの
LightVertical Verticalと同じパターンで、線同士の間隔を50%狭めたもの
LightHorizontal Horizontalと同じパターンで、線同士の間隔を50%狭めたもの
NarrowVertical Verticalと同じパターンで、線同士の間隔を75%狭めたもの
NarrowHorizontal Horizontalと同じパターンで、線同士の間隔を75%狭めたもの
DarkVertical Verticalと同じパターンで、線の太さを2倍にしたもの
DarkHorizontal Horizontalと同じパターンで、線の太さを2倍にしたもの
DashedDownwardDiagonal ForwardDiagonalと同じパターンで、線を点線にしたもの
DashedUpwardDiagonal BackwardDiagonalと同じパターンで、線を点線にしたもの
DashedHorizontal Horizontalと同じパターンで、線を点線にしたもの
DashedVertical Verticalと同じパターンで、線を点線にしたもの
SmallConfetti 紙吹雪風のパターン
LargeConfetti SmallConfettiと同じパターンで、各ピースを大きくしたもの
ZigZag ジグザグのパターン
Wave チルダ(〜)で構成したパターン
DiagonalBrick 斜め方向に並べた「れんが」風のパターン
HorizontalBrick 水平方向に並べた「れんが」風のパターン
Weave 織物風のパターン
Plaid 格子じまのパターン
Divot 芝生風のパターン
DottedGrid Crossと同じパターンで、線をドット(=点々)にしたもの
DottedDiamond DiagonalCrossと同じパターンで、線をドット(=点々)にしたもの
Shingle 屋根瓦風のパターン
Trellis トレリス(=木製の格子フェンス)風のパターン
Sphere 球状のものが密接して並んでいるパターン
SmallGrid Crossと同じパターンで、線同士の間隔を50%狭めたもの
SmallCheckerBoard チェス盤風のパターン
LargeCheckerBoard SmallCheckerBoardと同じパターンで、各ピースを大きくしたもの
OutlineShapedDiamond 基本的にDiagonalCrossと同じだが、アンチエイリアスが掛かっていない
SolidDiamond 斜めに配置したチェス盤風のパターン
OvalShapeコントロールに用意されている塗りつぶしパターン

 なお、FillStyleプロパティが「Transparent」(透明)の場合、BackStyleプロパティに「Opaque」(不透明)を設定すれば、背景色(BackColorプロパティの値)が表示されるようになる。

塗りつぶしのグラデーションとそのパターン

 FillColorプロパティで色を設定できることは説明したが、この色をグラデーションにすることもできる。これには、FillGradientStyleプロパティをデフォルトの「None」からほかの値に変更すればよい。FillGradientStyleプロパティに指定できる値は次の表のとおり。

FillGradientStyleプロパティ 内容 サンプル
None グラデーションなし。デフォルト値
Horizontal 左から右へ水平方向のグラデーション・パターン
Vertical 上から下への垂直方向のグラデーション・パターン
ForwardDiagonal 左上から右下への斜め方向のグラデーション・パターン
BackwardDiagonal 右上から左下への斜め方向のグラデーション・パターン
Central 外側全体から中心に向かってのグラデーション・パターン
OvalShapeコントロールに用意されているグラデーション・パターン

 FillColorプロパティに設定された色から、FillGradientColorプロパティに設定された色へグラデーションが行われる。上の表のサンプルでは、FillColorプロパティに「Orange」を、FillGradientColorプロパティに「Yellow」を設定している。次の画面はその際の画面キャプチャだ。

塗りつぶし色のグラデーションの指定

 なお、FillStyleプロパティには必ず「Solid」を指定する必要がある。これ以外の塗りつぶしパターンとの組み合わせはできない。

円内の背景に画像を設定する方法

 以上で説明してきた塗りつぶしのほかに、背景画像を設定することもできる。これには、BackgroundImageプロパティを設定すればよい。画像の表示パターンも選択可能で、これはBackgroundImageLayoutプロパティで指定できる。BackgroundImageLayoutプロパティに指定できる値は次の表のとおり。

BackgroundImageLayoutプロパティ 内容 サンプル
None 左上に1つだけ表示される
Tile コントロール内に敷き詰められる。デフォルト値
Center 中央に1つだけ表示される
Stretch コントロール全体に縦横の比率を「無視」して拡大・縮小する
Zoom コントロール全体に縦横の比率を維持して拡大・縮小する
OvalShapeコントロールに用意されている背景画像の表示パターン

 この表のサンプルを見れば分かるが、画像は、背景色やグラデーションによる塗りつぶしよりも手前に表示される。背景色を表示したくない場合は、BackStyleプロパティに「Transparent」を設定すればよい。また、グラデーションを表示したくない場合は、FillStyleプロパティに「Transparent」を設定すればよい。

OvalShapeコントロールの注意点

 最後に1つだけ注意点を挙げておく。OvalShapeコントロールを利用したアプリケーションを実するには、コンピュータに「Microsoft.VisualBasic.PowerPacks.Vs」というアセンブリ(.dllファイル)が必要となる。このアセンブリをインストール方法については、「TIPS:Windowsフォームで直線を描くには?」の「LineShapeコントロールの注意点」の項を参照してほしい。End of Article

利用可能バージョン:.NET Framework 2.0
利用可能バージョン:.NET Framework 3.0
利用可能バージョン:.NET Framework 3.5
利用可能バージョン:.NET Framework 3.5 SP1
カテゴリ:Windowsフォーム 処理対象:OvalShapeコントロール
使用ライブラリ:OvalShapeコントロール(Microsoft.VisualBasic.PowerPacks名前空間)
使用ライブラリ:Graphicsクラス(System.Drawing名前空間)
使用ライブラリ:Point型(System.Drawing名前空間)
使用ライブラリ:Size型(System.Drawing名前空間)
関連TIPS:TIPS:Windowsフォームで直線を描くには?

この記事と関連性の高い別の.NET TIPS
Windowsフォームで四角を描くには?
Windowsフォームで直線を描くには?
VB PowerPacksの直線/丸/四角を選択されないようにするには?
PictureBoxコントロール上に文字を表示するには?
DataGridコントロールで入力中のセルをハイライト表示するには?
このリストは、(株)デジタルアドバンテージが開発した
自動関連記事探索システム Jigsaw(ジグソー) により自動抽出したものです。
generated by

「.NET TIPS」


Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH