.NET TIPS

[ASP.NET]DetailsViewコントロールで単票を表示するには?[2.0、3.0、3.5、C#、VB]

山田 祥寛
2009/02/12

 GridViewコントロールが、データベースなどのデータソースから取得した内容を一覧(グリッド)表示するためのコントロールであるのに対して、DetailsViewコントロールはその名のとおり、データを単票形式(詳細ビュー)で表示するためのコントロールだ。

 次の画面はDetailsViewコントロールで作成した単票ビューの例である。

DetailsViewコントロールで作成した単票ビュー
データソースから取得した内容を定型的な単票ビューに整形する。複数のレコードがバインドされた場合は、複数のページとして表示される。

 DetailsViewコントロールは、見掛けこそ単票形式で、GridViewコントロールとはまったくの別物であるようにも見えるが、データソース・コントロールとの関連付けやXxxxxFieldフィールド(System.Web.UI.WebControls.DataControlFieldクラスの派生クラス)による列レイアウトのカスタマイズ方法などは、GridViewコントロールとほとんど同じ要領で行える。すでにGridViewコントロールについて理解しているならば、GridView/DetailsViewコントロールを別物として見るのではなく、共通点を意識しながら見ていくことで、理解がしやすいはずだ。本稿でも、GridViewコントロールの関連するTIPSを引用しながら、DetailsViewコントロールの使い方を紹介する。

●DetailsViewコントロールの基本

 さて、それではさっそく、DetailsViewコントロールを使った詳細ビューの実装手順を見ていくことにしよう。

 なお、以降のサンプルを動作させるには、あらかじめ詳細ビュー(DetailsViewコントロール)に表示すべきデータソースとして、データベース上に以下のようなBookテーブルを用意しておく必要がある。

フィールド名 データ型 概要
isbn CHAR(17) ISBNコード(主キー)
title VARCHAR(100) 書名
price SMALLINT 価格
publish VARCHAR(25) 出版社名
published DATETIME 刊行日
Bookテーブルのフィールド・レイアウト

 また、Bookテーブルには、グリッド表に表示できるように適当なデータを何件か登録しておこう。

1. 新規のWebフォームを作成する

 新規のWebフォーム(Details.aspx)を作成したら、フォーム・デザイナから以下の画面の要領でDetailsViewコントロールを配置する。また、横幅を表すWidthプロパティの値を削除し、空の状態にしておく*1

*1 そのままでも構わないが、データの長さによっては表示が乱れてしまう。横幅の制約がないのであれば、取りあえずはWidthプロパティを空(無指定)にしておくのが好ましい。

Webフォーム(Details.aspx)のフォーム・レイアウト
DetailsViewコントロール(IDは「details」)を配置する。

 DetailsViewコントロールの右肩には[DetailsViewタスク]メニューが表示されるので、ここから[データソースの選択]−[<新しいデータソース>]を選択する(タスク・メニューが表示されない場合には、DetailsViewコントロール右肩のアイコンをクリックすればよい)。

 以下の画面のようなデータ構成ウィザードが表示されるので、ここからはウィザードに沿ってデータソースへのアクセスに必要な情報を設定していこう。

データソース構成ウィザード
DetailsViewコントロールにバインドしたいデータソースの設定を、ウィザード形式で行う。

 データソース構成ウィザードについては、「TIPS:[ASP.NET]GridViewコントロールでデータソースの内容を表示するには?」で詳しく扱っているので、こちらを参照いただきたい。

 ここでは、以下の表の要領でウィザードを進めていこう。

項目 設定値
データの種類 データベース
データソースID sds
データ接続の選択 MyDB(接続名)
Selectステートメントの構成
テーブル book
「*」をチェック
詳細設定 [INSERT、UPDATE、およびDELETEステートメントの生成]をチェック
データソース構成ウィザードの設定

 [完了]ボタンをクリックすると、フォーム・デザイナではDetailsViewコントロールの下にSqlDataSourceコントロールが配置され、DetailsViewコントロールにもデータソース(この場合はBookテーブル)の内容がバインドされていることが確認できるはずだ。

3. DetailsViewコントロールの動作を定義する

 データがバインドできたら、DetailsViewコントロールで挿入/更新/削除機能、ページング機能が動作するように、それぞれのオプションを有効にするとともに、オートフォーマットで詳細ビューの見栄えも整えておこう。

 これらの設定を行うには、DetailsViewコントロールのタスク・メニューから、以下の画面の要領で該当するチェック・ボックスにチェックを入れておけばよい。

DetailsViewコントロールのタスク・メニュー

 また、[オートフォーマット]リンクをクリックすると、[オートフォーマット]ダイアログが起動するので、ここでは「クラシック」を選択しておこう。

[オートフォーマット]ダイアログ

 これで青色を基調とした見栄えのする詳細ビューが出来上がるはずだ。もちろん、このような出来合いのテンプレートをそのまま利用するだけではなく、プロパティ・ウィンドウからXxxxxStyleプロパティを指定することで、各部のスタイル設定を自由にカスタマイズすることも可能だ。それぞれの部分に指定可能な具体的なプロパティ項目については、「MSDN:TableItemStyleメンバ(System.Web.UI.WebControls名前空間)」を参照していただきたい。

 以上を理解できたら、ここまでのサンプル・プログラムを実行してみよう。

サンプル・プログラムの実行結果
[編集]リンク、[新規作成]リンクをクリックすると、それぞれ編集モードや挿入モードに画面が切り替わる。

 上の画面のようにbookテーブルの内容が詳細ビューとして表示されることを確認してみよう。また、[新規作成][編集][削除]リンクをクリックすることで、データが挿入/更新/削除されるなどの動作も確認してみてほしい。End of Article

利用可能バージョン:.NET Framework 2.0
利用可能バージョン:.NET Framework 3.0
利用可能バージョン:.NET Framework 3.5
カテゴリ:Webフォーム 処理対象:DetailsViewコントロール
使用ライブラリ:DetailsViewコントロール
関連TIPS:[ASP.NET]GridViewコントロールでデータソースの内容を表示するには?

この記事と関連性の高い別の.NET TIPS
[ASP.NET]GridView+DetailsViewコントロールで一覧/明細画面を作成するには?
[ASP.NET]DetailsViewコントロールの列表示をカスタマイズするには?
[ASP.NET]FormViewコントロールで単票を表示するには?
[ASP.NET]GridViewコントロールでデータソースの内容を表示するには?
[ASP.NET]GridViewコントロールを階層表示させるには?
このリストは、(株)デジタルアドバンテージが開発した
自動関連記事探索システム Jigsaw(ジグソー) により自動抽出したものです。
generated by

「.NET TIPS」


Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH