.NET TIPS

Visual Studio 2008でデバッグ終了後、編集可能になるまでに時間がかかる場合は?

デジタルアドバンテージ 遠藤 孝信
2009/07/16

 Visual Studio 2008(以下、VS 2008)でアプリケーションのデバッグ実行を終了させた後、次に画面が操作できるようになるまで非常に時間がかかる(遅くなる)場合がある。

 例えば、Windowsアプリケーションのデバッグ実行を開始し、その後、そのWindowsアプリケーションを終了して再びコードやデザインを編集しようとしても、VS 2008がしばらくの間“応答なし”の状態になり、すぐに作業を継続できないといった状況だ。

 このような症状は、[スタート ページ]タブを閉じておけば解消される場合がある。

 既定では、[スタート ページ]タブはVS 2008の開始時に開くようになっており、明示的に閉じない限り、タブの1つとして表示されて続けているはずだ(ただし、デバッグ中は非表示になる)。これを閉じればよい。


VS 2008の[スタート ページ]タブ(赤枠部分)

 オプション設定により、VS 2008の起動時からスタート・ページを開かないようにすることも可能だ。

 これには、メニューバーの[ツール]−[オプション]により[オプション]ダイアログを開き、左側のツリーで[環境]−[スタートアップ]を選択して、画面右側一番上の「スタート ページの表示」が選択されているドロップダウンリストで別の項目(「空の環境の表示」など)を選択する。


[オプション]ダイアログにあるスタートアップ設定

 あるいは、筆者が試した限りでは、「コンテンツをダウンロードする間隔」のチェックさえはずしておけば、スタート・ページを表示していたとしても、デバッグ開始後に遅くならないようだ。ただし、このチェックをはずすと、スタート・ページにはマイクロソフトからの最新ニュース(RSSフィード)が自動的に表示されなくなる。End of Article

利用可能バージョン:.NET Framework 2.0以降
カテゴリ:Visual Studio 2008 処理対象:IDE

この記事と関連性の高い別の.NET TIPS
スタート・ページからプロジェクト・フォルダを開くには?
Visual Studioの起動を速くするには?
スタート・ページでプロジェクト一覧の項目を削除するには?
Visual Studioの起動時に前回のプロジェクトを開くには?
Visual Studioでコンソール・アプリケーションのデバッグ実行時にコマンド・プロンプトを閉じないようにするには?
このリストは、(株)デジタルアドバンテージが開発した
自動関連記事探索システム Jigsaw(ジグソー) により自動抽出したものです。
generated by

「.NET TIPS」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH