.NET TIPS

文字列中における特定文字の出現回数をカウントするには?[C#、VB]

デジタルアドバンテージ 遠藤 孝信
2009/08/06

 指定された文字列中に、特定の文字が何回出現するかをカウントしたい場合、標準ではそのようなメソッドは用意されていないが、次のようにして簡単に記述できる。

using System;

class Program {

  // 文字の出現回数をカウント
  public static int CountChar(string s, char c) {
    return s.Length - s.Replace(c.ToString(), "").Length;
  }

  static void Main() {

    string s = "この文字列の中の「の」の数は?";

    Console.WriteLine(CountChar(s, 'の')); // 出力:5
  }
}
Imports System

Class Program

  ' 文字の出現回数をカウント
  Public Shared Function CountChar(ByVal s As String, ByVal c As Char) As Integer
    Return s.Length - s.Replace(c.ToString(), "").Length
  End Function

  Shared Sub Main()

    Dim s As String = "この文字列の中の「の」の数は?"

    Console.WriteLine(CountChar(s, "の")) ' 出力:5
  End Sub
End Class
文字の出現回数をカウントするプログラム(上:C#、下:VB)

 CountCharメソッドでは、Stringクラス(System名前空間)のReplaceメソッドを用いて、カウントする文字を消去した文字列と、元の文字列との長さの差により文字数のカウントを行っている。文字列をループしていないところがポイントといえる。End of Article

カテゴリ:クラス・ライブラリ 処理対象:文字列
使用ライブラリ:Stringクラス(System名前空間)

この記事と関連性の高い別の.NET TIPS
LINQ:文字列中における特定文字の出現回数をカウントするには?[C#、VB]
文字列から特定の文字列を取り除くには?
文字と文字列を変換するには?
文字数を正確にカウントするには?(サロゲート文字対応)
正規表現を使って文字列から部分文字列を取り除くには?
このリストは、(株)デジタルアドバンテージが開発した
自動関連記事探索システム Jigsaw(ジグソー) により自動抽出したものです。
generated by

「.NET TIPS」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH