.NET TIPS

[ASP.NET AJAX]ComboBoxコントロールの見栄えや挙動を設定するには?[3.5、C#、VB]

山田 祥寛
2009/10/08

 「TIPS:[ASP.NET AJAX]ComboBoxコントロールでWindowsフォームライクなコンボボックスを作成するには?」では、ComboBoxコントロールでWindowsフォーム・ライクなコンボボックスを実装する基本的な方法について紹介した。もっとも、そこで説明したのはComboBoxコントロールのスタンダードな用法だけである。

 本稿では引き続き各種設定を変更することで、コンボボックスの見栄えや挙動を変更する方法について紹介していく。

●候補検索機能と入力補完機能

 ComboBoxコントロールでは、AutoCompleteModeプロパティを指定することで、コンボボックスに手入力した場合の候補検索/入力補完機能の動きを変更できる。前述のTIPSでは「Append」を設定し、手入力されたテキストに応じて、最初にマッチした候補が補完されるようにした。

「AutoCompleteMode="Append"」の場合の挙動
手入力したテキストに応じて、最初にマッチした候補が補完される。

 補完するのではなく、ただマッチした候補リストを表示したいならば、AutoCompleteModeプロパティを「Suggest」とすればよい。以下のように、入力補完は行われなくなり、代わりに入力テキストに応じた候補リストが表示されるようになる。

「AutoCompleteMode="Suggest"」の場合の挙動
手入力したテキストに応じて、マッチする候補リストが表示される。

 入力補完機能と候補検索機能を同時に有効にしたい場合には、「SuggestAppend」を指定すればよい。以下のように、入力補完が行われると同時に、候補リストが表示されることが確認できるはずだ。

「AutoCompleteMode="SuggestAppend"」の場合の挙動
入力補完が行われると同時に、候補リストが表示されることが確認できる。

 なお、入力テキストとあらかじめ用意された候補リストを比較する際に、大文字小文字を区別したい場合には、CaseSensitiveプロパティをTrue(デフォルトはFalse)に設定すればよい。これによって、厳密に大文字/小文字を区別したマッチングが行われる。

●入力方法/リスト表示の設定

 ComboBoxコントロールのそもそもの入力方法やリスト表示を設定するのは、DropDownStyleプロパティの役割である。デフォルトの「DropDown」である場合、ここまでに見てきたように、コンボボックスにはデータソースの内容にかかわらず、任意のテキストを入力できる。

 これを、もしも候補リストにマッチしないテキストは入力できないようにしたい場合にはDropDownStyleプロパティを「DropDownList」と設定すればよい。この場合、ComboBoxコントロールは手入力できるものの、限りなくDropDownListコントロールに近い挙動をすることになる。

「DropDownStyleプロパティ="DropDownList"」の場合
候補リストにないテキストを入力することはできない。

 上の画面の状態では、キーボードから(例えば)「a」を入力しようとしても無視されるはずだ。

 そしてもう1つ、DropDownStyleプロパティを「Simple」に設定した場合には、任意のテキスト入力を認めるとともに、AutoCompleteModeプロパティの設定にかかわらず、常に候補リストを表示する。

「DropDownStyleプロパティ="Simple"」の場合
AutoCompleteModeプロパティにかかわらず、候補リストは常に表示。

 上の画面は、AutoCompleteModeプロパティを「None」(無効)にした例だ。この場合、本来であれば、候補検索機能は動作しないので候補リストも表示されないはずであるが、リストだけは表示されていることが確認できるはずだ(ただし、候補検索は行われないので、入力内容にかかわらず、リストは先頭部分が表示されている)。

●新規要素を挿入する方法

 ComboBoxコントロールでは、リストに存在しないテキストが入力された場合、ポストバックのタイミングでコンボボックスに要素が追加される。この際に、新規要素の挿入個所を決めるのがItemInsertLocationプロパティの役割である。

 例えば「Prepend」と設定した場合には、新規要素はリストの先頭に追加される。

「ItemInsertLocation="Prepend"」の場合
新規要素は、常にリストの先頭に追加される。

 逆にリストの末尾に追加したい場合には「Append」と設定すればよいし、「OrdinalText」「OrdinalValue」と設定した場合には、表示テキスト、またはオプションの値についてアルファベット順に要素が挿入されることになる。

●コンボボックスのスタイルをカスタマイズする

 コンボボックスのスタイルは、スタイルシートを設定することで自由に変更することが可能だ。ここでは、Control Toolkitのサンプルに付属しているAquaスタイルを現在のページに適用する方法を見てみよう。

 ComboBoxコントロールの見栄えを変更するには、以下のようなスタイルシートを用意すればよい(ここでは、Control ToolkitのサンプルからAquaスタイルの定義だけを引用させてもらっている)。なお、スタイルシートから参照しているaqua-bg.gif/aqua-arrow.gifなどの画像ファイルについては、サンプルに含まれているものをあらかじめ自分のアプリケーションにコピーしておくこと。

.AquaStyle .ajax__combobox_inputcontainer .ajax__combobox_textboxcontainer input
{
  margin: 0;
  background-image: url(aqua-bg.gif);
  background-position: top left;
  border: 0px none;
  padding: 2px 0px 0px 8px;
  font-size: 11px;
  height: 17px;
  width: 150px;
/* テキストボックス部分のスタイル */

.AquaStyle .ajax__combobox_inputcontainer .ajax__combobox_buttoncontainer button
{
  background-image: url(aqua-arrow.gif);
  background-position: top left;
  border: 0px none;
  height: 19px;
  width: 19px;
/* ボタン部分(下矢印)のスタイル */

.AquaStyle .ajax__combobox_itemlist {
  border-color: #000000;
  background-color: #FFFFFF;
/* 候補リストのスタイル */
Aquaスタイルを定義するスタイルシート(MyStyle.css)

 それぞれのクラスの適用個所については、ComboBoxコントロールで出力された実際のHTMLを確認いただいた方が理解しやすいだろう。

<div id="combo" class="AquaStyle" style="display:inline;">
  <table id="combo_Table" class="ajax__combobox_inputcontainer" ...>
    <tr>
      <td class="ajax__combobox_textboxcontainer">
        <input name="combo$TextBox" type="text" ... />
      </td>
      <td class="ajax__combobox_buttoncontainer">
        <button id="combo_Button" type="button" style="visibility:hidden;">
        </button>
      </td>
    </tr>
  </table>
  <ul id="combo_OptionList" class="ajax__combobox_itemlist" ...>
    <li>……中略……</li>
  </ul>
</div>
ComboBoxコントロールによって出力されたコード

 ComboBoxコントロールが、実際にはテキストボックス、ボタン、個条書きリストから構成されていることが分かると思う。MyStyle.cssでは、それぞれの個所に対してカスタムのスタイルを適用しているわけだ。自分でカスタムのスタイルを作成する場合の参考にしていただきたい。

 スタイルシートが用意できたら、あとはComboBoxコントロールのCssClassプロパティに対して、スタイル・クラス名(ここでは「AquaStyle」)を指定するだけだ。実行してみると、コンボボックスが以下のように表示されることが確認できるはずだ。

Aquaスタイルを適用したコンボボックス

 Control Toolkitのサンプルには、Aquaのほかにも、Windows、AjaxToolkitスタイルが用意されている。特にスタンダードなWindowsスタイルは、一般的なサイトでもほかのデザインとマッチしやすく、使いでもあるところだろう。上で紹介したのと同じ要領で利用できるので、お試しいただきたい。

 以上、本稿ではComboBoxコントロールの各種プロパティについて解説してきた。最後に、いま一度、ComboBoxコントロールで利用できるプロパティを表にまとめておく。自分でComboBoxコントロールを利用する際の参考にしていただきたい。

プロパティ名 概要 デフォルト値
DropDownStyle 動作モード
設定値 概要
DropDownList リストにマッチしないテキストは入力不可
DropDown リストの内容にかかわらず、任意のテキストを入力可
Simple リストの内容にかかわらず、任意のテキストを入力可。また、AutoCompleteModeプロパティの設定にかかわらず、入力時はリストを常に表示
DropDown
AutoCompleteMode 入力自動補完モード
設定値 概要
None 何もしない
Suggest リストを表示し、入力テキストにマッチする最初の候補を反転表示
Append 入力テキストにマッチする最初の候補で補完(補完されたテキストを反転表示)
SuggestAppend Suggest、Append双方の挙動を同時に適用
None
CaseSensitive 入力と候補をマッチする際に大文字/小文字を区別するか False
RenderMode コンボボックスの描画モード(Inline|Block) Inline
ItemInsertLocation 新しい要素をリストに追加する方法
設定値 概要
Prepend 先頭に挿入
Append 末尾に追加
OrdinalText 表示テキストについてアルファベット順に挿入
OrdinalValue オプション値についてアルファベット順に挿入
Append
ListItemHoverCssClass リスト内の候補をハイライトする際に使用するスタイル・クラス
ComboBoxコントロールの主なプロパティ

 ここではComboBoxコントロール固有のプロパティのみを挙げているが、ComboBoxコントロールはListControlクラス(DropDownListやBulletedListコントロールなどの基底クラス)を継承している。従って、DropDownListやBulletedListなどのコントロールで利用できるプロパティの多くをComboBoxコントロールでも利用可能だ。End of Article

利用可能バージョン:.NET Framework 3.5
カテゴリ:Webフォーム 処理対象:ASP.NET AJAX
使用ライブラリ:ComboBoxコントロール
関連TIPS:[ASP.NET AJAX]ComboBoxコントロールでWindowsフォームライクなコンボボックスを作成するには?

この記事と関連性の高い別の.NET TIPS
[ASP.NET AJAX]ComboBoxコントロールでWindowsフォーム・ライクなコンボボックスを作成するには?
オートコンプリート機能で独自の補完候補を使用するには?
テキストボックスでオートコンプリート機能を使用するには?
コンボボックス(ComboBoxコントロール)を読み取り専用にするには?
[ASP.NET AJAX]AutoCompleteコントロールでGoogleサジェスト風なオートコンプリート機能を実装するには?
このリストは、(株)デジタルアドバンテージが開発した
自動関連記事探索システム Jigsaw(ジグソー) により自動抽出したものです。
generated by

「.NET TIPS」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH