.NET TIPS

[Silverlight 2]タイマを利用するには?[C#、VB]

デジタルアドバンテージ 一色 政彦
2009/10/22

 タイマとは、一定時間間隔で何らかの処理を行うための機能。Silverlightでは、このタイマ機能をDispatcherTimerクラス(System.Windows.Threading名前空間)により利用できる。

 次のサンプルは、タイマ機能を使ったシンプルな時計である。100ミリ秒ごとにTextBlockコントロールに対して時刻表示のテキストを設定している。

一定時間間隔で何らかの処理を行うサンプル・アプリケーション

■DispatcherTimerクラスにより一定時間間隔で処理を行う方法

 DispatcherTimerクラスを利用するには、DispatcherTimerオブジェクトを生成して(コンストラクタ・パラメータなし)、時間間隔と処理メソッドの設定を行い(後述)、タイマの実行を開始するStartメソッド(パラメータなし)を呼び出す。

 時間間隔は、DispatcherTimerオブジェクトのIntervalプロパティにTimeSpan型のオブジェクトとして設定する。(ミリ秒単位で)TimeSpanオブジェクトを作成するには、次のような5つのint/Integer型の引数を取るコンストラクタを利用する。

TimeSpan(日数、時間数、分数、秒数、ミリ秒数)

 また、処理メソッドは、Tickイベント・ハンドラとなるメソッドをEventHandlerデリゲート(System名前空間)として指定する。

 以上の内容で実際に作成したのが、下記のサンプル・コードだ。このコードでは、100ミリ秒間隔でtimer_Tickメソッドが呼び出され、そこで現在日時がTextBlockコントロール(textBlockInfo)のTextプロパティに設定されている。各種プロパティの設定などは、Silverlightページのコンストラクタ(Pageコンストラクタ)で行われている。

using System;
using System.Windows.Controls;
using System.Windows.Threading;

namespace SilverlightApplication1
{
  public partial class Page : UserControl
  {

    private DispatcherTimer timer = new DispatcherTimer();

    public Page()
    {
      InitializeComponent();

      timer.Interval = new TimeSpan(0, 0, 0, 0, 100);
      timer.Tick += new EventHandler(timer_Tick);
      timer.Start();
    }

    void timer_Tick(object sender, EventArgs e)
    {
      this.textBlockInfo.Text = DateTime.Now.ToString();
    }

  }
}
Imports System.Windows.Threading

Partial Public Class Page
  Inherits UserControl

  Private WithEvents timer As New DispatcherTimer()

  Public Sub New()
    InitializeComponent()

    timer.Interval = New TimeSpan(0, 0, 0, 0, 100)
    timer.Start()

  End Sub

  Public Sub timer_Tick(ByVal sender As Object, ByVal e As EventArgs) Handles timer.Tick
    Me.textBlockInfo.Text = DateTime.Now.ToString()
  End Sub

End Class
一定時間間隔で何らかの処理を行うサンプル・コード(上:C#、下:VB)

 これを実行すると、冒頭のサンプル・アプリケーションのように動作する。

 なお、タイマを停止したい場合には、DispatcherTimerオブジェクトのStopメソッド(パラメータなし)を呼び出す。End of Article

カテゴリ:Silverlight 2 処理対象:スレッド
使用ライブラリ:DispatcherTimerクラス(System.Windows.Threading名前空間)
使用ライブラリ:TimeSpan構造体(System名前空間)
使用ライブラリ:EventHandlerデリゲート(System名前空間)

この記事と関連性の高い別の.NET TIPS
秒数を「hh:mm:ss」形式の文字列にするには?
タイマにより一定時間間隔で処理を行うには?(Windowsタイマ編)
タイマにより一定時間間隔で処理を行うには?(スレッド・タイマ編)
処理時間を正確に計測するには?
タイマにより一定時間間隔で処理を行うには?(サーバベース・タイマ編)
このリストは、(株)デジタルアドバンテージが開発した
自動関連記事探索システム Jigsaw(ジグソー) により自動抽出したものです。
generated by

「.NET TIPS」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH