.NET TIPS

JSON形式のデータの内容を確認するには?(JSON Viewer活用)

デジタルアドバンテージ 一色 政彦
2010/04/01

 最近、REST APIを中心に、WebアプリケーションやWebサービスにおけるJSON(JavaScript Object Notation)形式データの活用が増えてきている。代表的なものでは、Twitter APIのJSON形式データなどがある。例えば、下記のURLアドレスにブラウザなどで(GETメソッドにより)アクセスすれば、JSON形式のデータが得られる。

http://twitter.com/statuses/public_timeline.json

 このURLに実際にアクセスしてJSONデータの内容をテキスト・エディタなどで見てみると分かるように、JSON形式データの内容をテキスト形式で確認するのは大変である。次の画面は、テキスト・エディタで確認しているところ。

テキスト・エディタでJSON形式データを表示している例

 このような場合には、オープン・ソースのJSON Viewerというツールを使うと、より簡単にJSON形式データを確認できるようになる。JSON Viewerは、次のリンク先からダウンロードできる。

 ダウンロードしたJsonViewerPackage.zipファイルを展開し、その中に含まれるJsonViewフォルダ内のJsonView.exeファイルを実行する。これにより、JsonViewというWindowsフォーム・アプリケーションが起動する。

 次の画面は、このJSON Viewerを使ってJSONデータを確認しているところだ。

JSON ViewerでJSON形式データを表示している例

 使い方は簡単で、[Text]タブを開いてJSON形式データのテキストをテキストボックス内に貼り付けるだけだ。その後、[Viewer]タブを開くと、上の画面のようにツリー形式で表示される。

[Text]タブのテキストボックス内で整形されたJSON形式データの例

 また、[Text]タブの上部にあるツールバーから[Format]を実行すると、JSON形式データのテキストが整形されて見やすくなる。上の画面はその例である。End of Article

カテゴリ:開発環境&ツール 処理対象:ツール

この記事と関連性の高い別の.NET TIPS
構文:JSONデータを解析するには?[JavaScript/jQuery][C# 6.0]
JSONデータを作成/解析するには?[C#/VB]
[ASP.NET AJAX]ダイナミック・コンテキスト機能で構造化データを受け渡しするには?
[ASP.NET AJAX]Webサービス・ブリッジ機能により構造化データを受け渡しするには?(応用編)
JavaScriptで配列をLINQにより処理できるライブラリ「linq.js」を利用するには?
このリストは、(株)デジタルアドバンテージが開発した
自動関連記事探索システム Jigsaw(ジグソー) により自動抽出したものです。
generated by

「.NET TIPS」


Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH