特集
.NET Framework入門
――Microsoft.NET対応ソフトウェアのための開発プラットフォーム、.NET Frameworkを理解する――


デジタルアドバンテージ 遠藤孝信
2000/12/14

p.1 p.2 p.3 p.4 p.5 p.6 p.7 p.8 p.9

本記事は改訂されました。改訂版の「.NETとは何か? ― 基礎解説:.NET初心者のための.NET入門【2011年版】」をご覧ください。

 マイクロソフトは先ごろ、次世代のインターネット戦略であるMicrosoft.NET(マイクロソフト・ドット・ネット)を発表した。この発表によれば、次世代のコンピューティング環境では、インターネットを前提とし、XMLSOAPといった標準プロトコルによって互いに通信できるWeb情報サービス(Web Service)を連携させることで、全体のサービスを実現するという。ここで各Web Serviceは、途中に人間が介在することなく、他のWeb Serviceと会話するための手段を持っており、この機能によってWeb Service間の能動的な連携が可能になっている。つまり、Web Serviceの組み合わせや、呼び出し順序などを人間が指示しなくても、Web Serviceが自身の判断でそれらの組み合わせや順序などを制御できるということだ。このWeb Serviceや、それを土台とするMicrosoft.NETの基本的なビジョンについては、本サイトの別稿(「特集:Microsoft.NETが目指す次世代情報環境とは?」)が詳しいので参照されたい。

 SOAP/XMLインターフェイスを持つ新しいWeb Serviceや、既存のHTTPHTMLインターフェイスを持つサーバ・サイドWebアプリケーション、次世代のWindowsアプリケーション(クライアント・アプリケーション)を開発し、それらを実行するために、マイクロソフトが提供するソフトウェア・プラットフォームが.NET Frameworkである。この.NET Frameworkは、インターネット・ワイドな分散アプリケーション開発を支援すると同時に、複数言語を組み合わせたソフトウェア開発をサポートし、コードの生産性/再利用性を高めてくれる。

 しかし.NET Frameworkがどれだけ優れた開発プラットフォームだとしても、プログラマにとってそれが未知の新しい存在であることに変わりはない。しかもこの山は、一朝一夕では踏破できない険しい山だ。本稿の目的は、この新しい開発プラットフォームを理解するための手始めとして、その全体像をプログラマの視点から概観することにある。

 次世代ソフトウェアはどのように進化するのか? それらを開発するうえで、プログラマが知らなければならないことは何か? .NETによってプログラマに与えられる新しいチャンスはどのようなものか? 大いなる疑問の答えを探してみよう。

関連記事(Insider.NET内)
特集
Microsoft.NETが目指す次世代情報環境とは?
 
 

 INDEX
[特集].NET Framework入門
    1.Microsoft.NETプラットフォームとWeb Service
    2..NETプラットフォームと.NET Framework
    3.Common Language Runtime(1)
   CLRの内部構造とプログラム実行の流れ
    4.Common Language Runtime(2)
   CLRによる複数言語サポート:
    VS.NETで標準サポートされる言語処理系
    5.Common Language Runtime(3)
   CLRによる複数言語サポート:
   サードパーティによってサポートが予定されている言語処理系
    6.ASP.NET(1)
    ASP.NETで何が変わるのか? まずは既存のASPと比較してみよう
    7.ASP.NET(2)
    VBライクなWebアプリケーション開発を可能にするASP.NETのサーバ・コントロール群
    8.ASP.NET(3)
    Web Service開発始めの一歩。サービス公開に必要なのはキーワード指定1つ 

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH