特集

マッシュアップ開発環境「Microsoft Popfly」

Popflyでマッシュアップの面白さを体感しよう!

宮崎 昭世
Microsoft MVP for ASP/ASP.NET
2008/01/25
Page1 Page2 Page3

 2007年12月14日にVisual Studio 2008日本語版がRTMとなり、LINQ、ASP.NET AJAXなどのマイクロソフトの新しいテクノロジがいよいよ本格的に利用できるようになった。

 一方、インターネット上ではVisual Studioとはまったく別のマイクロソフトの開発環境が話題になりつつある。ブラウザ上でマッシュアップをビジュアルに開発可能な「Popfly」(ポップフライ)である。

 マッシュアップとは、簡単にいえば複数のサービスを組み合わせることにより新しいサービスを作り出すことである。

 本特集ではPopflyを使って実際にマッシュアップを作成しながら、その手軽さ、面白さをお伝えしたい。

Popflyの前提環境

 Popflyを利用するためには、Silverlight 1.0が必要となる。Silverlightは、ブラウザでよりリッチなユーザー・エクスペリエンスを実現するためのプラグインである。Silverlightの動作環境については「Microsoft Silverlight : System Requirements」のページを参考にしてほしい。

 まずは、Silverlightをインストールしておこう。「Microsoft Silverlight : Install」のページからインストールしてほしい。

Popflyの利用登録

 では、実際にPopflyを使ってみよう。Popflyを利用するためにはWindows Live IDを使ったユーザー登録が必要となる。ユーザー登録には、まず「Popflyサイト」にアクセスする。

Popflyサイト
Microsoft Popfly」にアクセスするとPopflyのページが表示される。

 右上の[Sign In]ボタンをクリックすると、Windows Live ID入力ページが表示される。

Windows Live ID入力ページ
Windows Live IDとパスワードを入力する。Windows Live IDを持っていない場合は作成する。

 Windows Live IDとパスワードを入力し、[Sign In]ボタンをクリックすると、プロフィール作成ページが開く。プロフィール作成ページの各入力項目の入力方法については次の画面の説明を参考にしてほしい。

プロフィール作成ページ
初めてPopflyにアクセスするときにはプロフィール作成ページが表示されるので、プロフィールを設定する。必須項目は「User name」のみである。下の表を参考に入力してほしい。
入力後、[Accept and Submit]ボタンをクリックする。
なお、登録した内容を後で変更するには、メニュー・バーから[My stuff]−[Edit My Profile]を選択すればよい。
項目 説明
User name Popfly上で公開されるユーザー名(登録後は変更不可)
My page title ユーザー・ページのタイトル。Popfly上で公開されるあなたのユーザー・ページに表示される
Display picture ユーザー自身の画像。ユーザー名の隣に表示される
Tag line ユーザーのキーワード。座右の銘やモットーなどを256文字まで記述可能。ユーザー・ページに表示される
Banner picture バナー画像。ユーザー・ページに表示される
Notifications コメントやフレンド・リクエストのメール通知を受け取るかどうかの設定
Contact マイクロソフトからのメールを受け取るかどうかの設定

 プロフィール作成ページで各入力項目を入力した後、[Accept and Submit]ボタンをクリックすると、PopflyのHomeページが開く。

PopflyのHomeページ
Popflyのさまざまな操作はここから始めることができる。

 Popflyを利用する準備は整ったので、いよいよ使ってみよう。


 INDEX
  [特集]マッシュアップ開発環境「Microsoft Popfly」
  Popflyでマッシュアップの面白さを体感しよう!
  1.Popflyの利用準備
    2.Popflyでマッシュアップ
    3.マッシュアップの保存

@IT Special

- PR -

Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH