Visual Studio .NETによるチーム開発事始め

Visual SourceSafeを使いこなす

デジタルアドバンテージ
2004/02/21
Page1 Page2 Page3 Page4


Back Issue
Visual C# .NETでAPIリファレンスを作る(前編)
Visual C# .NETでAPIリファレンスを作る(後編)
Visual SourceSafeによるソース管理(準備編)
Visual SourceSafeの環境を構築する
Visual Studio .NETを使ったソース管理の実践

 前回は、Visual Studio .NET(以降、VS.NET)による基本的なソース管理について解説した。今回はさらに応用的な内容に踏み込んで、Visual SourceSafe(以降、VSS)とVS.NETを使ったソース管理の実践について解説していく。具体的には、多重チェックアウト、ソース・ファイルの追加と削除、バージョン・ラベルの設定について説明する。

 それでは、まず多重チェックアウトから解説していこう。

1. 多重チェックアウト

 前回は、基本的なチェックアウト(以降、基本チェックアウト)について説明した。基本チェックアウトでは、ほかの開発者がチェックアウトしているソース・ファイルを編集しようとすると、エラーが発生して複数の開発者が同時にはチェックアウトできない仕組みになっていた(前回の記事の「チェックアウト時のエラー・メッセージの表示」を参照)。しかし、多重チェックアウトでは、複数人の開発者が1つのファイルを同時にチェックアウトして編集できるようになる。

 ここだけを読むと、多重チェックアウトの方が優れた機能のように感じるが、そのメリットの裏には1つ大きな問題がある。多重チェックアウトでは、最初にソース・ファイルをチェックアウトするときには何の制限がないものの、編集を終えてチェックインする際にソース管理(VSSデータベース)のソース・ファイルをそのまま上書きできないという制限があるのだ。

 なぜなら、多重チェックアウトはソース・ファイルのチェックアウト/チェックインをいつでもだれでも自由にできる状態にしているので、チェックイン時にそのまま上書きするとほかの開発者が編集した内容を上書きして消失させてしまう可能性があるからだ。この問題については、実はこのVSS連載の最初の記事で説明している。詳しくはそちらを再読していただきたい。なお、この最初の記事の中にある図の「チーム共有ファイル」とは、「VSSデータベース上の最新のリビジョン」と考えていただきたい。

 多重チェックアウトでは、このチェックイン時の上書きの問題を解消するため、チェックインのタイミングで「VSSデータベース上のソース・ファイル」と「チェックインするソース・ファイル」をマージ(統合)するという作業が発生する。このマージ作業は当然ソフトウェアで自動処理することはできないので、それぞれの開発者が手動で行うことになる。その分、開発者はチェックインで慎重になる必要がある。

 このように多重チェックアウトは、チェックアウトするときは気楽だが、チェックインは大変である。一方、基本チェックアウトは、チェックアウト時にそのソース・ファイルはロックされるので1人しか編集できないという不便さがあるが、チェックインはそのまま上書きできて比較的楽である。よって、どちらも「一長一短」といえるだろう。

 それでは、VS.NET+VSSで多重チェックアウト機能を利用する実際の手順を見ていくとこにしよう。

多重チェックアウトを有効するには?

 VS.NETで多重チェックアウト機能を利用する前に、まずVSSの多重チェックアウト機能を有効にする必要がある。これを有効にするには、本連載の「Visual SourceSafeの環境を構築する:VSSデータベースへの自動ログオン設定」でも紹介した[Visual SourceSafe オプション]ダイアログを開く。これを開くには「Visual SourceSafeアドミニストレータ」のメニューから[ツール]―[オプション]を実行する。すると、[Visual SourceSafe オプション]ダイアログが表示される。

多重チェックアウト機能の有効化
VSSの多重チェックアウト機能は、デフォルトでは無効になっている。これを有効にするには、[Visual SourceSafe オプション]で設定を行う。なお、このオプション設定はVSSデータベースごとに行う必要がある。
  メニューから[ツール]―[オプション]を実行して[Visual SourceSafe オプション]ダイアログを開く。
  [全般]タブを開いて、[複数ユーザーによる同一ファイルのチェックアウトを許可]にチェックを入れる。

 この[Visual SourceSafe オプション]ダイアログで、[複数ユーザーによる同一ファイルのチェックアウトを許可]にチェックを入れると、多重チェックアウト機能が有効になる。この多重チェックアウト機能の設定は、VSSデータベースごとに必要になるので注意が必要だ。

 また、VSSはUTF-8文字コードに対応していないため、UTF-8文字コードのファイルを正しくマージできない。よって、多重チェックアウトを利用する場合には、UTF-8ファイルをマージしないように気を付けていただきたい。UTF-8ファイルをマージしないためには、UTF-8ファイルをバイナリ・ファイルとして認識させるのが手っ取り早いだろう。これについては、前回の記事で解説済みである。

多重チェックアウト・モードでチェックアウト

 次に多重チェックアウトでソース・ファイルをチェック・アウトする手順について説明する。まず前回記事「Visual Studio .NETを使ったソース管理の実践:VS.NETにおけるソース管理作業」の手順で、1人の開発者がすでにチェックアウトしていると仮定しよう。

 その状態でほかの開発者がソース・ファイルを編集しようとすると、基本チェックアウトでは、[編集するためにチェックアウト]ダイアログが表示され、そのダイアログを確定するとエラー・メッセージが表示された(前回の記事およびメッセージ画面を参照)。しかし、多重チェックアウトが有効な場合、「編集するためにチェックアウト]ダイアログを確定したあとには、次の確認メッセージが表示される。このメッセージは基本チェックアウトのエラー・メッセージとは違い、単なる確認のためのメッセージだ。

多重チェックアウト時の確認メッセージの表示
ほかの開発者がチェックアウトしているファイルを編集しようとすると、この確認メッセージが表示される。
  このファイルに対してのみ処理を継続する。
  以後すべてのファイルに対して処理を継続する。
  このファイルに対してのみ処理を中止する。
  以後すべてのファイルに対して処理を中止する。
  すべての処理をキャンセルする。
  ヘルプを表示する。

 この確認メッセージで[はい]または[すべて]を選択すると、多重チェックアウトが完了する。このように多重チェックアウトでは、簡単に複数の開発者が1つのファイルを同時にチェックアウトすることができる。


 INDEX
  Visual Studio .NETによるチーム開発事始め
  Visual SourceSafeを使いこなす
  1.多重チェックアウト・モードでのチェックアウト
    2.多重チェックアウト・モードでのチェックイン
    3.ソース管理への追加と削除
    4.バージョン・ラベルの設定と取得
 
インデックス・ページヘ  「Visual Studio .NETによるチーム開発事始め」


Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH