連載:Visual Studio 2005でいってみようDBプログラミング

第3回 データアクセス/データソース・コントロールを使い倒せ!

山田 祥寛(http://www.wings.msn.to/
2006/04/29
Page1 Page2 Page3

 前回は、SqlDataSourceコントロールとGridViewコントロールとを使った、ごく基本的なグリッド表の実装例を眺めてみました。コーディングレスで、典型的な――データの編集や削除、ソート、ページングなどの機能を手軽に実装できてしまうのが、これらコントロールのうれしいところです。

 もっとも、ASP.NETの魅力は、単に手軽であるということだけではありません。豊富に用意された諸機能を活用することで、アプリケーション固有の要件にも柔軟に対応することができます。

 そこで今回はもう少し踏み込んで、GridView&SqlDataSourceコントロールによるカラム値の加工をはじめ、パラメータ値の引き渡しなどなど、より実践的なデータベース連携の方法について見てみます。

今回作成するサンプル・プログラムのダウンロード(vs2005db_03.zip)

GridViewコントロールの表示列をカスタマイズする

 前回のサンプルでは、データベースから取り出した値をそのままグリッド表に出力してみました。しかし、実際のアプリケーションでは、取得した数値や日付をより見やすい形に「整形」したい、取得したカラム値に基づいて画像やリンクを「生成」したい、といったニーズは多くあります。

 そこで本節では、前回のサンプルをカスタマイズして、以下のようなグリッド表を作成してみることにします。


図1 列表示をカスタマイズしたグリッド表
タイトル行の日本語表示、ロゴ表示、書籍ページへのリンク、単価および刊行日の整形などのカスタマイズを行っている。

 変更のポイントは、以下のとおりです。

  1. 各列のタイトル行をそれぞれ日本語に置き換え

  2. isbn列の値に基づいて、対応するロゴ画像を生成(画像データは「http://www.wings.msn.to/books/<ISBN値>/<ISBN値>_logo.jpg」に保存されているものとします)

  3. isbn列の値に対応する書籍ページへのリンクを生成(リンク先のURLは「http://www.wings.msn.to/index.php/-/A-03/<ISBN値>/」であるものとします)

  4. price列(単価)の値を「9,999円」の形式に整形

  5. published列(刊行日)の値を「YYYY年MM月DD日」の形式に整形

■列情報をカスタマイズする

 それではさっそく、具体的な手順を見ていくことにしましょう。

 まずは、フォーム・デザイナ上に配置されたGridViewコントロールの右上から[GridViewタスク]メニューを開き、[列の編集]を選択します。


図2 [フィールド]ダイアログ
フォーム・デザイナ上に配置されているGridViewコントロールの右上から[GridViewタスク]メニューを開き、[列の編集]を選択して開く。

 [フィールド]ダイアログが開きますので、以下の表1の内容に従ってGridViewコントロール上の各列を編集していきます。

 列を追加する場合には、[使用できるフィールド]から該当するフィールドを選択し、[追加]ボタンをクリックしてください。また、列の順番は、[選択されたフィールド]の右側にある上下矢印ボタンで入れ替えることが可能です。既存の列を削除する場合には、該当列を選択したうえで[×]ボタンをクリックしてください。

 それぞれの列定義を編集するには、[選択されたフィールド]上で該当列を選択したうえで、ダイアログ右側の[XxxxxFieldプロパティ]から各プロパティ値を追加/変更します。

フィールド プロパティ名 設定値(例)
ImageField
(追加)
DataAlternateTextField title
DataImageUrlField isbn
DataImageUrlFormatString http://www.wings.msn.to/books/{0}/{0}_logo.jpg
HeaderText ロゴ
HyperLinkField DataNavigateUrlFields isbn
DataNavigateUrlFormatString http://www.wings.msn.to/index.php/-/A-03/{0}/
DataTextField isbn
DataTextFormatString ISBN{0}
SortExpression isbn
Target _blank
BoundField
(title)
DataField title
SortExpression title
HeaderText 書名
BoundField
(publish)
DataField publish
SortExpression publish
HeaderText 出版社
BoundField
(price)
DataField price
DataFormatString {0:#,####円}
HtmlEncode False
SortExpression price
HeaderText 単価
BoundField
(publishDate)
DataField publishDate
DataFormatString {0:yyyy年MM月dd日}
HtmlEncode False
SortExpression price
HeaderText 刊行日
CommandField ShowDeleteButton True
ShowEditButton True
ButtonType Button
表1 本サンプルにおける各列の設定情報

 編集した後は[OK]ボタンをクリックし、サンプルを実行してみましょう。冒頭の図1のように、ロゴ画像やハイパーリンク、整形済みのテキストが表示されれば成功です。


 INDEX
  Visual Studio 2005でいってみようDBプログラミング
  第3回 データアクセス/データソース・コントロールを使い倒せ!
  1.GridViewコントロールの表示列をカスタマイズする
    2.GridViewカスタマイズのポイント
    3.グリッド表の内容をプルダウン・メニューで絞り込む
 
インデックス・ページヘ  「Visual Studio 2005でいってみようDBプログラミング」


Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH