連載:Visual Studio 2005でいってみようDBプログラミング

第5回 開発生産性を向上させるASP.NET 2.0のサーバ・コントロール

山田 祥寛(http://www.wings.msn.to/
2006/07/01
Page1 Page2 Page3 Page4

 前回までは、主にGridViewコントロールによるグリッド表の作成にフォーカスしてきましたが、ASP.NET 2.0では、そのほかにもさまざまな高機能なサーバ・コントロールを提供しています。ツリー・メニューや“パンくずリスト”などのナビゲーションUIを提供する「ナビゲーション・コントロール」やユーザー管理にかかわる諸機能を提供する「ログイン・コントロール」、My Yahoo!のようなパーソナライズ機能を実装するための「WebPartsコントロール」などなどです。

 1つ1つ挙げていくとキリがありませんが、今回は、データソース・コントロールとの連携という点にフォーカスして、DetailsView、Wizard、TreeViewコントロールについて取り上げます。これらコントロールの利用を通じて、データベース連携アプリケーションの勘所を学んでみましょう。

今回作成するサンプル・プログラムのダウンロード(vs2005db_05.zip)

GridView/DetailsViewコントロールで一覧/詳細マルチビューを生成する

 ASP.NET 2.0のデータアクセス・コントロールでGridViewコントロールと並んで、もう1つ忘れてはならないのがDetailsViewコントロールです。GridViewコントロールが一覧(グリッド)表を生成するのに対して、DetailsViewコントロールは、その名のとおり、データベースから取得した内容を単票形式(詳細ビュー)として出力します。

 DetailsViewコントロールは見掛けこそ単票形式で、GridViewコントロールとはまったくの別物であるかのように見えますが、データソース・コントロールとの関連付けやXxxxxFieldフィールドによるカラム・レイアウトのカスタマイズなどは、ほとんどGridViewコントロールと同じ要領で利用することができます。

 DetailsViewコントロールは(もちろん)それ単体で利用することも可能ですが、GridViewコントロールと併用することで、一覧表で選択された行の詳細を詳細ビューで表示する、というような機能を容易に作成できます。

 以下では、GridViewコントロールで選択された行に関連付いた出版社情報(publishテーブル*1)を詳細ビューで表示するサンプル・アプリケーションを作成してみましょう。

*1 publishテーブルは第4回で作成したものと同じです。本サンプルを動作させるには、あらかじめデータベース上にpublishテーブルを作成し、適当なデータを入力しておく必要があります。



行を選んで[選択]ボタンをクリック


図1 サンプル・アプリケーションの実行結果
一覧表(GridViewコントロール)で選択された行の詳細を詳細ビュー(DetailsViewコントロール)で表示する。

 以下に、具体的な手順を見ていきます。

[1]サーバ・コントロールを配置する

 新規に作成したWebフォーム「MultiView.aspx」に図2の要領で、サーバ・コントロールを配置します。GridViewコントロールに関しては前回でカスタマイズを行ったもの(GridView_Custom2.aspx)をコピーして貼り付けてください。

 また、DetailsViewコントロールに対してデータソースを関連付ける方法については、第2回の「GridViewコントロールにデータをバインドする」の内容を参考にしてください。

 最終的に[データ ソースの構成]ウィザードで以下のようなSQL命令が生成されていればOKです*2

SELECT [name], [postnum], [address]
       FROM [publish] WHERE ([name] = @name)

*2 本来であれば、DetailsViewコントロールの列情報も設定するべきですが、本稿では割愛します。手順はGridViewコントロールのそれと同様ですので、詳細は第3回を参照してください。


図2 MultiView.aspxのレイアウト
  MultiViewコントロール(mv)を配置。
  Viewコントロール(v1)を配置。
  Viewコントロール(v2)を配置。
  前回作成したグリッド表[GridView_Custom2.aspx]をコピー&ペースト。[選択]ボタンを追加。
  DetailsViewコントロール(dv)を配置。オートフォーマットで[シンプル]を設定。
  Buttonコントロール(btnReturn)を配置。

 MultiViewコントロールは1つのページ上で複数のビュー(Viewコントロール)を切り替えて表示するためのサーバ・コントロールです。MultiViewコントロールで切り替え可能なビューは、Viewコントロールで定義する必要があります。Viewコントロールは必ずMultiViewコントロールの配下に配置しなければなりません*3

*3 MultiViewコントロールに関する詳細は「.NET TIPS:[ASP.NET]MultiView/Viewコントロールでマルチビューのページを作成するには?」を参照してください。

[2]プロパティ情報を設定する

 次に、表1の要領でMultiView.aspx上に配置したサーバ・コントロールのプロパティ情報を設定します(第4回で設定した内容については割愛しています)。

コントロール プロパティ 設定値
MultiView ActiveViewIndex 0
DetailsView Width △(ブランク)
Button CommandName PrevView
Text 一覧へ戻る
表1 MultiView.aspxのプロパティ情報

 Viewコントロール配下のボタン・コントロール*4では、ボタンに特殊な機能を持たせるために、CommandName(コマンド名)とCommandArgument(コマンド引数)プロパティに設定可能な予約済みの値が用意されています。Viewコントロールでは、これらのプロパティに対して予約値を設定しておくことで、コーディングレスでビューの切り替えを行うことができます。

*4 Button、LinkButton、ImageButtonなどのコントロールを指します。

 例えば、ここではCommandNameプロパティを「PrevView」に設定していますが、この場合、ボタン・クリック時に1つ前のビュー(つまり、グリッド表)に切り替えることができます。MultiView/Viewコントロールで利用可能なCommandName/CommandArgumentプロパティの値は表2のとおりです。

CommandName CommandArgument 概要
PrevView 前のビューに切り替え
NextView 次のビューに切り替え
SwitchViewByID ViewコントロールのID値 指定されたビューに切り替え
SwitchViewByIndex Viewコントロールのインデックス 指定されたビューに切り替え
表2 Viewコントロール配下で利用可能な予約コマンド

[3]イベント・ハンドラを定義する

 最後に、GridViewコントロール上で[選択]ボタンをクリックしたタイミングで、詳細ビューに切り替えるイベント・ハンドラを定義します。GridView.SelectedIndexChangedイベント・ハンドラを作成し、リスト1のようなコードを記述してください。

Protected Sub grid_SelectedIndexChanged(ByVal sender As Object, ByVal e As System.EventArgs)
  Dim lbl As Label = _
    DirectCast(grid.SelectedRow.FindControl("Label1"), Label)
  sds_d.SelectParameters("name").DefaultValue = lbl.Text
  mv.ActiveViewIndex = 1
End Sub
リスト1 [選択]ボタン・クリック時に実行されるコード

 SelectedRowプロパティはグリッド上の選択行を取得します。ここでは前回も紹介したFindControlメソッドを使用して、選択行上の「出版社」列のラベルを取得しているわけです(「Label1」は「出版社」列で定義されたLabelコントロールのID値です)。

 あとは、取得した出版社名を、DetailsViewコントロールに関連付いたSqlDataSourceコントロール「sds_d」のSELECTステートメントにセットするだけです。SelectParametersプロパティはSELECTステートメントで定義されたパラメータを取得します。

 最後に、MultiViewコントロールのActiveViewIndexプロパティに1をセットすることで、表示ビューを2番目のビューに切り替えることができます。インデックス値は0スタートである点に注意してください。

 以上を理解したら、MultiView.aspxを実際に実行してみましょう。図1のように一覧/詳細ビューを切り替え表示することができれば成功です。


 INDEX
  Visual Studio 2005でいってみようDBプログラミング
  第5回 開発生産性を向上させるASP.NET 2.0のサーバ・コントロール
  1.GridView/DetailsViewコントロールで一覧/詳細マルチビューを生成する
    2.Wizardコントロールでウィザード形式の入力画面を作成する(1)
    3.Wizardコントロールでウィザード形式の入力画面を作成する(2)
    4.TreeViewコントロールでツリー・メニューを作成する
 
インデックス・ページヘ  「Visual Studio 2005でいってみようDBプログラミング」


Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH