Java TIPS TOPへ
Java TIPS 全リストへ
Eclipse編
Java 5へのEclipse 3.2のインストールと日本語化を行う   (2007/4/17)
  JDK 5.0のダウンロードとインストール後に、Eclipse 3.2およびNLパックのダウンロードとインストールを行い、Eclipse 3.2を日本語で利用できるようになるまでを説明する
Eclipse 3.2でJava 5版Javadocとライブラリを関連付ける   (2007/4/17)
  J2SE 5.0日本語ドキュメントのダウンロードとインストール後に、これをEclipse 3.2から利用できるようになるまでの手順を説明する
Java 5版MergeDocでEclipse 3.2のホバーを日本語化   (2007/4/17)
  MergeDocのJava 5対応版のダウンロードとインストールを行い、これを用いて、Eclipse 3.2のホバー表示を日本語化するまでの手順を説明する
新規作成クラスなのに「定義済みです」と言われる (2006/5/24)
  Eclipseで異なる名前で新規クラスを作成しても、「定義済みです」と言われることがある。
Eclipse 3.0でアサーションを使用する (2004/12/21)
  Eclipse 3.0でアサーションを使用したコードをコンパイル可能にするには、EclipseのJavaコンパイラ設定を変更する必要がある。
Eclipse 3.0のインストールと日本語化を行う(2004/11/29)
  メジャーバージョンアップされたEclipse 3.0のインストールと日本語化の手順を紹介する。
MergeDocでEclipseのポップアップ表示を日本語化する(2004/11/29)
  MergeDocを実行することによってAPIコメント(StringクラスのtoUpperCaseメソッドの説明)を日本語化することが可能になります。
Eclipseで逆コンパイルを行う(2004/8/10)
  JadとJadclipseというツールを利用すれば、Eclipse上でクラスファイルをダブルクリックするだけでソースコードを復元することができる。
EclipseでライブラリとJavadocを関連付ける(2004/8/3)
  プロジェクト内のライブラリに対応するJavadocを関連付けることで、Eclipseを用いた開発の際の効率を向上させることができる。
Eclipseでライブラリとソースコードを関連付ける(2004/7/27)
  オープンソースのプログラムを利用している際、Eclipse上でライブラリとソースコードを関連付けておけば、障害発生の際の調査や機能拡張の際に有効に活用できる。
AntからEclipseプロジェクトの絶対パスを取得する(2004/6/22)
  Eclipse上でAntを実行する際、Eclipseのリソースパスから、そのリソースが格納されているファイルシステム上の絶対パスを取得することができる。
Eclipseのソース管理にVisual SourceSafeを活用(2004/6/15)
  VSSプラグインをインストールすれば、EclipseをMicrosoft社のバージョン管理システム「Visual SourceSafe」のクライアントとして利用することができる。
EclipseのCVS機能で排他的な開発を行う(2004/6/8)
  EclipseのCVS機能では排他制御を行うことができないが、編集通知機能や監視機能を組み合わせて利用することで、排他的な開発が行えるようになる。
Eclipseのテンプレート機能を活用する(2004/6/1)
  Eclipseのテンプレート機能は、登録されているコーディングパターンを呼び出して補完してくれるので、開発時の作業効率を向上させることができる。
Eclipseでストリングの外部化を行う(2004/5/18)
  Eclipseの「ストリングの外部化」機能を用いて、既存コードに含まれる文字列データを抽出し、プロパティファイル(リソースファイル)を自動生成する。
Eclipseでプロパティファイルを編集する(2004/4/27)
  Eclipse上で使用可能なプロパティファイル・エディタ「Property File GUI Editor」を使用すれば、テキストエディタよりも直感的にプロパティファイルの編集が行える。
Eclipseで.warファイルを作成する(2004/2/10)
  a.warファイルを作成する標準的な方法はjarコマンドを使用することだが、Eclipseを使うとマウスのワンクリックで.warファイルが作成できる。
Eclipseでコードに紐付いたメモを残す(2004/2/3)
  「CoNo」プラグインは、Eclipse上で使用可能なメモ帳だ。コードに紐付いたメモ書きの管理が可能であり、自分自身のちょっとした開発メモを残すのに大変便利だ。
DTD/XMLスキーマを持ったXML文書を編集する(2004/2/3)
  「XMLBuddy」はEclipse内部で使えるXMLエディタだ。XML文書で採用されているDTD/XMLスキーマを基にして、タグの補完や検証を行ってくれる。
EclipseでXML文書の不備を発見する(2004/2/3)
  「X-Men - a XML plugin for Eclipse」プラグインは、XML文書の構造の不備を指摘してくれるプラグインだ。既存のXML文書の妥当性を検証したい場合に活用できる。
Eclipseでアクセス修飾子を効率よく編集する(2004/1/20)
  EclipseではパッケージブラウザやアウトラインなどのEclipseに付属する標準の機能を用いることで、これらアクセス修飾子を視覚的に確認することができるが、「Access Modifier」プラグインを使うと、更新までを行うことがでる。
EclipseでCSSを編集する(2004/1/20)
  「CSS Editor」プラグインを使うと、EclipseでCSSの編集を効率的に行うことが可能になる。予約キーワードのハイライト表示や、コード補完機能を利用することができる。
EclipseでJavaScriptを編集する(2004/1/20)
   「JavaScript Editor」プラグインを利用すると、EclipseでJavaScriptの編集を効率的に行うことが可能になる。JavaScriptの予約キーワードのハイライト表示や、アウトライン機能を利用することができる。
インポート宣言の入力支援機能を使う(2004/1/6)
  Eclipseは、インポート宣言の編集を簡便にするための機能を提供している。「インポート宣言の追加」「インポート宣言の編成」機能を用いることで、現在のクラスに必要なインポート宣言を適切に自動編集することができる。
規約に沿ったソースコードを自動生成する(2004/1/6)
  Eclipseは、インポート宣言の編集を簡便にするための機能を提供している。「インポート宣言の追加」「インポート宣言の編成」機能を用いることで、現在のクラスに必要なインポート宣言を適切に自動編集することができる。
コードのスケルトンを自動生成する(2004/1/6)
  Eclipseでは、「Aston Wizard」を用い、あらかじめ用意されたテンプレートからコードのスケルトンを自動生成することが可能になる。
コーディング規約に従わないコードを検索する(2003/10/21)
  チームで開発する場合は、コーディング規約を遵守することが重要だ。しかし、プログラマの癖を避けることは難しい。Eclipseの「Checkstyle」プラグインは、Eclipse上のプロジェクトで管理されたコードを、あらかじめ決められたコーディング規約でチェックし、違反している個所をリストアップしてくれる。
コーディング規約に従いコードを自動整形する(2003/10/21)
  Eclipseが標準で備える「コード・フォーマッター」を使うと、あらかじめ定めたコーディング規約に従ってソースコードを一括整形することができる。
メソッド間の依存関係を簡単に調べるには(2003/10/21)
  どのクラス(メソッド)がどこから呼び出されているか、現在のメソッドがどのクラスに依存しているかを知ることはなかなか難しい。しかし、Eclipseの「Call Hierarchy」プラグインを使えば、簡単に知ることができる。
Eclipse上でGoogleの検索機能を利用する (2003/10/7)
  コーディング中に、新しいアーキテクチャの用途を知りたいとき、仕様書の作成などで言葉に迷ったときなど、Eclipse上で目的のキーワードについて検索できたら便利だ。ここでは代表的な検索エンジンの1つ「Google」をEclipse上から使う方法を説明する。
Eclipseですべての例外クラスを捕捉する (2003/10/7)
  コーディングに慣れたプログラマでも、補足すべきすべての例外クラスをすべて覚えていることはないだろう。結局は、コンパイラの指摘を待つか、APIリファレンスを活用するしかないわけだが、実はEclipseですべての例外クラスを補足することが可能だ。
EclipseでJavadocを利用するには (2003/9/5)
  本来コマンドラインから利用するJavadocをEclipseから対話ベースで利用することができる。また、Javadocコメントと呼ばれる一種独特のコメントを記述する場合にも、Eclipseのコメント自動生成機能を用いることで作業をシンプル化することが可能だ。


Javaに関するFAQは「Java Solution FAQ」へ

 


@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Java Agile フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Java Agile 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH