Java TIPS TOPへ
Java TIPS 全リストへ
Apache/Jakarta活用編
Strutsでリクエストをフォワードする (2005/5/18)
  Strutsでは、<action>要素のforward属性を用いる方法、 組み込みのForwardActionを用いる方法で、アクションを介さずに直接ページへ飛ぶアクションマッピングを定義することができる
Strutsで別モジュールにアクセスする (2005/5/18)
  Strutsの別モジュールにSwitchActionを使ってアクセスする方法を紹介する
Strutsアプリをモジュール化した場合の注意点(2005/3/30)
  Struts構成ファイルを分割した場合の注意点
Strutsベースのアプリケーション環境を用意(AppFuse) (2005/1/25)
  AppFuseを使用すれば、Antのコマンドを数回実行するだけで、Struts、Spring、Hibernate、MySQLといったさまざまなアーキテクチャが連携し合うサンプルアプリケーションをTomcatにデプロイすることができる
HTTPメッセージのやり取りをモニタする(2005/1/19)
  「Axis TCPモニタ」を使えば、Webブラウザとサーバ間で送受信されるHTTPメッセージをモニタリングすることができる。
Antでwarファイルを作成する (2004/12/21)
  Antでwarファイルを作成する際に使用するjarタスクとwarタスクについて説明する。
ファイルアップロード処理を簡単にする(Commons活用)(2004/12/14)
  Jakarta Commonsサブプロジェクトから公開されているFileUploadライブラリを利用することで、従来の煩雑なアップロード処理の大半は軽減される。
Strutsでプレゼンテーション部分にVelocityを使う(2004/11/29)
  Strutsのプレゼンテーション部分を実装するには、JSPを用いるのが一般的だが、それ以外の技術を利用することもできる。JSPの代替案として利用されることの多い、Apache Jakartaのテンプレートエンジン「Velocity」をプレゼンテーション部分に利用するための手順を紹介する。
Antの活用(ファイル操作) (2004/11/10)
  Antでより高度なデプロイや配布を行うために必要なディレクトリやファイルに関するタスクを紹介する。
Strutsでコンフィグレーションファイルを分割する (2004/11/10)
  struts-config.xmlを分割し、チーム開発において機能ごとにstruts-configを管理する方法を紹介する。
Antの活用(ファイルセットの利用)(2004/10/27)
  Antの<copy>や<delete>といったタスクは、ファイルの集合に対して処理を行うことができまる。簡単なサンプルを基に、ビルドファイルの設定方法を紹介する。
Strutsのプラグインを作る(2004/10/27)
  Struts 1.1から提供されるようになったプラグイン機能を利用することで、Struts本体に手を加えずに独自の機能を簡単に追加できる。
Strutsのアクションマッピングに独自パラメータを追加(2004/9/28)
  Strutsにはユーザーが独自に拡張を施すための仕組みが、豊富に用意されている。ActionMappingクラスもユーザーが独自に拡張できる。
リクエストデータをJavaBeansにセット(Commons活用)(2004/9/28)
  BeanUtilsは、Jakarta Commonsプロジェクトの産物であり、JavaBeansを容易に扱えるようにするためのユーティリティだ。アクセスしたいプロパティを文字列として指定することができ、しかもリフレクションを用いた場合よりもコードの記述性や見通しが良くなる。
Antで使う新規タスクにネストした要素を渡す(2004/9/14)
  Javaのクラスとして実装したAntの新規タスクにネストした要素を渡す方法を説明する。Antで使用するタスクを作成する方法の基本については、「Antで使う新規タスクを作成する」を、Antで使用するタスクにパラメータを渡す方法については、「Antで使う新規タスクにパラメータを渡す」を参照してほしい。
POIを利用してJavaからExcelデータを読み込む(2004/9/7)
  Microsoft Excelのデータに対する読み書きを可能にするのがPOIだ。今回は、JavaからExcelデータを読み込む方法を紹介する。「POIを使用してJavaからExcel出力を行う」と合わせて参考にしていほしい。
Antで使う新規タスクにパラメータを渡す(2004/9/7)
  Antタスクから利用可能にした新規タスクに、パラメータを渡す方法を紹介する。「Antで使う新規タスクを作成する」と合わせて参考にしてほしい。
Antでアプリケーションのデプロイ作業を効率化する(2004/8/24)
  Javaベースのビルドツール、Antを利用してアプリケーションのコンパイルと実行を自動化する方法を紹介する。
Antで使う新規タスクを作成する(2004/8/17)
  Javaのクラスで不足する機能をAntのタスクとして実装し、そのタスクをAntから使用可能にする方法を紹介する。
 Strutsの設定ファイルから仕様書を生成する(2004/8/17)
  Strutsの設定ファイル「struts-config.xml」に記述されている内容を、Javadocで生成したような形式で出力する方法を紹介する。
POIを使用してExcelの書式を設定する(2004/8/10)
  文字色や背景色を変更したり、けい線を引いたりなど、POIを使用してより見栄えの良いExcelファイルを出力する方法を紹介する。
POIを使用してJavaからExcel出力を行う(2004/8/3)
  POIを利用すれば、JavaからMicrosoft ExcelやMicrosoft Wordなどの「Microsoft OLE 2複合ドキュメント形式」に準拠したファイルを作成・操作することができる。
antcallやantでプロパティをまとめて指定する(2004/7/13)
  Ant 1.6以降では、propertyset要素とpropertyref要素を使用して、呼び出し先から参照されるプロパティをまとめて指定できる。  


Javaに関するFAQは「Java Solution FAQ」へ

 


@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Java Agile フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Java Agile 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH