[検証実験]Webシステム開発の効率化を検証する

第2回 仕様変更とフレームワーク効果

石原篤一
テンアートニ
2002/7/2


 前回「検証の趣旨と準備作業」では、今回の検証作業を行う環境を構築するために、「iPlanet Web Server」(以下iWS)と「Forte for Java Community Edition」(以下Forte)のインストールとセットアップを行いました。

 今回は、あらかじめ作成されているフレームワークを使ったWebアプリケーションに対して仕様変更を行います。少しのコード変更で仕様変更できることを確認します。

カロリー計算アプリケーション

 まず、サンプルのWebアプリケーションを紹介します。始めにソースファイルをダウンロードし、前回説明した開発環境に取り込んで、Webモジュールの生成と配置、実行までを試します。

 サンプルアプリケーションの内容は、毎日の食事のメニューから、その日に取ったカロリーを合計し記録していく、というものです。最近では、やせているか太っているかの目安として BMI値というものを使うらしいのですが、このサンプルでは、身長と体重を入力すると BMI値を計算し、その日の摂取カロリーが適正かどうか、アドバイスするものです。

 画面1を見てください。上側の表には、登録したメンバーの名前と身長、体重が表示されます。名前をクリックすると、そのメンバーの摂取カロリー表画面(画面2)に移ります。メンバーの新規登録は、下側の表の入力項目と[メンバー登録]ボタンで行います。

画面1 メンバー表

 摂取カロリー表画面(画面2)では、上側の表には、メンバーの身長、体重が編集可能な状態で表示されます。値を変えたい場合は、[プロフィール更新]をクリックします。また、[メンバー登録抹消]ボタンで、そのメンバーの登録情報をすべて削除することができます。

 下側の表では、日ごとの摂取カロリーと、BMI値からの診断結果が表示されます。日付をクリックすると、その日の食事内容表の画面(画面3)に移ります。新たな日付のデータを追加する場合は、[新規追加]ボタンをクリックします。

画面2 選択メンバーの摂取カロリー表

 画面3では、上側の表で、日付を入力し、その日の過ごし方を選択します。下側の表には、その日の食事メニューと数量、摂取カロリーが表示されます。食事メニューの追加は、プルダウンメニューから選び、[メニュー追加]をクリックします。数量の値を変えて[再計算]ボタンをクリックすると、摂取カロリーが再計算されます。メニューを削除する場合は「削除」欄をチェックし、[メニュー削除]ボタンをクリックします。

 上側の表では、下側の表の結果を受けて、その日の合計摂取カロリー、BMI値による診断結果やコメントが表示されます。

 [データ登録]ボタンをクリックすると、この画面の入力結果が登録されます。[データ削除]ボタンをクリックすると、この日のデータが削除されます。

画面3 選択日の食事内容表

環境を準備する

 次のものを用意してください。

  • 第1回で説明した、iWSとForteによる開発環境
    OracleまたはPostgreSQLの環境と、対応するJDBCドライバ(サンプルアプリケーションの動作は、Oracle 8i 8.1.7、PostgreSQL 7.1.3 で確認しています)。

    JDBCドライバは、以下の場所からダウロードできます(原稿執筆時点での情報です)。

    • Oracle JDBCドライバ
      http://otn.oracle.co.jp/software/db_connect/jdbc/jdbc.htmlから入手できます。 Type4(Thin版)のドライバを使います。Oracle7 7.3.4以上であれば、「Oracle JDBC Driver 9.0.1ダウンロード」を選び、JDK 1.2/1.3用のThin Driver「classes12.zip」をダウンロードします。

    • PostgreSQL JDBCドライバ
      http://jdbc.postgresql.org/download.htmlから入手できます。PostgreSQL 7.1.x以上であれば、PostgreSQL 7.2の「Java2」を選び、「pgjdbc2.jar」をダウンロードします。


  • WDC試用版と、サンプルアプリケーションのソースコード
    WDC試用版はこちら、サンプルアプリケーションのコードはこちらからダウンロードしてください。サンプルのソースコードは、
    (1)開発環境 Windows - DB環境 Oracle (Shift-JIS)
    (2)開発環境 Windows - DB環境 PostgreSQL (Shift-JIS)
    (3)開発環境 Linux - DB環境 Oracle (EUC)
    (4)開発環境 Linux - DB環境 PostgreSQL (EUC)
    の4種類があります。

 サンプルのソースコードは、ダウンロード後、適当な場所に展開してください。sampleディレクトリと、その下にcalorieとdbという2つのディレクトリができます。

1/4

 INDEX

[検証実験]Webシステム開発の効率化を検証 第2回

Page1
カロリー計算アプリケーション
環境を準備する 
  Page2
データベースの準備
サンプルアプリケーションの構造
  Page3
Webモジュールの生成と配備、実行
  Page4
仕様変更に対応する
  


Java Solution全記事一覧





@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Java Agile フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Java Agile 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH