CoolなEclipseプラグイン(特別編)

徹底解剖!! Eclipse3.3 Europaの“新世界”


NTTデータ
基盤システム事業本部 岡本隆史
2007/7/4


標準プラグインの強化点

 次に、Eclipse Classic以外に含まれるプラグインの改善点について見ていきましょう。

WTPの新機能でらくらくJava EE開発

 Java EE 5から、WebアプリケーションフレームワークのJSFとO/RマッパーのJPAが新機能として追加されました。これを受けて、Europa向けに提供されるWTP 2.0では、JPAに対応したDaliプラグインとJSFに対応したJSF Toolingプラグイン図6)が含まれるようになり、Java EE 5対応が強化されました。

図6 JSF Toolingプラグインのfaces-configエディタ
図6 JSF Toolingプラグインのfaces-configエディタ

 Webページエディタが提供され(図7)、パレットからドラッグ&ドロップで画面にコンポーネントを張り付けてHTML/JSPを作成できるようになりました。

 また、エディタ下部にHTML/JSPのソースコードを表示し、上部で画面イメージをプレビューできるので、直感的な開発ができるようになりました。

図7 Webページエディタ
図7 Webページエディタ

 J2EE(Java EEのこと)プレビューモジュールを利用すると、組み込み済みのアプリケーションサーバJetty)を利用してJava EEアプリケーションの動作を確認できるようになりました(図8)。

図8 J2EEプレビュー
図8 J2EEプレビュー

 この機能により単純なJava EEアプリケーションの動作確認であれば、アプリケーションのインストールは不要になるはずですが、残念ながら筆者の環境では、JSPページのプレビューを行うと、EL関連のクラスがないという例外が発生し、正しくプレビューできませんでした。ライブラリ関連の不具合の可能性がありますが、今後の改善に期待したいところです。

 また、サポートするアプリケーションサーバも新しいバージョンがサポートされました。具体的には、Tomcat 6.0JBoss 4.2OAS(Oracle Application Server) 10.1.3.1が追加されました。サポートされるアプリケーションサーバについては、表1をご覧ください。

表1 WTPでサポートされるWebサーバ一覧
アプリケーションサーバ バージョン WTP 1.5.x(Callisto) WTP 2.0(Europa)
Tomcat 3.2
4.0
4.1
5.0
5.5
6.0 ×
WebLogic 8.1
9.0
9.2
WebSphere 6.0
JBoss 3.2.3
4.0
4.2 ×
JOnAS v4
Oracle OC4J Standalone Server 10.1.3
10.1.3.1 ×

DBの開発をサポートするDTP

 DBの開発をサポートするDTPのバージョンは、Europaでは1.0と正式版となり、サポートするDBの種類が増え、PostgreSQLHSQLDBにも対応するようになりました。また、MySQLにもこれまでは4.1までしか対応していませんでしたが、最新の5.0/5.1に対応しています。DTP 0.9.1とDTP 1.0の対応DBの比較を表2に示します。

表2 サポートされるDB一覧
データベース バージョン DTP 0.9.x(Callisto) DTP 1.0(Europa)
DB2 UDB 8.1
8.2
9.1
iSeries V5R2
iSeries V5R3
zSeries 7
zSeries 8
Derby 10.0
10.1
10.2 ×
Infomix 9.2
9.3
9.4
10.0
MySQL 4.0
4.1
5.0 ×
5.1 ×
Oracle 8
9
10
SQL Server 2000
2005
Sybase 12.x
15.0
ASA 9.x ×
Hypersonic DB 1.8 ×
PostgreSQL 8.x ×

 そのほか、組み込み型DBの場合は、DBのファイルを保存するディレクトリをダイアログで選択できるようになったり、細かい点が改良されています。DBを利用したコードのテストを支援するdbunitにも対応しました。

帳票の作成支援機能BIRTも強化

 Eclipse BIRT(Business Intelligence and Reporting Tools)がバージョンが2.2となり、PDFだけでなくWordExcelのレポート(帳票)に対応しました。また、データソースとしてWebサービスを指定できるようになりました。

3/4

 INDEX 「徹底解剖!! Eclipse3.3 Europaの“新世界”」
  Page1
  6月はEclipseが生まれ変わる月
  Europa、Callistoは木星の衛星の名前
  新たな進化の局面
用途別にパッケージを変更してセットアップ
  いままでのEclipseの本体 ― Eclipse Classic
  Javaアプリ開発 ― Eclipse IDE for Java Developers
  Java EE開発 ― Eclpise IDE for Java EE Developers
  C/C++アプリ開発 ― Eclipse IDE for C/C++ Developers
  Eclipseプラグイン/RCP開発 ― Eclipse IDE for RPC/Plugin-in Developer
  Page2
  コラム Europaの日本語化
Eclipse本体(Eclipse Classic)の新機能
  ハイパーリンク機能をデバッグ時に
  コマンドへのクイックアクセス
  エラーチェックの強化
  ソースコード保存時にアクションを指定
  エディタ上のカーソルの位置を保存
  プラグインの署名を検証
Page3
  標準プラグインの強化点
  WTPの新機能でらくらくJava EE開発
  DBの開発をサポートするDTP
  帳票の作成支援機能BIRTも強化
  Page4
  新しく追加されたプラグイン
  新たな開発スタイルを示唆するMylyn
  SOAによる開発をサポートするSTP
  リモートアクセスと組み込み開発を支援するプラグイン
  スクリプト言語に対応したDLTK
  コミュニケーションツールの開発をサポートするECF
  待望のUMLエディタ UML Tools
Europaの“新世界”を体験しよう


Java Solution全記事一覧


@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Java Agile フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Java Agile 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH