重点用語解説

サーバサイドJavaテクノロジ 重点キーワード

米持幸寿
日本アイ・ビー・エム
2000/10/10

サーバサイドのJavaを学習するうえで、Java ServletとJava Server Pages(JSP)、そしてEnterprise Java Beans(EJB)の3つのキーワードは特に重要だ。ここでは、これから本格的にサーバサイドJavaを学ぼうとする読者のために、この3つのキーワードにフォーカスし解説する。

本稿の内容は改訂されました。改訂後の内容は、「Javaを紐解くための重点キーワード」に掲載しています。(編集局)


 

Java Servlet
 Java Servlet は、Webサーバ、つまりはHTTPサーバを、アプリケーション・サーバに変身させるJavaテクノロジである。そのため、Java Servlet は必ずといってよいほど CGI と比較される。CGIとの比較、Java Servletでの開発手順、セッション管理などについて概要を解説する。

JSP(JavaServer Pages)
 HTMLを生成しWebアプリケーションにおけるユーザーインターフェイス作成を担当するJSP。今日では、Java Servletと組み合わせて開発するのが当たり前になっている。Java ServletとJSPの連携に重点を置いて解説する。

EJB(Enterprise JavaBeans)
 いまや多くのWebアプリケーションサーバがEJBに対応している。EJBとは何か? どんな場面で使うのかに重点を置いて解説する。

 

 


@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Java Agile フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Java Agile 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH