VMware Workstation 4

1999年の登場以来、PC/AT互換機エミュレータとして不動の地位を築いたVMware。そのデスクトップ版であるWorkstationの新バージョンがリリースされた。VMware Workstation 3.xから何が変わったのか、早速確かめてみよう。

製品名:   VMware Workstation 4
価格:   299ドル(ダウンロード版)
提供元:   VMware, Inc.
URL:   http://www.vmware.com/
中澤 勇
編集局
2003/4/8



 今回主に試用したのは、開発中のベータ版だ。ベータ版といっても、リリースノート(http://www.vmware.com/support/ws4/doc/releasenotes_ws4.html)を見ると、原稿執筆のために試用したBuild 4388はRC2のようだ。ただし、VMwareのサイトではリリースノート以外は「Beta」で統一されているため、ここでは製品版以前のBuildはRC版も含めて「ベータ版」と呼ぶことにする。

 なお、本記事公開直前に製品版が公開されたため、以下の内容について製品版でもチェックを行った。

VMware Workstation 4開発の歩み

 VMware Workstation 4(以下VMware 4)のベータテストは当初、登録ユーザーのみを対象としていた()がBuild 4121からはパブリックベータとして一般ユーザーも参加できるようになった。

注:この段階では「VMware Workstation e.x.p」と呼ばれていた。

画面1 Windows XPにインストールしたVMware 4の画面(画像をクリックすると拡大表示します)

不具合に泣いた時代

 現時点までに、いくつかのBuildのパブリックベータが公開された。Build 4121(ベータ1)とBuild 4183は外付けのUSB DVD/CD-ROMドライブを正常に認識することができず(認識していてもエラーが出るなど)、テスト環境としてThinkPad+USB DVD-ROMドライブしか用意できなかった筆者は何もできなかった。

 Build 4257(ベータ3)ではUSB用ドライブの問題もかなり改善され、筆者もようやくゲストOSをインストールできるようになった。しかしこのBuildも完全とはいえず、ドライブを認識しないこともあるなど、やや不安定だった。また、このBuildではホストOSが日本語環境の場合、インストーラも含めてVMwareが日本語化されるようになった。ただし、ゲストOSの動作速度は非常に遅く、キー入力にも不具合がある()など、使用感は最悪であった(ベータ版とはそういうものだが)。

注:環境依存な問題かもしれないが、あるキーを1回押すと2文字入力されてしまうことが多く、まともにタイプできないことがあった。

実用性向上の時代

 次のBuild 4320(RC1)は、なぜか英語版に戻ってしまった(インストーラは「日本語版」となっていたが……)。このBuildからパフォーマンスが劇的に改善され、Build 4257で生じていたキー入力の問題も解消。ゲストOSであるRed Hat Linux 8.0でXを動かしてもそれほど不満を感じなくなった。

 2003年3月26日公開のBuild 4388(RC2)ではVMware本体も日本語版に戻り、現在に至っている。このように、筆者の環境で生じていた問題点は着実に解消されており、現時点では特に問題を感じていない。

正式リリースへ

 ほぼ記事の作成を終えていた2003年4月4日(日本時間)に、Build 4456が公開された。このBuildから、ファイル名が従来の「VMware-workstation-e.x.p-xxxx.exe」から「VMware-workstation-4.0.0-xxxx.exe」に変更された()。また、再びVMware 4自体は英語版に戻った。

注:「xxxx」ばBuildナンバー。また、「.exe」はWindows版のことで、Linux版の場合は「.i386.rpm」と読み替えてほしい。

 翌4月5日(日本時間)、製品版であるBuild 4460が公開された。Build 4456と同様、インストーラは日本語版だが、VMware 4自体は英語版のまま。とはいえ、英語版でも使用に不都合はない。

 なお、今回掲載した画面のうち、ユーザーインターフェイスが日本語表記のものはBuild 4388(RC2)を使用している。英語表記はBuild 4460(製品版)だ。Linux版の画面はBuild 4257でキャプチャしたものである。

 
1/3

Index
VMware Workstation 4
Page 1
VMware Workstation 4開発の歩み
 不具合に泣いた時代
 実用性向上の時代
 正式リリースへ
  Page 2
VMware 4の新機能
 ユーザーインターフェイスの変更
 共有フォルダの追加
 スナップショットの追加
 そのほかの改良点
 Linux版は?
  Page 3
製品版簡易ベンチマークテスト
まずは試してみよう

Linux Squareプロダクトレビュー


 Linux Squareフォーラム 製品情報・レビュー関連記事
特集:2007年、Linuxディストリビューションの歩みを振り返る
商用、非商用ともにメジャーバージョンアップが相次いだ2007年。主なディストリビューションを取り上げ、アップデート内容を紹介します
プロダクトレビュー[Ubuntu 7.10 日本語ローカライズド Desktop CD]
海外のみならず日本国内でも人気急上昇中のUbuntu。優れたインターフェイスを備えるとともに、豊富な機能がコンパクトにパッケージされている
特集:業務で使うデスクトップLinux カタログ
定型業務さえこなせればよいという部門も多い企業環境は、コンシューマ市場以上にLinuxへの移行が容易ともいえる。そこで、6つのLinuxディストリビューションを紹介する
特集:Linuxで動くリレーショナルデータベース・カタログ
データベースサーバのOSとしてLinuxを採用するケースが増えている。Linuxで動作する7つの主なリレーショナルデータベースを紹介する。製品導入の際の参考にしてほしい
特集:Windowsで動くXサーバ・カタログ
やや特殊な用途に用いられてきたXサーバだが、活用しだいでは普通の管理用途にも有用だ。そこで、Windowsで動作する6本のXサーバを紹介する。選択の参考にしてほしい
特集:Linuxで動くJavaアプリケーションサーバ・カタログ
アプリケーションサーバは、いま最も開発競争が激しいジャンルの1つだ。その中から、Linuxに対応する5つの商用製品を紹介する。製品導入の際の参考にしてほしい
特集:Linuxで動くWebグループウェア・カタログ
Linuxを業務用サーバに採用するケースも増えている。そこで、Linuxをサーバとして利用するWebベースのグループウェアを紹介しよう

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH