EeePC

第3回 Easy Peasyをインストールしてみよう


北浦 訓行
2009/7/24

この記事では、社会人になって、あるいは学生として初めてLinuxに向き合う方を対象に、入手しやすいUMPCを用いてLinuxを使いこなすために最低限必要な知識を紹介していきます。(編集部)

はじめに

 高い人気を集めるUMPC(ウルトラモバイルPC)には、Windows XP Home Editionがインストールされています。今回は、Windowsをスッパリ削除して、Easy Peasyをインストールする手順を説明します。

 Easy Peasyは、EeePC独自のハードウェア(例えば無線LANや特殊な解像度のディスプレイなど)に対応したドライバや設定ファイルが用意されたLinuxディストリビューションです。基本のパーツはすべてUbuntuと同じですが、UMPCの狭いディスプレイでも使いやすいように、独自のユーザーインターフェイスをサポートしています。

インストールに必要なもの

 インストールに必要なEasy PeasyのDVDイメージ(easypeasy11.iso)は、Easy PeasyのWebサイト(http://wiki.geteasypeasy.com/Main_Page)からダウンロードできます。サイズは912MBほどありますので、光メディアに書き込む場合は、DVD-Rなどが必要となります。

 Easy PeasyをUMPCにインストールする場合、USB接続のDVDドライブと空のDVDメディアを用意して、Easy Peasyのインストールディスクを作成し、それを使ってインストールするのが簡単です。この方法ですと、起動時に言語(日本語)を選択することができますし、手順としてもシンプルです。

 ただし、EeePCをはじめとするUMPCにはDVDドライブが付属していないため、USB接続のDVDドライブを別途購入しなければなりません。書き込み可能なDVDドライブは1万円以内で購入可能ですが、UMPC本体の価格を考えるとちゅうちょしてしまいます。

 もう1つの方法は、USBフラッシュメモリ(以下、USBメモリ)にブートローダーとEasy Peasyを書き込み、それを起動メディアとして使用する方法です。この方法は、Windows PC(Linux PCでも可)と専用の書き込みプログラムを用意しなければなりませんが、DVDドライブを用意する必要がありません。ここでは、USBメモリをインストールメディアにする方法を説明します。

 USBメモリへの書き込みは、UNetbootinhttp://unetbootin.sourceforge.net/)を使用します。今回は、Windows用の「unetbootin-windows-356.exe」をダウンロードしました。USBメモリは、2GB以上の容量のものが望ましいようです。以前に保存したファイルが消えることはありませんが、念のためバックアップしておいてください。また、USBメモリの空き容量が十分にあることを確認してください。

 UNetbootinを起動したら、[Diskimage]をオンにします。そして、ボックスの右端にある[...]ボタンをクリックして、[Open Disk Image File]ダイアログボックスであらかじめダウンロードしておいた「easypeasy-1.1.iso」を選択します。[開く]ボタンをクリックしてダイアログボックスを閉じると、[Diskimage]ボックスに.isoファイルのファイル名がフルパスで入力されます。

 続いて、ダイアログボックス下部にある[Drive]リストボックスで、USBメモリのドライブ名を選択します。

Easy Peasy
画面1 UNetbootinの画面

 準備ができたら[OK]ボタンをクリックします。すると、USBメモリへの書き込みが始まります。この作業にはしばらく時間がかかります。書き込みが完了すると、「Reboot now?」という画面が表示されますから、[Exit]ボタンをクリックして、UNetbootinを終了してください。

 以上で、インストール用USBメモリの作成は完了です。これ以降は、EeePCでの作業になります。Windows PCからUSBメモリを抜くときは、[ハードウェアの安全な取り外し]でUSBメモリを取り外してからにしましょう。

コラム■Ubuntu Netbook Remix(UNR)という選択肢

 Easy PeasyはUbuntuから派生したディストリビューションですが、Ubuntuからも9.04のリリース時に「Ubuntu Netbook Remix」というNetbookに最適化したバージョンがリリースされました。

Easy Peasy
画面A Ubuntu Netbook Remix

 見た目の違いは、デスクトップの色や[お気に入り]に表示されるアイコンの有無くらいですが、ベースとなったUbuntuのバージョンは、Easy Peasyの8.10に対して、Ubuntu Netbook Remixは9.04となっています(Easy Peasyは2.0で9.04ベースになる予定)。ただし、Easy PeasyはEeePCに特化したディストリビューション(Ubuntu-eee)が進化したものですので、EeePCへインストールするのであれば、Ubuntu Netbook Remixよりもトラブルが少ないかもしれません。

 Ubuntu Network Remixは、UbuntuのWebサイト(http://www.ubuntu.com/getubuntu/download-netbook)からダウンロードできます。ただし、用意されているのはUSBメモリに書き込むためのイメージファイル(ubuntu-9.04-netbook-remix-i386.img)のみで、.isoイメージはありません。「Win32 Disk Imager」というツールを使用して、.imgファイルをUSBメモリに書き込みます。詳細は、https://help.ubuntu.com/community/Installation/FromImgFilesを参照してください。


第2回へ
1/2

Index
EeePCで始めるLinux
 第3回 Easy Peasyをインストールしてみよう
Page 1
 インストールに必要なもの
 コラム Ubuntu Netbook Remix(UNR)という選択肢
  Page 2
 起動までの手順
 コラム システムのアップデート

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH