Linux Tips

suしたときにPATHなどの設定を引き継ぐには

北浦訓行
2001/2/8

 suは、ユーザーIDとグループIDを変更して、シェルを起動するためのプログラムだ。このように説明すると分かりにくいが、要は別のユーザーIDでログインするためのプログラムである。

$ su ユーザーID
Password:
$

とすると、指定したユーザーIDでログインできる(パスワードの入力は必要)。また、元のユーザーに戻るときは、通常の手順でログアウトすればいい。

 suコマンドがよく使われるのは、rootでログインするときだ。telnetやFTPなどでログインするときは、ユーザーIDとしてrootを指定することはできない。そのため、1度自分のユーザーIDでログインして、suコマンドでrootとして再ログインする。

 suは、引数のユーザーIDを省略すると、スーパーユーザー(つまりroot)でのログインとなる。

$ su
Password:
#

 ただし、上記の例の場合、環境変数が元のユーザーIDのままとなってしまう。そのため、shutdownコマンドなどを実行しようとしてもエラーになる。これを防ぐには、-オプションを指定すればいい。

$ su -
Password:
#

Linux Tips Index



 Linux Squareフォーラム Linux Tipsカテゴリ別インデックス
インストール/RPM ブート/ブートローダ
ファイル操作 環境設定
ユーザー管理 コンソール/ターミナル
X Window System セキュリティ
トラブルシューティング 他OS関係
ネットワーク ハードウェア
Webサーバ Samba
GNOME KDE
OpenOffice.org エミュレータ
ソフトウェア そのほか/FAQ
全Tips公開順インデックス Linux Tips月間ランキング
Linux Squareフォーラム全記事インデックス

MONOist組み込み開発フォーラムの中から、Linux関連記事を紹介します

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Linux & OSS フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Linux & OSS 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH